映画「のぼうの城」を見ました

のぼうの城

原作はかなり前に読んでいたのですが、
やっと、先日、映画を見ました、DVDで。

原作を読んだとき、その第一印象は、
「とても、映像的な文章だな。」ということ。
ひとつひとつの場面がけっこう想像できてしまうんです。
読んだときは、映画のキャストについての予後知識が無かったので、
勝手に想像したりしていたのですが、
それにしても、この映画のキャスト、なかなかドンピシャだったように思います。
主役の成田長親役は、野村萬斉だったんですが、
これについては、クライマックスに田楽のシーンが有る以上、
他のキャスティングは考えられなかったでしょうし、
佐藤浩市も成宮寛貴もピッタリはまっていました。
中でも、暴れん坊の猛者武者役ぐつさん山口智充は、
その目の迫力からして大当たり。

意外と良かったのは、石田三成の上地雄輔。
賛否両論があるとは思うんですが、
石田三成の持つ堅さと誠実さみたいなところがよく演じられてたように思います。
そうそう、大谷吉継の山田孝之も良かったです。
私の持つ大谷のイメージを気持ちよく裏切ってくれましたから。
じつは、この映画を見た翌日、
「13人の刺客」を見てしまったのですが、
ココに出てくる山田孝之がまた全然違う雰囲気で、
いい役者だなあと、うなってしまいました。

原作を読んだあとで見ても、キャストのみなさんの奮闘で、
十分に楽しめる映画になっています。
久しぶりに おもしろい日本映画を見たと断言します。
是非、見て欲しい映画ですね
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

コメント

  • 2013/05/29 (Wed) 11:47

    まだ見てないのでトル兄が書いたブログ本文を読んでないのだw TSUTAYAでレンタルしようっと。

    • アモイひろし #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する