奈良の今だけの和菓子「糊こぼし」

糊こぼし

奈良の東大寺のお水取りが行われると、
いよいよ彼の地も春の到来、ということになるんですけど、
いまだ、春浅し、の感が強いそうです、奈良も。

さて、このブログのタイトルが、菓子と旅の日々なんですが、
旅のネタ、カツカレーのネタばかりが目立って、
最近は、お菓子ネタが少ないなあと、まあ、私も思うわけです。
そんな矢先、茶道の先生から、このお菓子をいただきました。
そもそも、このお菓子の由来なんですが、
お水取りに参加する練行衆が作る椿の造花のことをいうそうです。
なんでも、薄紅色の花弁に白い斑点のある椿が東大寺にはあるそうで、
その椿の花が、造花を作るときに花弁にこぼした糊のあとと似ているから、
ということでついた名前だとか。

さて、お菓子なんですが、
ぶっちゃけた話、全部あんこです。
甘さを抑えたやわらかいしっとりとしたお菓子です。
こなし製というより、練り切りに近いかんじがします。
このやわらかさでこの細工をするのはなかなか難しいでしょうね。
お取り寄せ可能なお菓子なのですが、
東京の茶人好みかというと、なんとなく違う気もします。

スポンサーサイト
テーマ: 四季の和菓子達 - ジャンル: グルメ