香港島でアルゼンチンの牛を食べる

タンゴ3

2月の香港の旅の続きです。

一緒に旅したお方が、
肉を香港で食べたいと、フェリーに乗る前からのたまっていたので、
まあ、中華を喰うばかりが旅ではなかろうということで、
香港島のセントラルの雲咸街という通りの坂の途中にある、
しかも、2階というわかりにくい場所にある、
「タンゴ TANGOというレストランへ行きました。

ご存じの方も多いとは思いますが、
日本はアルゼンチンから牛肉を輸入していません。
ですから、私はアルゼンチン牛初体験です。

タンゴ4

夜も9時を過ぎていたのですが、
なんとなくお客さんが入れ替わり立ち替わり入ってきます。
驚いたのは、日本人の声があっちの方とこっちの方から聞こえてくるのです。
こんなに日本人密度が高いのかと、うなりそうになりました。

タンゴ6

けっこう焼き上がってくるのに時間がかかりましたが、
ついに登場です。
こんなかたまり肉見るの、何年ぶりでしょう。

タンゴ1

タンゴ8

じつはどこの部位の肉を食べたのか、
よくわからないまま飛びついてしまったわけですが、
思いのほか、やわらかかったですし、
意外とガツガツいけそうな食べ口でした。

タンゴ7

あれこれソースをつけながら食べていたら、
あっという間に200グラム食べてしまいました。

タンゴ5

フランスパンも美味しかったですわ。

タンゴ2

マッシュルームを焼いたのとか、
赤タマネギを焼いたのもサイドディッシュとしては申し分なかったです。
塩胡椒してワイン振って焼いただけなんですがねえ。

タンゴ9

というわけで、ひとり500グラム食べたなんてとても人には言えません。
日本じゃ、こういう肉の食べ方、絶対しないんですから、私。
チリの白ワインの美味しかったですし、
よくもまあ相方は、こんな店を見つけたもんです、w。


つづく。
スポンサーサイト