鎌倉駅で駅そばを。

最近、駅そばとか立ち食いそばとか、
高速道路のSAなんかのおそばがとてもいとおしいんです。
おそらく、近年、蕎麦が高級化して、
ざるそばをお腹いっぱい食べたいと思ったら、
2000円くらい出すハメになるような店が増えているその反動かと思います。
500円以下でてんぷらそばが食べられるなんて、
これこそ、日本食の神髄だと思うんですが、いかがでしょう。

鎌倉大船軒

というわけで、今回は鎌倉駅構内にあるそば屋さんです。
カウンターのみの小さな店で、
しかも、カウンターの中のおばあさん一人で切り盛りしてました。
もちろん、この手のおそばですから、
軽く湯通ししたくらいのおそばが出てくるわけですから、
そばのこしがどうの、香りがどうのなんて言う気もありません。
ひたすら、手早く熱々のそばが食べられればそれでいいわけです。
このお店のつゆは、ちょぃと甘めなんですが、
性懲りも無くずずずぅっと音を立てて喰うわけで、
しかも、さらに懲りずにつゆを全部飲み干してしまうわけです。
これで380円ですから、北風の厳しかった日は、
学生、リーマン問わず、すすって飲み干してしまいたくなります。

鎌倉大船軒1

サイドメニューに330円のたれカツ丼刻みのりかけなんぞを食べますと、
これぞ、日本人のいろはのい、という気がしてしまうわけです。



スポンサーサイト
テーマ: うどん・そば - ジャンル: グルメ