安倍総理は本当に大丈夫か

あべちゃん

昨日、安倍総理は消費税アップを決断しました。
直前の調査で失業率がアップしているにもかかわらず、
そして、消費が少しずつ落ちているにもかかわらず、です。
半年前の、円安誘導による効果はすでになく、株価は横ばい状態。
この数日の金の売買を見ていると、これまた右下がり。
しかも、米国の議会内での対立による執行停止で役人が自宅待機というのもすごい。
ヨーロつぱも、イタリアがあいかわらず不安定で、総辞職の匂いプンプン。
再びヨーロつぱに金融危機が忍び寄るとも限りません。
そして、最大の懸念は中国。
シャドーバンクなるものが、ノンバンクみたいな、あるいは住専みたいなものなのか、
いまだよくわからんのですが、
結局、かつての日本、そして、リーマンショックの米国が通ってきた道の見えて仕方ないんです。
いつか、プツンと弾けたとき、中国はどうやって民衆を抑え込むのか。

そもそも、消費税は、税収を増やしたいが為に行うわけでしょ。
景気がいいときだからこその手段なのでは。
これで消費が冷え込んでしまったら、
増収なんてうまい話にはならないでしょ。
まあ、駆け込み需要があるかもしれないけど、
その反動は来年の今頃、間違いなくあるわけで。
あるいは、消費税ばかりではなく、物価も上がる、復興税もある、
社会保障費も増える、年金は減るでは、
今から庶民の財布のひもは堅かったりして。
かつて、橋本龍太郎の内閣が消費税アップで吹っ飛びましたが、
安倍内閣も来年の今頃はボロボロになってるかも。

不安定要素山積みで、本当に安倍さんがやりたい、
戦後総決算も吹っ飛んでしまうんでしょうね。
そうそう、昨日、小泉純さんが講演で行ってましたっけ。
今こそ、反原発、原発の廃止の時だと。
安倍さんがこれに踏み切れば、消費増税も霞んでしまうかも。
もしかして、これ、安倍さんの切り札、?!
スポンサーサイト
テーマ: ひとりごと - ジャンル: 日記

コメント

  • 2013/10/02 (Wed) 21:52

    増税をすれば、税収は減って、自殺者は増えるという。。。確かにこの総理はなにがやりたいのか本当によくわからないですね。。。。ひょっとしてその場の勢いだけでやってるのかも!?

    今の内閣などボロボロになっても一向にかまわないのですが、日本という国家と国民がボロボロにならないか心配です。。。

  • 2013/10/03 (Thu) 02:50

    まぁこんなのは分かり切ってた結末ではありますが、ムカつくのは、大蔵省の役人とやり合ってないでしょ全然。結局、役人の筋書き通りに難なく事を進めさせやがってさ、いくら政権運営に役人の協力が必要とはいえ、これはやり方がマズかったですわ。確かに、例えば消費税を10アップさせる一方で、8ほど減税を行うという手法はある。でもこれも一般にはあまり認知されてないものね。そういうアナウンス能力というか説明能力、今の政治家に必要な、国民とのこのコミュニケーション能力が不足してるぞ、安倍チャン。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/10/03 (Thu) 19:28

    安倍さんは熟慮の上に熟慮を重ねたとか言ってましたけど、
    結局、安易なところに落ち着いたという印象が否めないですね。
    本来、政治家が国民に傷みを強いるとき、
    その傷みを少しでも和らげるための何かをしないといけないはずなんです。
    ところが、なんのことはない復興法人税を前倒しで廃止という、
    国民にとってなんの緩和剤にもならないようなことを平気でぶちあげているわけでしょう。
    だいたい国会議員の定数削減とか歳費削減とか、
    あるいは、規制緩和とか天下りの問題とか、
    そういうことにはなにひとつ手をつけず、
    国民だけに傷みを強いるという、なんともずさんなやり方は、
    なにひとつ変わらない自民党の象徴ではないでしょうかね。
    結局、財界が反対しない、官界が反対しない、
    そういう政策をやっているだけでしょう。
    まあ、本来、安倍さんは、消費税とか財政再建とかには興味がなくて、
    憲法改正とか集団的自衛権とか、そういうほうに盛り上がりたいと思っているんでしょうけど。

    シーグイさん
    この安倍内閣を見てると、あっちこっち政策を食い散らかしているかんじがしてしまいますね。
    優先順位がはっきりしていないから、消費税にしても、憲法改正にしても、
    あるいは、原発の問題にしても腰が座っていないというか、いい加減というか。

    隊長殿
    アナウンス不足というのは本当に否めないですね。
    自分のいいたいことは好き勝手に言い散らかしていますけど、
    真摯に向き合わなければいけないことは、
    スピーチライターの書いたとおり、なのかもしれませんね。
    自分の言葉で語っているというかんじではなくて、
    たんに声を張り上げているだけ、というかんじ。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する