台湾・集集の宿...両脚詩集(Footprint Inn)

両脚詩集4

昨年11月、LCCのバニラエアーに乗って、
台湾を駆け足で南下しました。
行きは桃園、帰りは高雄というパターンで、
総額16000円ほどでした。

初日は、南投県集集にある両脚詩集(Footprint Inn)というホテルに泊まりました。
看板を見ると、概念旅館とありますが、
このホテルなりのコンセプトがあるんだと思います。
ロビーや食堂には、本がたくさんありましたから。

両脚詩集3

まだ新しいせいかとても清々しい部屋です。
シンプルだけど落ち着ける、過不足無い空間でした。
枕も掛け布団も一流ホテルよりさらに上等、というくらい、
わたし的には過去のホテル体験の中でもベスト1といえるくらい、
寝心地のいい寝具でした。

両脚詩集1

これ見よがしにウッディー調にするのではなく、
さりげなくオリジナリティのある木の使い方は、好感が持てました。
そして、ベランダがあってイスとテーブルまで用意してあるというのも、
このホテルのいいところかもしれません。

両脚詩集2

シャワーとトイレも完全に仕切られていますし、
こちらも申し分無しです。

集集というローカルな場所で1泊1800元は、
すこし高いかもしれませんが、
居心地の良さを考えると、また泊まりたくなるホテルといっていいでしょう。
日曜日ということで泊まっている人が4人だけでした。
駅から7分ほど、コンビニまで3分くらいですし、
静かな町のいい宿でした。

スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行