中延の立ち食いそば屋さん

今日も東京は4月の終わりらしくない、
薄ら寒いような1日でした。
海岸のほうへいくと、風が冷たくて、
ダウンもありかなと思うくらいでした。
和菓子屋としては、とっくに初夏のお菓子になりつつあるのに、
この寒さで例年になく売り上げが低調です。

寒さのせいにすると、
消費が伸びないのは天気のせい、天気のせいと、
散々に吹きまくった石原とか言う大臣がいくしたが、苦笑、
先日のイオンの岡田会長の発言や、
スーパー業界の低迷を思うと、
基本的に今、消費抑えちゃおうムードが蔓延しているのかもしれません。
なにしろ、2月からずうっと、
北朝鮮が暴発するかもモードに入っていますから。
まあ、このモードもじつは安倍内閣が必要以上に煽った結果と、
いえなくもないのですがね、汗。

で、寒いときには、江戸の庶民は夜鳴きそば、と相場は決まっています。

大和屋

手軽にそばをたぐる.....、
これこそ、江戸の庶民の楽しみです。
もちろん、ざるとかではなくて、あったかいそばです。

わたしの家の近所に古くからある立ち食いそばさんがあります。
駅の高架下の脇にあるおそばやさんなんですが、
それこそ、中学生くらいの時からお世話になってます。
素そばで150円くらいだったでしようか。
今回は、そのおそば屋さんのいかげそ天そば&ちくわ天を紹介します。
500円玉で20円のおつりが来るという、
まさに今時の個性的立ち食いそば屋さんなのです。
そばの腰がどうの、そば粉が何割だの、
そんなことはいっさい気にせず、
濃い色の汁の中のそばをひたすらすすり上げて、
こってりと天ぷらを食らいつくという、
町場の人々の楽しみがここにあるわけです。
スポンサーサイト
テーマ: うどん・そば - ジャンル: グルメ