旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
img_1780b2d9f3ddcf905f2cbdc8e2e836ae95303.jpg

中国でタトゥーショー、緻密な絵柄に来場者の目もくぎ付け
AFP=時事 5月31日(火)9時1分配信
中国・河北(Hebei)省で29日、「廊坊国際タトゥーショー(Langfang International Tattoo Show)」が開かれ、
多くの参加者が集まった。


img_0206321f896ee4050edb1f00a4fa3afd103665.jpg

日本では入れ墨というと、近年ではファッションとして認知されていますが、
その前はというと、その筋の方の専売ともいえたわけで、汗。
欧米では、わたしなんぞのイメージですと、
マッチョの象徴のひとつ、まあ、そんなとらえ方もしています。

img_d86e97d8ea352c027957f83f6e9f2d23174440.jpg

で、お隣中国ではどうかというと、
歴史的には、罪人に施される、
牛馬でいうところの焼き印みたいなかんじなのかなあと思います。
関羽と劉邦の時代、
鯨布という罪人上がりの梟雄がいましたが、
彼は顔に入れ墨があったとかなかったとか。

そもそも中国の士大夫達は、人前で諸肌脱ぎになることは、
とても恥ずかしいことだとされていました。
彼らが諸肌脱ぎになるときというのは、
戦いに敗れて勝者にひれ伏す時だけとされていました。

とはいえ、タトゥーが世界中で流行るのはいいんですが、
歳を取ってからのことを考えたことがあるんでしょうかねえと、
いらぬ心配をしてしまうわけです。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2016/05/31 22:12】 | 中国
トラックバック(0) |

No title
切れ込み💕隊長
中国でも、やはり刺青はアウトローのするもので、若者のファッソンとしてはやや先端も過ぎるの感がありますね。その辺は日本とあまり変わらないと思います。それにしても、刺青って全然ソソりませんね。全然ダメですわ。中国では流行らないでほしいです。

No title
トルファン
隊長殿
私も入れ墨は全然萌えません、苦笑。
お相手もしたくないなあ、ベッドでも。
というか、昔、その筋の年取ったおじさんの入れ墨を、
よく銭湯で見ていましたが、
年配の方のモンモンは、やはりちょっと悲しい....。
肌に張りのある年齢ならいいんですがね、
やはり年輪を重ねてしまうと...。
若い女性は、するべきではないですね。


コメントを閉じる▲