自民党を考える・その2

三本の矢

町場で商売をしていますと、
景気回復なんぞと日銀の総裁が発表しても、
どうも実感が湧きません。
たとえば、小泉内閣の時にも景気が回復していたといわれていますが、
中小零細の会社などは、倒産がいっこうに減りませんでした。
確かに大型倒産のようなことはなくなりましたし、
銀行がアップアップ状態だったという話もありませんでした。
どうも、政府とか日銀とかのいう景気回復と、
町場の景気回復とは、どこか違う次元の話なのかもしれません。

株価が15000円にまでいったといっても、
それは投資をしている人、あるいは企業、あるいは政府関連にとっていいだけであって、
やはり町場にはなかなか影響のある話ではないのでしょう。
確かに株価が上がることによって、政府の資産運用が好転するわけですから、
財務省にとってはうれしい話だとは思います。
しかし、ふくらんだ資金を還元してくれなければ、国民は実感が湧かないわけですからねえ。
ましてや、大企業はこの5月の段階で内部留保が300兆円にならんとしているわけで、
この空前の内部留保を少しは賃金に反映するとか、
価格に反映するとか出来ないのでしょうかね。

アベノミクスの3本の矢のうち、
1本目は、まあ、ほとんど黒田日銀総裁に丸投げしているわけですから、
自民党がどうだ、安倍晋三がどうだ、という話にはなりえないでしょう。
そもそも、4月就任以来、黒田日銀はどれくらい金融緩和を行ったんでしょうね。
まさか、口先だけで、本当はほとんど市場にマネーサプライしていなかったりして、w。

2本目の機動的な財政政策ということなんですが、
これって、公共投資以外に何か際だったことをしているのでしょうか?
まあ、半年で結果を出せ、というのも酷な話ですし、
公共投資というのは、即効的に結果が出るものではないですから、
ロングスパンで見てあげる必要もあるでしょう。
ただ、それにしても、あまりにあたりまえのふつうのことしかしていないように思うのは私だけでしょうか。
これは、3本目の矢もすなわち成長戦略とも関わる話なのですが、
この国の将来像を見据えて、いったい、どんなことに政府は投資していくのか、
もっとリアルに国民に訴えなくてはいけないのでは。

アベノミクス・3本の矢の3つ目、
民間投資による成長戦略なんですが、
安倍自民党の物足りなさの最たるはこれです。
なんでも、企業に対して設備投資をしろ!と呼びかけていまして、
そのためには、法人税減税をちらつかせています。
ちょっと景気が悪くなると、あるいは、成長戦略という言葉が出ると、
自民党はすぐに法人税減税を言い出す。
きついことを言えば、なんの工夫もない旧態依然とした政策、としかいいようがないです。
本来、設備投資というのは、そこに利益を生むだけの目算があるからこそ、行うわけでしょう。
設備投資をしろ、しろと言われても、むやみに出来るものでもないでしょう。
今後、右肩上がりに賃金が増え続ける時代ではない以上、
内需拡大というのは、そう容易く起きるものでは無いはずです。
だとしたら、今後、限られた中で成長しうる産業は何か、ということをしっかり見据えて、
政府が投資していく必要があるわけです。
そのプランが自民党はまだまだ旧態依然としているというかなんというか。
その最たるが、官民あげた原発ビジネスです。
最後はケツもふけなくなる原発ビジネス(核のゴミの処理も出来ずに)を、
よくもまあしゃあしゃあと、
海外で展開しているもんだとあきれてしまいます。
政府・官僚の企画力の無さと官民の癒着の為せる技、なのかもしれませんね。

もしかして、何も変わっていないのかな、自民党は。
スポンサーサイト
テーマ: 政治・時事問題 - ジャンル: 政治・経済

コメント

  • 2013/07/18 (Thu) 15:28

    まぁ基本的にアベノミスクとはインフレ促進なわけで、その副作用として株価高だの円安だの名目GDPの上昇があるわけですが、小生はそれそのものは非常に正しいと思いますよ。

    というか、当たり前のことを当たり前にやってるので、だから変わり映えしない。至極当然のことだと思いませんか?

