集団的自衛権を考える

集団的自衛権

最近、安倍晋三氏が集団的自衛権についていろいろと行動を起こそうとしています。
本来、集団的自衛権についての憲法解釈を、
内閣法制局に判断をゆだねているということ自体、
釈然としない物を感じるわけで、
もし、法制局長官が変わるたびに憲法解釈の変更を考えたら、
そのつど、変わってしまう物なのか、という不安さえ覚えてしまいます。

個別的自衛権 ( 自国を自分で守ることができる権利 )


集団的自衛権 (ある国が武力攻撃を受けた場合、これと密接な関係にある他国が共同して防衛にあたる権利


個別的自衛権に関しては、自国は自国で守るというごくあたりまえのことです。
そのために自衛隊も存在しているわけですから。
問題は集団的自衛権です。
よく、米国を例にとって、シーレーンなどで米国艦船が攻撃を受けた場合、
近くにいた自衛隊の艦船もこの攻撃に対して米国と共同して攻撃が出来る、ということになるんでしょう。
確かにお友達がケンカをふっかけられているのを黙って見過ごすことが出来るのか、
という話なので、この例だけを取れば、集団的自衛権の行使は仕方ないと思わざるを得ません。
しかし、なんとなく釈然としないので、つまらない例をつい考えてしまいました。

お友達Aが自分の仲のいい他の友達Bをいじめていました。
Bは体力もありケンカも強いAに対して捨て身の抵抗を試みました。
Aはそれに対して近くにいた私に加勢せよといってきました。
この場合、私は集団的自衛権があるため、
Aが明らかに問題があるのに加勢せざるを得なくなりました。

日本における集団的自衛権の対象は、現状をみれば米国以外にないでしょう。
しかし、その米国が、日本の友好国に対して戦闘状態に入ったとき、
日本はことの是非にかかわらず米国とともに戦闘行為に入らざるを得なくなります。

ことこれほどに集団的自衛権の適用範囲は熟慮の必要があるわけです。
あるいは、日本の近隣の友好国AとBが戦闘状態に入ったとき、
双方から後方支援の要求が来たら、
いったい日本はどちらに対して集団的自衛権を行使するのでしょうか。

こんなことを考えると、
集団的自衛権って、もしかして、米国のためのものなのかなと思ってしまうわけです。
まあ、日本は米国の下僕であると正式に表明してしまえば、
あまり悩む必要もないのかもしれませんが、苦笑。
スポンサーサイト

コメント

  • 2013/08/04 (Sun) 20:46

    言わずもがな、米国の為の集団的自衛権でしょう。

    日本は別にどこからか攻められることも今のところはないでしょうし、自衛隊もって自分の国だけ守っていれば十分でしょう。

    しかし、例え話の友達“A”というのが良いですね。思わず笑ってしまいましたし、Aは理不尽に他人をいじめるのは得意技だと思います(笑)

  • 2013/08/06 (Tue) 16:16

    そ、そんなにこの問題難しいことですかね?日本は雨公のおかげで日本たり得てるわけで、それを維持するには日本も犠牲を払わねばならないわけですよ。雨公の言うこと聞きたくない、というならそうでもイイですけど、我が国民がそこまでの変化を望んでいるようには見えませんが。

    なんかこういう議論てあまりに自分勝手だと思うんですが、戦争はしたくない、周囲と仲良くしたい、でも自分がイジめられるのはヤダ、でもオヤブンの言うことはできるだけ聞きたくない、けど守って欲しい...そんな虫のイイ話がドコにあるのか、と。 親分のタメにはやるしかないじゃないですか。

    よく二代目は、自民の目指す日本の将来像が見えないと仰いますが、そもそも日本人そのものが、日本をどうしたいのかという問題から目をそむけているが如く無関心なんじゃないですかね。いや、無関心ではなく、税金は安いほうが良いし誰からも攻められたくない、変化の無いままウマいこと暮らしていきたい、とあまりに現実離れした夢を見ているのではないか、と。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/08/06 (Tue) 19:52

    シーグイさん
    私も基本的に現状で日本がよそから攻められることはないと思っています。
    確かに米軍は抑止力になっていないとは言えないと思うんですけど、
    逆に米軍がいることのデメリットもあるように思います。
    米軍のプレザンスがなくなれば、日本人も日本の政治家ももっと違う行き方を模索すると思うんですよね。
    尖閣にしても、中国は棚上げを、台湾は共同管理を提案しているわけでしょう。
    日本がやけに突っ張っている現状は、米軍の存在というのが大きいように思うんですがね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/08/06 (Tue) 20:10

