日中もし戦わば...w

resize0367.jpg

日中もし戦わば、というタイトルの記事があったんですが、
最近は、日中ともこの手の過激なネタが飛び交っていますね。
もし、本当に、万が一、そんな事態になったとき、
まともに戦えば、日本の負けは目に見えています。
大陸間弾道弾的な中距離ミサイルを東京や大阪めがけてめくら打ちすれば、
3つや4つは当たるでしょう。
あるいは、核ミサイルという手もあるんでしょうけど、
いずれにせよ、日本を攻撃しに行った段階で、
中共の滅亡が加速度的にはやまるわけですから、
解放軍の中の妙な跳ねっ返りがジタバタしない限りは、
日中全面戦争はまああり得ないでしょう。
問題は、中共がそんな跳ねっ返りをきちんと制御出来ているかどうかなんですが。


日中もし戦わば、イスラエル・ウクライナ・パキスタンが中国を支援―中国メディア
配信日時:2013年11月25日 7時41分

2013年11月19日、前瞻網は記事「安倍首相驚愕、日中がひとたび開戦すればこの3カ国がひそかに中国を助ける」を掲載した。

緊張高まる尖閣情勢だが、日中が開戦すればイスラエル、ウクライナ、パキスタンの3カ国が中国を支援することは間違いない。イスラエルの中国支援は今や公然の秘密。中国の兵器開発の多くは同国の支援を受けている。なぜイスラエルは中国を助けてくれるのか。それは第二次世界大戦中、中国が多くのユダヤ人を助けたからにほかならない。彼らは中国を命の恩人だと思っているのだ。

そして中国海軍最良の友人であるウクライナ。彼らの技術支援がなければ中国の空母開発は10年遅れていたことだろう。ウクライナは中国の巨大な投資、消費能力を必要としており、外交関係強化を望んでいる。

最後にパキスタン。中国とも近く、同じ利益を共有し、なにより感情を通じ合わせている。中国の政治指導者はかつて「山よりも高く海よりも深い」と両国のきずなを形容した。

イスラエル、ウクライナ、パキスタン、この3カ国の支援は安倍首相を驚愕させることだろう。日本を助けてくれるのは米国1カ国しかないのだから。しかもその米国とてどう動くかわからないと安倍首相は心配している。さてこのような情勢で開戦したならば、日本はどのような末路を迎えるのだろうか。(翻訳・編集/KT)


このとってつけたような、藁、中国のマスコミネタですけど、
書いてあることがあまりに手前勝手で驚いてしまいます。
第2次世界大戦中、中国がユダヤ人を助けた、ということなんですけど、
もしかして、蒋介石の国民党がユダヤ人を助けていたとでもいいたいんでしょうかね。
どうでもいいことですけど、
上海や満州にユダヤ人居留区を作ったのは日本じゃなかったでしたっけ?
ウクライナは中国海軍の最良の友達だそうですけど、
もともと中国海軍のおんぼろ空母遼寧は、
民間の会社がウクライナから格安で買ったものではないでしたっけ?
ウクライナがメンテナンスのためにこの空母の為に貢献したという話も聞いたことがないし。
そもそも、艦載機をマトモに載せられない空母って、どんな空母だ?w
パキスタンだって、インドへの対抗上、中国と仲良くしているだけでしょ。
あんまり、中国国内でイスラムを迫害すると、
今度はパキスタンの原理主義者の皆さんの矛先が中国へ向いちゃうかも。


それにしても、なんでこんなアホなネタがかの国ではまかり通るんでしょうかね。
まあ、日本の中にも類似の人々がいないこともないですけど。
スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

コメント

  • 2013/11/25 (Mon) 21:50

    ベトナムはどこぞの国と違ってFC2アク禁じゃないですねw しかし中国を支援してくれるのがイスラエル、ウクライナ、パキって小粒な上に、ウクライナは中国と仲良しのロシアと反目してるんですが。ってロシアは支援してくれないと読んでるとかw

    • アモイひろし #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/11/28 (Thu) 22:24

