旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
台湾の飲食業

画像は、台北にある度小月です。
というわけで、台湾の飲食業はたいへんです、というお話。

台湾の飲食業、「年中無休」が6割
中央社フォーカス台湾 10/31(月) 17:08配信

台北 31日 中央社)台湾の飲食業者の59%が年中無休で営業していることが31日、経済部の最新の調査報告で分かった。中でも大企業(従業員100人以上)はその割合が74.7%と高く、中小企業(同99人以下)の51.4%を大きく上回った。

経済部は卸売、小売、飲食業の運営や投資状況、経営形態の変化を把握するため、毎年5月に実態調査を実施。今年は3300社を調査し、3253件の回答を得た。そのうち飲食業は268件で、内訳は大企業87社、中小企業181社。

年中無休の割合は従業員数が増えるほど高くなっており、5人未満では33.3%だったのに対し、200人以上では79.3%に上った。一方、週休1日の割合は中小企業は12.2%で、大企業の1.2%を11ポイント上回った。
台湾はレストランや屋台、飲料店が林立しており、飲食業界では激しい競争が繰り広げられている。


かつて日本の食堂も7割以上が正月以外年中無休だったかもしれません。
かくいう、我が和菓子屋も、親父の若い頃というか、
私がこざかしいひ弱なガキの頃は、
基本、月一のお休みでした。
みんな休まないで仕事して生計を立てていたのでしょうね。
それが今では......苦笑。

台北へ行くと、日曜日はお休みどころか、
土日連休の食堂があったりします。
週末、台北に行こうとする方、
気を付けてくださいますよう......。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

【2016/10/31 23:55】 | 台湾
トラックバック(0) |

No title
kirekomi
それを言うなら大陸中国でしょうw

20数年前(もうそんなになるか...Orz)の魔大陸は、土日が休みとか、それこそ春節になると一週間はおろか15日まで延々と休むトコが普通でしたし。そもそも昼寝の時間があって、2時頃までヘーキで中の人が突っ伏してるもんだから、銀行や郵便局なんかが開店休業状態で、チェンマネしたり荷物取りに行くのに長い事待たされる、なんて当たり前でしたからねぇ。

春節ん時にハルビンに行って、どこもメシ屋がやってなくてエラい目に遭いましたもの、餃子しかないけどいいか、って。なんで餃子なん!?って思いましたが、そら年末ですから、餃子しか無いの当たりまえなんですがw

それが今や個人商店はもとより、市場も超市も、春節でもやってますからね。風情が全然なくなってしまいましたw


隊長殿
トルファン
20数年前の魔大陸のことを語り出したら、
それこそ語り尽くせないですよ、ホンマに、w。
隊長同様、銀行で泣かされたこと数知れず、藁。
ちょっとしたレストランでも、
夜、少し遅めに行くと、閉店時間でもないのに、
お客が少なくなると、
どんどん閉店の準備を始めるいやらしい服務員がよくいました。
この間いった桂林のレストランもそうでしたっけ、苦笑。

そういえば、3月のはじめに烏魯木斉へ行ったとき、
飛行機の到着が遅れたせいで、
街に入るのが8時近くなり、
ホテルを確保した後、通りを歩いたら、
小雪がちらついていたせいもあるんですが、
店がみんな閉まっていて、
やっとこ穴倉みたいな清真レストランをみつけて、
まずーい焼きうどんを食ったのを突然思い出しました。

No title
xingzi
大陸も飲食業は、旧正月以外はほぼ無休と思います。広州に旧市街にある個人の小汚いけどうまい店は、大晦日から初七ぐらいまでバッチリ休みますが、こぎれいでちょっと立派な店は、広州だろうが成都だろうが旧正月も営業しています。

いつも大変やなと思ってみています。


No title
トルファン
かつての中国というか、私が初めて中国へ行ったのは1984年のことですから、
レストランや商店というと昼休みが長くてねえ、藁。
今の中国は、それこそ、お金儲けに必死ですから、
本当に休まないですねえ。
お金儲け自体、決して悪いことではありませんから、
是非、春節でも新年でも営業はてもらいたいものです。

同じみパリなんかは、
サマーバカンスとかち合うと、
本当に食いっぱぐれますし、
日曜日はレストランもスーパーもお休みだったりして、
たいへんな目にあったりしますから。


コメントを閉じる▲