    隊長殿
    >日本は雨公のおかげで日本たり得てるわけで、それを維持するには日本も犠牲を払わねばならないわけですよ。

    そこのあたりが隊長との見解の違いなんだと思うなあ、w。
    私は雨のプレザンスが存在するからこそ、日本が日本たり得ていないと思っているんです。
    (もしかして、私は潜在的な右翼かなあ、w)
    いつまでたっても、日本は雨に守ってもらっていることがいいのかという、そういう疑問すら考えられなくなっているのでは。
    あるいは、戦後、一貫して、雨がいないと日本は日本たり得ないと洗脳され続けてきたのかもしれませんね。
    雨の存在無しに、どう、この東アジアで生きていくか、そういう外交努力もしないまま半世紀たってしまったからこそ、
    政治家の無能がここに来て際だってしまったのではとも思っています。
    そもそも、6カ国協議ではなく5カ国協議でなければいけなかったはずなんですがねえ。
    自民党が卑怯なのは、基本戦略として、ずうっと雨の使いっ走りであることが日本にとって正しい選択だと言い切らないところなのではと思っています。
    それが日本のあるべき姿であるなら、堂々とそう主張したらいいんです。
    姑息に集団的自衛権うんぬんというからいつまでも息詰まるんです。
    私は日本の未来像として、雨のプレザンスを排除した東アジアを標榜する政治家が登場してもいいのではと思うんですがねえ。
    これを言えているのは、多分、共産党だけ.....藁。

    >戦争はしたくない、周囲と仲良くしたい、でも自分がイジめられるのはヤダ、

    これって、虫のいい話なんでしょうか。
    外交とは上の状況に一歩でも近づくために行うことだと私は思うんですけど。
    そのために、雨に沖縄が占領されていても我慢するのか、
    あるいは、別の選択肢を考えるのか、というのが外交だと思います。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/08/19 (Mon) 01:38

    まぁ、少なくとも雨軍の力を借りていれば、少なくとも国防費程度はセーヴできるはずですからね。それはそれで有効な一つの手段ではありましょう。それで実際何十年もやってきて、世界に冠たる経済大国になれたわけで、事実としてそれなりの結果は出せたわけです。

    まず小生としては、それがイヤだ、それじゃあ日本じゃない、という思いに至る理屈が、分からんでもないですが、じゃあどうしたいのよ?と言いたくなるわけです。

    誰にも守って貰わず、誰も頼りにせず、自分の意見をオヤブンの顔色をうかがわずに堂々と言えるような国が望ましいというのは当然分かるのですが、雨公が居なけりゃそれがデキるという保証がどこにあるのか?雨公がいるから日本たりえない、という短絡的な理屈づけに納得がいかないわけですよ。何故、日本は逆に雨公を利用してやってると思えないのか?

    事実、アメ公が日本に居るからこそ、尖閣問題はコトが大きくならなかったわけで、それを日本が自前でカタつけるなら結構ですが、それこそ多大なコストと労力が要るわけです。そんなのは、結果こそ全ての政治家がやることじゃあないわけですよ。

    海外、それもアジアに居ると、良くも悪くも日本人だということを痛感するわけですが、まずもって日本のパスポートには感謝こそすれ無関心でなぞ居られません。その片棒を担いでいるのは雨公なのが癪ではありますが、残念ながら事実なんでしょうがないですし、それはそれでウマいこと日本はやってると思いますよ。もっと雨公使ってヤレばいいんですよ。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/08/21 (Wed) 13:51

    隊長殿
    日本の未来にはいろいろな選択肢があってしかり、だと思うんです。
    ところが自民党の政治家も官僚も米国のポチになることが唯一の選択肢であるががごとく外交を行ってきました。
    もし、米国が斜陽へと向かい始めたとき、日本も一緒に仲良く没落していかなければいけなくなる、苦笑。
    米国と仲良くすることは別に否定はしないですけど、
    もう少し、選択肢を広げるという努力もあってしかるべしだと思いますがねえ。
    隊長は今の日本が米国を上手に利用していると考えているのですか?
    それくらいの気概が政治家にも官僚にもあればいいのですが、
    そんな気配、どこにあるんでしょうかね。
    尖閣の問題にしてもそうです。
    米国が後ろ盾になっているから、安倍ちゃんもその前のどじょう首相も、必要以上に中国に突っ張っているわけでしょう。
    米国がいなければ、今頃、もとの「棚上げ」に戻っていたのではないでしょうかね。
    私には、日本はいまだ、どっぷり米国のポチで、しかも、いいように利用されているように思えてしまいます。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する