太魯閣観光でお世話になったドライバー

ご無沙汰しておりました。
この1週間、ほとんどネット環境にいませんでした。
孔子ともに、じゃなくて、公私ともに多忙を極め、
おまけに、調子に乗って、イトーヨーカドー大井町店に出店してしまったりして、
体力の限界に挑戦したりしていまして、苦笑。
不惑の年齢を超えますと、
睡眠が足りないだけで、一気に仕事の効率も落ちるわけで、
そろそろてめえの限界に気づかないといけないですな。

それはそておき、
もうじき、恒例の弾丸ツアーのシーズンになりますんで、
はやいとこ、1月の台湾ネタを締めくくらなければならないわけで、
早く寝てしまいたいのを我慢して、
ちょっとだけ、台湾東海岸ネタをアップしておきます。

太魯閣のドライバー

今回の太魯閣観光のタクシーの運ちゃんがこの方です。
お名前は失念してしまったんですが.....
あっ、思い出した、曽さんです。
一見すると、アメリカインデアンの末裔みたいな方ですな。
運転も、女性とは思えないくらい豪快でした。
けっこう年季の入った三菱ランサーだったんですが、
いやあー、飛ばすこと飛ばすこと。
さもありなん的海洋的民族音楽を流しながら飛ばすその姿は、
太魯閣の景色とあいまって、
異次元空間を見事に作りだしてくれました。
声が大きいんですが、とても親切なおばちゃんでした。
彼女、もしかして、アミ族?
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

コメント

  • 2013/05/17 (Fri) 09:38

    台湾のちっちゃい面積で何で15だかの少数民族が居るんでしょうね。千葉県人埼玉県人大阪人みたいなもんでしょうか。

    • アモイひろし #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/05/17 (Fri) 22:56

    アモさん
    台湾の西海岸を巡っていると意外と少数民族がたくさんいることを忘れてしまうんですけど、
    西に回ると、とくに海岸沿いは海洋系少数民族らしき人々に出会うんですよね。
    台湾がもともと漢族の島ではなかったことを実感します。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する