TPP 素朴な疑問

甘利

個人的なことで大変申し訳ないんですけど、
上の方、TPPの担当大臣だそうですが、
なんとなく、その話しぶりといい、表情といい、
気が滅入ってしまうんですけど、
それって、私だけでしょうか、苦笑。

貿易立国を建前としている日本としては、
原則、関税ゼロというのは、好ましいことなんだろうなあと、
まあ、漠然と考えていたわけなんですが、
こと、米国絡みの貿易問題というと、
常にやられっぱなしだったという、そんな記憶が蘇るわけで、w。
しかも、やられっぱなしの当時の政府は、もちろん自民党だったわけで、w。
なんだか、いいイメージが沸かないんですよねえ、TPPに。
とくに、米国政府が歓迎するなんてコメントすると、苦笑。

で、素朴な疑問なんですけど、
今、日本って、金融緩和で名目成長率2%とかいって、
デフレ脱却への道を進もうとしているわけですよね。
それが好感を持って受け入れられて、株高になっているんでしょう。
そこでTPPなんですけど、
関税が原則ゼロになるということは、
もちろん、日本の製品をせっせと海外で売るチャンスであるんですけど、
一方で、せっせと海外からも農産物などが日本に入ってくるわけでしょう。
そこで、日本の製品や農産物との価格競争が起きてしまうわけでしょ。
これって、デフレへの道なんじゃないかなあ。

それと、食糧自給率という観点でいえば、
政府も認めているように、安価な輸入品のせいで2.9兆円ほどGDPを押し下げるそうなんですけど、
これって、その多くは、安価な輸入品って、その多くが農産物なんでしょ。
とすれば、食糧自給率が大幅に下落する可能性があるわけでしょう。
ただでさえ40%を割り込んでいる食糧自給率、
政府としては、放置していていいんですかねえ。

そういえば、民主党政権の時に、
確か試算を出したはずなんですけど、
そのときは、10年で2.7兆円、GDPを押し上げるといってましたけど、
今回の政府試算では、輸出で2.6兆円押し上げるそうです。
これって、10年で、ということなんでしょうか、苦笑。

なんだかなあー、藁。
スポンサーサイト
テーマ: TPP - ジャンル: 政治・経済

コメント

  • 2013/03/19 (Tue) 00:53

    あまり乱暴な言葉を使いたくないのですがTPP賛成って売国奴なのかなぁ?と思ってしまいます。

    農業は海外と競争したほうが強くなるといってる割には「農業は聖域にして守る」といい、関税撤廃で輸出を強くするといっているけどアメリカは「車はダメですよ」って。産業のなかの産業と言われている車が聖域にされては輸出意味ないですよね。だいたいそもそも今や現地生産の時代だから関税が云々というのも・・・。

    安いもの労働力が入ってくるってそれってデフレですよね?デフレ脱却のための“アベノミクス”ではないのでしょうか?(もっともアベノミクスって何やってるのかいまいちわからないのですがww規制緩和?www)

    「私を信じてください。交渉力で何とかします。交渉決裂なら参加しません」

    ・・・え?そんなことできるの?という感じがします。今までの対米従属というよりもはや米国属国といったほうがいい日本の外交力政治力になにをどう信じればいいのかわかりません。

    このままムードでぼやーっといってしまうんでしょうね。。。

  • 2013/03/19 (Tue) 22:27

    シーグイさん
    よくわからないのが、経済界のお偉方がこぞってTPPに賛成しているでしょう。
    それほど米国に売る物があるんですかね、w。
    カナダとかメキシコが日本にとって有望な市場で有るようにも思えないですしね。
    同じ貿易交渉するなら、豪州なんかはわかりますし、
    市場としての旨みでいうと、東南アジアでしょ。
    やはり、TPPって、安全保障の側面もあるとしか思えないんですよね。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/03/19 (Tue) 23:56

    ないと思いますよ。失業率9%の国に何を売るのものはないと思います。もちろん他の国々にはGDPの規模から言っても市場としても魅力はないかと思います。

    おっしゃる通りたぶん外交安全保障の問題が一番重要になってくるんでしょう。米欧陣営に入るか中露陣営に入るかの選択でじゃあ米国側でっていう選択なんでしょうが・・・・・。だからと言って自分自身の身体ボロボロにしてまで外交安全保障をとるというのは・・・。

  • 2013/03/20 (Wed) 22:41

    本来、経済界って、なにが自分たちにとって利益なのか、
    シビアに追求すべきなんだと思うんですよね。
    市場が国家の思惑とは別のところで動いているように。
    それなのに、どうして、経済界は米国の市場をこんなに気にするのでしょうかね。
    本気で多国間貿易交渉をするなら、
    中国やロシアも引きずり込まなくてはいけないはずなのに、
    日本の経済界は、それを主張しようとはしないでしょう。
    結局、日本の経済界も米国経済のポチなのかなとつい思ってしまいます。
    そういう目で見ると、尖閣も北方領土も米国の思惑絡み、
    というより、米国の対アジア戦略のひとつに見えてしまいますよね。
    極東での日本は、あくまで「孤立」であるべきだという.....w。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集
  • 2013/03/20 (Wed) 23:54

    なんかもうこのネタ話してて悲しくなりますね。

    せっかくなのでこれは少し今回の話とそれるのですが聞きたいことがあります。

    どうして日本人は(特にたぶんいろいろな意味で既得権益層だと思いますが)反日が多いのでしょうか?この場合の反日とは従米、媚中朝という意味で。

    愛国心とまではいかないくとも自分の住んでる場所を好きなのは当たり前な感情だと思うのですが。最近の僕の悩みなんです(笑)

  • 2013/03/21 (Thu) 23:39

    シーグイさん
    これは日本人に限らないことなのかもしれませんが、
    国を愛することの出来る人って、少数派なのではと思ったりします。
    郷土を愛することは出来ても、それが国のような広い範囲になってしまうと他人事みたいなものになってしまいがちなのでは。
    本当に国を愛することが出来れば、沖縄の悲哀を共有出来るはずですし、
    あるいは、福島の怒りを共有出来るはずなんです。
    身の回りの地域の同じ文化を共有出来ているところとしか、
    本質的には愛を感じないのかもしれませんね。(あくまで郷土愛レベルということ。)

    従米とか媚中朝とかいうのが、そもそも反日であるという認識は、多くの日本人が思っていないんでしょうね。
    大マスコミの報道していることが真実であると多くの日本人は思いこんでいるわけで、
    そういう彼らにとって米国といい関係を作っていくこと(従米)や、
    中国や朝鮮半島と事を荒立てないということ(媚中朝)という姿勢は、
    ある意味、日本のことを考えたまっとうな主張であり、
    反日であるなどという認識はほとんどないでしょう。
    自分の住んでいるところが大好きだからこそ、親分にはついていきたいですし、隣人とは事を荒立てたくないともいえるのでは、苦笑。
    まあ、悪く言うと、他者に依存して生きている、ともいえなくもないですけど、w。

    • トルファン #-
    • URL
    • 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する