鉄道とエッセイ




関川夏央という作家を最近好んで読んでいます。
宮脇さんのような鉄道作家ではなく、
関川氏のような作家が鉄道を語るというのも興味深いのですが、
昭和の文豪達と鉄道を合わせて語るその語り口は、
マニアとはちょっと違う鉄道びいきの匂いがして、
つい、ローカル列車の窓を開け放った一体感みたいなものを感じさせてくれます。
スポンサーサイト
テーマ: 本の紹介 - ジャンル: 学問・文化・芸術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する