中国の空母「遼寧」絶不調という話

ワリャーグ

中国海軍のお宝、空母「遼寧」の話です。
この空母、じつは、旧ソ連海軍のお古で、
ウクライナから20億円ほどで買ってリニューアルした作品なんです。
で、これについて、ロシアの軍事誌がこんなことを書いていました。

ロシア軍事誌が空母「遼寧」を酷評、「世界で最も安価、自己防衛能力はほぼゼロ」
XINHUA.JP 8月21日(水)17時46分配信

ロシアの軍事誌Military―industrial courierは21日、中国の海軍力に関する分析で、「空母『遼寧』は世界で最も安価で、自己防衛能力はほとんどなく、戦力も弱い」と指摘した。環球網が伝えた。
同誌は、中国の空母「遼寧」の前身はウクライナから2000万ドルで(約19億4000万円)で購入した空母「ワリャーグ」だとした上で、「世界で最も安価な空母」だと指摘。
また、「遼寧」は理論上、J-15(殲15)戦闘機を約40機、Ka-28PL対潜ヘリを約20機搭載することが可能だが、J-15の性能は明らかに米国の戦闘攻撃機F/A-18E/Fに劣り、最新のレーダーや探知能力を有する戦闘機やヘリも配備されておらず、全体的な戦闘能力を大幅に弱めているという。
そのため、「遼寧」は自己防衛能力がほとんどなく、低空飛行の空中目標を攻撃することしかできない。同誌は、「中国が本当に価値のある空母を建造するのは、10~20年先になる」との見方を示している。


とまあ、厳しいご意見を述べていたのですが、
その直後、現実が訪れました。


中国初の空母「遼寧」、大連に…不具合調整か読売新聞 8月24日(土)18時43分配信

 【北京=五十嵐文】24日付の中国紙・新京報などによると、中国初の空母「遼寧」が山東省青島の空母基地を出港し、23日に遼寧省大連の造船ふ頭に着岸した。
 遼寧号は今年に入り、8月15日の終戦記念日を含め3回の試験航行を行い、艦載戦闘機「J(殲)15」の発着艦訓練も実施したが、一連の訓練で見つかった「艦船の構造、動力系統、艦載設備、武器等」(夕刊紙・法制晩報)の問題を解決するため大連で補修・点検工事を行う予定だという。
 遼寧号は旧ソ連・ウクライナで建造された「ワリャーグ」が原型で、大連で改装された。今年2月、青島に完成した空母基地に入港して以来、大連に戻るのは初めて。
.

なんだか、当分、役に立ちそうもないですね。
日本がこっそり作っていた「いずも」とは大違いのようです。
スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

コメント

  • 2013/08/29 (Thu) 02:24

    こんなのにかまける余裕なんか無いと思うんだがなぁ中国経済w
    しかも空母単独なんかで行動なんか自殺行為なので、結局艦隊を編制する必要は出てくるので、習近平が軍の歓心をかって取り込む必要があるとはいえ、そこまで海軍にカネを掛けられへんやろ、と思うんですがね。

    国威発揚の為、だったらまさにアホの一言ですわ。
    しかも醜態晒す結果にでもなったら逆効果だしw
    潜水艦にカネかけたほうがいいだと思うぞ。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/09/02 (Mon) 09:22

    隊長殿
    そんなに今の中国って、経済に余裕がないんですか、w。
    まあ、昨今の中共のやることを見ていると、薄熙来や周永康をスケープゴートにしようとしているようにも見えますが。
    ちなみに中国の海軍、2隻目も欲しがっている見たいです、藁。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する