スタミナをあなたに


蒸し暑いとある月曜日の遅い午後、
目当てのランチが売り切れだったため、
何となく街をさ迷っていると、
すた丼という看板を見つけました。
どうもスタミナ丼の略みたいなのですが、
そこで妙なことが気になり始めてしまいました。
スタミナって、英語っぼくないなあ、ということもそうなんですが、
何を喰えばスタミナがつくと世の中の人は考えているのだろうか、と。
例えば、日本人は、ニンニクを喰えばスタミナがつくと考えていますが、
中国人やイタリア人はそう思っているのだろうか。
あるいは、ネバネバとしたものはスタミナがあるとか。

とまあ、そんなこと思いながらすた丼630円を食べたわけです。
このすた丼で使っている豚の三枚肉なんかもパワーが付きそうですが。
スポンサーサイト
テーマ: 今日のランチ! - ジャンル: グルメ

コメント

  • 2013/08/06 (Tue) 18:13

    でも、スタミナって英語なんですよねw
    そうです、小生も知りたいですが、スタミナって何なんでしょうかね。持久力?でも一見痩せぎすのガリ男クンなマラソンランナーがスタミナ満タンだとは思えないですしね。直ぐにヘバるのマッチョマンにスタミナがあるとは言えませんが、ある程度の筋量と持久力を兼ね備えたのがスタミナ持ちということにはなりませぬか!?

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する