台北の朝は魯肉飯ー金峰魯肉飯店

taiwan2013win (97)

まだ、この1月の台湾話が続きます。
朝ご飯は、ホテルのビュフェでもいいんですけどね、
やっぱり、街に出て一杯でしょう、w。
というわけで、
南門市場の近くにある、魯肉飯専門店にやってきました。

台湾2013冬2 (103)

じつは、ホテルのビュフェでまともに朝ご飯食べているんですけど、藁、
やっぱり、目の前にこんな店があったりしたら、
つい、入ってしまいますよね。

台湾2013冬2 (104)

しかも、朝っぱらから、豚バラ肉の煮込みなんぞを喰ったりして。
これ、がさつな感じに見えますけど、
トロトロで箸でつかむのもたいへんでした。
濃い味なんで、お粥がほしくなりましたが、
庶民っぽくって美味しかったです。

台湾2013冬2 (105)

はすれたのがこれ。
排骨湯というので期待したのですが、
なんのことはない、揚げた骨付き豚を塩味スープにほうりこんだだけでした、苦笑。
せっかく冬瓜が柔らかく煮えているのに、
なんとも、中途半端でした。

台湾2013冬2 (106)

値段はいたって安いです。
魯肉飯の大きな碗でも55元ですから。
南門市場へ行ったら気軽に立ち寄れますね。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2013/06/24 (Mon) 14:03

    中華料理で一番ウマいのは、北京ダックを別格にするならば麻婆豆腐なわけですが、クッソマズい台湾料理の中、とはいえめっちゃ最高にウマいのがこの魯肉飯ですな。この魯肉飯は、いつどこで喰ってもハズしませんね。夜、コーマンした小姐が作ってくれた朝の魯肉飯がウマかったのもいい思い出です。

    ところでこの魯肉飯、肝心要の魯肉なんですが、糠床や鰻汁が如く、使っては延々と継ぎ足していくんですってね。どーりで味が濃厚なわけだ。

    というわけで、小生としては濃厚で且つナマなら文句無しなんですが、さすがに加熱してないとヤヴァそうですな魯肉飯は。

    • 切れ込み隊長 #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する