前原さんの凄み...政局を考える

20170921-00010005-bfj-000-view.jpg

前原さんのことを語る前に、気になることがひとつ。
昨日、民進党は希望の党に対して、
民進党の候補者を丸呑みしてもらうべく名簿を提出しました。
受け取った希望の党は、選別するとかなんとかいったまま、
第一次候補者名簿すら発表出来ずにほぼ2日間経過してしまいました。
それこそ、若狭さんと玄葉さんが差しで話し合っているのに、
決着がまるでつかないのはどういうことなのでしょう。
ふつう、選別する側にハッキリとした基準があれば、
候補者の選別などわけないはずです。
それが出来ない理由は.....。
希望の党としては、リベラルやらなんやら混在している民進党の丸呑みなど、
さっさと却下すればいいだけの話なのに、
読売新聞によれば、話し合いが難航しているといいます。
これって、じつは追い込まれているのは、民進党ではなく、
むしろ、希望の党なのではという憶測が成り立ちそうです。
希望の党は、立ち上げたばかりの新党です。
新党立ち上げの時には、12名の国会議員しかいませんでした。
小池さんが政権選択選挙だとぶち上げている以上、
希望の党は、是か非でも過半数を取らなくてはなりません。
そのためには、小選挙区では最低でも180名以上の候補を立てなければなりません。
立ち上げに12名の国会議員しか集まらない新党に、
はたして180名以上の候補者が短期間に集めることが出来るでしょうか。
しかも12名の国会議員のうち、半数は離党してきた人々です。
選挙資金が余っているとはとても思えません。
どうやって、過半数取るための候補者の選挙資金を調達するのでしょう。
そう考えると、希望の党にとって、
民進党の候補者とそれに付随するはずの選挙資金は、
どんな手段を使っても手に入れなくてはいけないものであるはずです。

そんなこと、前原さんが百も承知だったらどうでしょう。
実際、前原さんは希望の党に対して民進党の候補者丸呑みを迫っています。
一方で、両院議員総会で、前原さんは代表を退任せず、
民進党の100億円とも150億円とも言われる資金管理を行うことになっています。
しかも、民進党は、参院議員ため解党はすぐにはしないことになっています。
これは私の推測というか憶測なんですが、w、
前原さんは小池さんに対して安倍政権打倒のため、
民進党を丸呑みしなさい、しないなら資金提供はゼロですよと、
脅しているような気がするんです。
だいたい、民進党は丸呑み出来ないと希望の党にいわれても、
ある意味、痛くも痒くもありません。
まだ、民進党は解党したわけではありませんから、
希望の党が分からず屋なので、あらためて民進党として選挙をしますと、ぶち上げればいいわけです。
この間、多少、希望の党に移る候補が出たとしても、
選挙資金持たずの候補ですから、希望の党のうま味は半減しますし、
民進党としては、不満分子を一掃することになります。

さて、小池さんです。
いよいよ身動きが出来ないところにきてしまった、というところではないでしょうか。
自らの退路を断って大勝負に出るには、あまりにも環境が整っていません。
私が小池さんの参謀だったら、藁、
もう自民党との対立構図が出来てしまった以上、
がむしゃらに反安倍に突き進むしかないでしょう、
そのためには、どんな手段を使っても過半数を取る必要がある、
だとしたら、若狭や細野なんぞの小者のメンツなど考えず、
無条件で民進党を飲み込むしかないと進言すると思います。
民進党からの候補者と資金を確保した上で、
選挙は安倍自民が何をほざこうが、
安倍さんの資質と問題点を徹底的にあぶり出し、
なおかつ、選挙公約は、脱原発と消費税凍結の2点のみを強調して戦うわけです。
外交なんてしょせん誰が言っても大して変わりませんし、
そもそも選挙の時は票にはなりません。
安倍攻撃と脱原発、それに消費税凍結を持ち前の押し出しの強さでがなりたてれば、
けっこういい勝負が出来ると思いますよ。

さて、前原さんです。
28日の両院議員総会の前原さん、
わたし的にはある強い信念と覚悟を感じました。
一皮むけた感を強く感じました。
仮に希望の党との関係が破綻しても、
少なくとも、反安倍の受け皿作りはそれなりに出来ると思います。
もちろん、この選挙で政権奪取は不可能でしょうが、
穏健な保守として、あるいは米国に物が言える保守として再生出来る可能性を秘めていることになるだろうし、
くだらない党内対立は格段に減ると思います。
そのためにも、共産党とはそれなりの意見交換をし続けられる間柄になる必要もあるでしょう。

最後に再び小池さん。
私は小池さんは都民として、はてしなく軽蔑しています。
都知事は辞めてもらいたい。
そのために都知事選の選挙費用50億円がかかってもいいと思っています。
である以上、苦笑、今回の総選挙、是非、出馬して、選挙を盛り上げて、
投票率を上げて欲しい、藁。
いくら小池さんが嫌いな私でも、
勘違い甚だしい暴言連発の副総理や、陰険陰湿な官房長官を従えている、
現総理よりはまだましだと思っていますので、
とりあえず、自民党内で総理降ろしが始まるくらい、頑張って欲しいと思っています。


追伸
もし、希望の党が第一党になって小池さんが総理になったら......。
たいしたブレーンがいないから、2年くらいつとめてもらって退場してもらいます。w


スポンサーサイト
テーマ: 衆議院解散・総選挙 - ジャンル: 政治・経済