    返事が遅くなってスンマヘン。なかなか最近ゆっくりとパソコンに向かう時間がなくて。
    しばらくはこんな日々が続くと思います。
    最近の中国の様子を見るに、どんどん総書記の顔が見えなくなってきていますよね。
    もともと、胡錦涛が没個性のような人でしたが、
    習さんはさらに没個性、w。
    胡錦涛の時はそれでも温家宝がかなり目立っていましたが、
    今の李克強がこれまた没個性、w。
    その分、国防部とか外交部の報道官が目立っているような。
    なるべく、揚げ足を取られないようにしているのかもしれませんね。
    なんとなく顔の見えない首脳ばかりですから、
    中国との外交関係をどうすればいいかわからなくなっている国が多いような気がするんですよね。
    ホントに中国の見方ってじつはほとんどいなかったりして。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/12/01 (Sun) 06:33

    中国では四六時中日本を悪玉にした報道をしてますよ。
    そこまでするか、という感じです。

    つまり、それほど人民の目をヒールに向けていないと危ういのか、そこまでやらねばならないという、これまでにないほどの中共の危機感を感じますが。

    これより更に中共が切羽詰まると、正直暴走しかねないと小生は思いますね。もう振り上げたフィストを日本に降ろしても全くおかしくない状況を作り上げてますから、イッパツくらいキッツいのをバックからブチ込んでも当然というふいんきですからね。延命の為にそのくらいはやると思いますよ。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/12/02 (Mon) 15:30

    あんまり反日報道の度が過ぎるとかえって新鮮味がなくなったり、
    あるいは、うさんくささを感じたりする老百姓が出現したりしないんですかね?
    中共が騒いでいる割には、なんだか老百姓はかえって白けているかんじがしないでもない、苦笑。
    日本だって、本来なら、昨今の中国の態度を見ていれば、
    もっと、大騒ぎしてみてもいいだろうに、反中デモなんてまったく起きていませんし。
    デモといえば、どちらかといえば、その矛先は政府に向いているでしょう、最近は。
    反原発しかり、反秘密法案しかり。
    ほんとは安倍ちゃんは、日本人の怒りを中韓へ向けてもらいたいんだろうけど、w。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/12/05 (Thu) 03:12

    なんたって、12年の9月中旬から、厳密には潜在的にもっと以前から、尖閣問題に関連して中共および解放軍は、「日本叩くべし」的論調で老百姓を煽ってますから「結局口先だけかい」と、老百姓は思い始めて白けはじめてはいますね。

    但し一方で、日本悪玉論を流し込まれるにつれ、それを懐疑的に思う人、論調というかふいんきが無くなりつつあって信じ込む人が多くなりつつあるのも事実ですな。紛争が起きないのが「正しい」状態ではなく、解放軍や為政者が弱腰だから黙っているんだ、という状況になりつつあります。老百姓がだまっているの原因が、望ましい状況が続いているからとか、12年9月に比べて老百姓の意識が変わっているから、というわけでは決してないですね。

    小生が不思議に思うのは、概して老百姓は、中共発信のニュースとは多いに政治的意図を含んでいるもので、凡そがプロパガンダであり、真実を忠実に反映したものではないということを知っています。決して老百姓はバカではありません。でも、こと反日関連の報道について言えば、ほぼ中共のプロパガンダを盲信しており、スイッチが入ったかのように思考停止状態に陥るのが一般的です。だから尖閣問題にしても、中共の言い分を懐疑的に思うの人はごく少数で、なんら疑いを持っていません。中共の報道は信じられないのを知っているくせに、です。ケネディだかが「人は信じたいモノを信じる」と言ったのは本当です。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/12/08 (Sun) 22:04

    うちの近所の中華料理屋のママは、釣魚島みたいな小さな島になんでこだわるんでしょうね、中国も日本も、とぼそっと言っていましたけど、
    中国の人たちも強国論壇だかなんだかで騒いでいるいる人たちは別として、w、同じような気分の人が多いのではないでしょうかね。
    もし、隊長の言っているような人がほとんどだったら、
    もうちょっと日本大使館や領事館に卵攻撃があってしかりだと思いますし、
    隊長のひとりやふたり襲ってもいいように思うんですけど、苦笑。
    とまあ、日本にいるから中国の老百姓に好意的な書き込みをしてみちゃったりします。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/12/10 (Tue) 23:16

