またカツカレーを食べてしまいました

カツカレーが好きなんですと、
このブログで宣言してから、いったい幾年月....。
先日も某友人から、
「おまえ、ブログのネタのために無理してカツカレーを喰ってるんじゃないか。」
と、厳しいお言葉を頂戴いたしました。
...
...
まさか、そんな意見が出ようとは夢にも思っていなかったのですが、
確かに50歳を遙かにオーバーした男性、
しかも、和菓子屋のおやじが、
そげなハードな食べ物を愛好しているとなると、
かなり無理が入っている、そう思われても仕方ありません。
...
...
ここまでライフワーク化したように見えるカツカレー喰い、
確かに1週間に1回は無謀ですが、
月2回ならまだこなせそうに思える今日この頃、
大盛りとかカツ2枚とかそういうことは控えて、
これからも精進していきたいと思います。

上等カレー渋谷本店3

というわけで、今月のカツカレーです、w。
といっても食べたのは先月なんですが、
渋谷にちょいとジャズのCDなんぞを買いに行った帰り、
わざわざ遠回りして、上等カレーなるものを食べに行きました。
くわしいことはよく知らないのですが、
なんでも、関西から東上して、全国制覇を狙っていると言う噂で、藁、
どうもゴーゴーカレーを東京の地で凌駕するのか目標とか。⇇ うそ。

上等カレー渋谷本店1

さて、880円のカツカレーです。
東京では見られないような特徴が際立ったカツカレーですね。
真ん中にご飯、
それを覆い隠すように、
まさにオムライスのたまご的に揚げたてのカツが鎮座し、
その上から、カレーをかけるという、
個性的なスタイルです。
しかも、カレーの色は、ちょっと黄土色的で、
最近流行の黒っぽいカレーではありません。

上等カレー渋谷本店

もしかして、甘めフルーティーなカレーかなと思うわけですが、
よく見ると、黒胡椒の粒が何気に主張しています。

上等カレー渋谷本店2

一口食べたかんじは、
お子様カレーのちょっと大人版かなと思いましたが、
二口、三口と食べ進むにつれて、
辛さが急に際立ってきます。
これで辛さが蔓延してしまうと、
なんともカツカレーを楽しむということにはならないのですが、
そこはぐっとブレーキがかかっているようで、
適度な辛さで安定していきます。
もちろん、揚げたてのカツ、熱々のカレーですから、
口内の皮向けにはご用心なのですが、
ほいほいとスプーンが進む、
侮りがたいカツカレーでした。
そして、なにより侮りがたいのが、このスプーンです。
しっかりとした重みのある重厚なスプーンで、
照明を落とした店内といい、
ネームの入った分厚いお皿といい、
ガキなんぞは連れて行きたくないような、
大人のカレーレストランを演出していて、
山田君、座布団3枚、といいたくなったとか、ならなかったとか。






スポンサーサイト
テーマ: カレー - ジャンル: グルメ