    問題は、本当にこれまでと同じようなやり方で、現状打開できんのかよ!?ということだと思うんですよね。当たり前のことですが、使いもしないハコモノ作っても意味無いわけで、今後の成長分野に投資すればイイわけです。でもそれはこれまでの公共投資でも散々言われてきたことなわけで、これも至極当たり前ではあるんですよね。

    まぁ一番の問題というか、コレ普通の会社だったら思いっきりツッコまれるトコだと思うのは、「大胆な○○」だとか「起動的な○○」だとか、抽象的すぎるわけです。政治家として、「ああする」「こうする」という約束をしたくないのは分かるけど、ここまで不明朗な説明されて商品買う客いないと思うんですがね。そういうトコは変わってないな、旧態依然だな、と思うんですよね。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/07/23 (Tue) 14:01

    アベノミクスはこれだけで終われるわけではないでしょう。
    なにしろ、いまのところ、口先だけで何もしていないのも同じですから。
    GDPを上げるためには、当然、輸出だけに頼っていては目標に到達出来るわけがありません。
    国内需要をいかに増やすか、が肝要なはずです。
    アベノミクスの物足りなさは、それをいまだ打ち出せずにいることだと思います。
    いみじくも、昨日の記者会見で安倍総理は、
    当分は経済政策で行く、と言い切ったわけですが、
    そう言い切らざるを得ないほど、安倍さんが思うほど動いていないということなのでしょう。
    先日の党首討論で共産党が企業に溜まっている内部留保を問題にして、総理を追求していましたが、
    そのとき、総理は、自分も内部留保は問題であるとはっきりいいました。
    せっかく、日銀が金融緩和しているのに、内部留保が300兆円近いとなれば、
    市井にお金が回っていない、ということになります。
    賃金を上げるなり、設備投資をするなりして、もっとお金を企業がはき出さなくてはいけないはずなんです。
    しかし、企業の側にも言い分があるでしょう。
    本当にいまの日本に大きな内需の可能性があるのかと。
    これは、先進国全般の悩みなんだと思います。

    隊長が言うように、もう、抽象論では内需なんて喚起できません。
    具体的にどこの分野に日本の活路を見いだすのか、
    これが語れない限り、アベノミクスは失敗に終わるんだと思います。
    早くしないと、中国がこけてアジア不況が来てしまいますから、w。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/07/24 (Wed) 03:32

    内需の拡大は、コレ不謹慎ながら誰もが思ったはずなんですよ311ん時に。これ材木屋も土建屋も儲かるぞ、と。津波でクルマは流されるし、家も流される。ああこれで内需は増えるぞ、って。

    ところがどすこい、東北復興の兆しが全然見えてないというか、全然感じられないでしょう?日本はどうしちゃったのよ!?と。

    戦争なんて日本じゅうが焼け野原になったはずで、東北の災害なんかメでも無かったはずじゃないですか。言っちゃあ悪いけど、日本の田舎が甚大な被害受けたくらいですからね、現代日本にとっちゃあ丁度良い塩梅の内需送出じゃないか、と誰もが思ったはずなんですがね。

    あと中国にいて思うのは、日本っていうほどインフラが足りてるワケじゃあないだ、と。成田でも羽田でもいいですが、大日本の玄関があれだけじゃあ不便じゃないですかね?もっとアクセスよくしなきゃダメだし、立川や所沢のあたりにも空港つくれば良いのにな、と思うんですよ。桶川や熊谷のあたりでも良いんじゃないですかね。高崎線や宇都宮線で空港に行けて海外に手軽にアクセスできたら、地方にとってもいいと思うんですがね。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/07/24 (Wed) 13:43

    3.11の時に内需拡大で喜んでいた人たちは確かにいましたよね。
    でも、知り合いの不動産屋がそのころ言っていたことを思い出します。
    「仙台や盛岡が地震や津波でやられたなら大きな復興需要は出るだろうけど、被災地沿岸部でのインフラはすぐに復活するんじゃないのかな。最低限のインフラが復活したら、土地の問題等で復興は急激には進まないのでは?」
    結果的にその不動産屋の言うとおりになりつつある、苦笑。
    関東大震災で首都圏が徹底的にやられれば、復興需要は長く続くけどね。

    そうそう、空港はもうひとつあってもいいですね。
    立川や所沢に作るなら、ちょうどいい空港があるじゃないですか!
    横田基地しかないなあー。w

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/07/25 (Thu) 02:42

    小生は思うんですが、戦争からの復興って一体どうやって成し遂げたのか、と。或る意味あれは今回の震災復興のモデルになると思うんですよ。当然、環境が違うんでそのまま当てはめることは無理でしょうが、流用できるんじゃないですかね。何事もそうですが、学ぶべきトコロは学びそうでないところは無視すれば良いだけのハナシだと思うんですよ。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/07/25 (Thu) 14:03

    私は、やはり3.11後の復興に過大に期待してしまったのではと思っています。
    福島の復興といったって、徐染が終わらなければ次のステップへ行けないわけですが、
    そのメドすら経っていない。
    三陸の沿岸部だって、そんなに大きな復興需要があるとは思えません。
    阪神・淡路のほうが復興需要がおおきかったのではないでしょうか。
    まあ、景気浮揚のための起爆剤的な復興需要は期待しないほうがいいのかもしれませんね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する