    まず今の時点において、先の暴動のような事をやっても結果的にはトクしないというのを中共も老百姓も学んだようで、最近でも愛国無罪的な煽動報道はほとんど無いと思います。

    大体ですなぁ、今の時点で仮に暴動が起きたところで、結局のところその矛先が「弱腰」な中共政府に向くのは目に見えている訳で、中共がそういう類いの集団行動を許す事は一切無いでしょうね。

    ただコレが何らかのいざこざが実際に起きて、解放軍側に被害が(捏造であれ)生じたらまず在中日本人も日系企業もタダじゃあ済まないですよ。

    それと例えば、あん時に蘇州の商業街で騒いで暴徒化したのは、ほとんどが外地人だと言われています。ちょっとばかしカネ持ちで事なかれ主義的な蘇州人の気質から見ても、アソコまで騒ぐのはアレは確かにどっかからかき集められて来た人達だというゆーのは信頼できる情報でしょう。

    今は紙二重くらいで暴力が収まっているような状況ですかね。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/12/12 (Thu) 22:34

    中共の反日プロパガンダがあるのはわかるんですけど、同じ領土・領海問題を抱えるベトナムやフィリピンに対しては反越とかのプロパガンダはないんでしょうかね。
    なんとなく、無さそうな気がしますが、w。
    結局、反日プロパガンダって、日本に対する対抗意識の表れなんでしょうね。
    あるいは、ずうっと長い間、円借款や無償供与を受けてきた負い目もあったりして。
    日本に対して対抗意識や優越感を持ちたいという気分が、中共には潜在的にあったりして、そんな気分が、外地人を中心とした人々にも巣喰っているなんてこと、ないでしょうか。

    まあ、いずれにせよ、中国の暴動って、少しずつ底辺から上のランクへと広がっているような気がします。
    外地人にとっては、反日暴動より、喰っていく方が大切ですから、それが脅かされてきた時が分水嶺なのでしょう。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/12/28 (Sat) 03:10

    まず一般的に、越南には嫌悪感がありますよね。
    特に今の40代以上は70年代の中越紛争を知ってますから尚更です。
    フィリピンはもう、正直眼中に無いですよ。逆に呆れてると思いますよ、弱くて貧乏なくせに大国に逆らってワケワカラン、って。その気になればいつでも叩き潰してやれるのに、雨公が居るからまぁ「今」はそれができないけどね、って格下の中の格下扱いですよ。

    反日のプロパガンダとは、これは一種の宗教ですから。
    反日というエッセンスが加われば、基本的に老百姓は思考停止に陥ってしまいますので、使うべき時に使えるわけです。だから反日のカードが出て来た時は、それだけ国内に鬱憤が溜まっている時だと考えればよいわけです。

    んで、なんで反日カードがそんだけ強いのかというと、やはりそれは実際に日本が中国を侵略したという歴史があるのと、それをウマく政治的に利用してきた経緯がそうさせているわけです。対抗意識の表れ、まぁそれもあるでしょうが、今や(都市部の)ほとんどの老百姓は日本を「過去の国」「落ち目の国」としてバカにしてますから。そうやって格下扱いしてるし、実際よいニュースも聞こえて来ないのに、まだ格上ぶって生意気な態度に出てくる、というのが反日カードに輪をかけて効果あるんだと思いますよ。

    円借款や無償援助の負い目?まぁ無いですよね、知らない人も多いし、「ああアレね、まぁ昔は中国も貧乏だったし、それは必然でしょ」って感じですよ。

    • 切れ込み☆隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2014/01/01 (Wed) 00:41

    越南に対しては、嫌悪感もそうだと思いますが、
    屈辱感のほうが強うような気がします。
    加えて、底知れぬ恐怖っぽい感情。w
    フランスもアメリカもそしてチャイナも勝てないところなんか、藁。
    確かに格下扱いをしているんだろうけど、
    いずれ、追い上げられる恐怖を味わうと思います、チャイナは。
    今の中国の老百姓は、自分たちも不遇感を持ってますから、
    日本を過去の国とか落ち目の国とか思わなければ、
    ある意味、やってられないのかもしれない。
    なんだか、とてもめんどくさい状況なんじゃないかな、チャイナの老百姓のみなさんは。
    こぶしの上げる場所がなくて、藁。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する