中国共産党幹部の愛人問題

大虎

この画像、けっこうリアルでおもしろい漫画ですね。
こういう風刺画はなかなか日本人は書けませんから。
もちろん、この画像の主人公は、もうすぐ終身刑確定、
あるいは、死刑まで行ってしまいそうな元政治局常務委員「周永康」氏ですが、
虎の下半身に指が熊手状というところまで微に入り細に入り、なのです。

さて、今日は香港誌からの話題です。

中国共産党幹部の愛人問題、年間70万件超
【大紀元日本2月16日】
中国で幹部が愛人を囲うことはもう珍しくない。香港「争鳴」誌2月号は昨年、政府機関で発覚した女性問題が70万件を突破し、うち21万7700件は法廷争いに持ち込まれた。また、当事者の70%は課長クラスの幹部に当たるという。
 中国共産党新聞網(ネット)は3日、評論記事を掲載し、「幹部らの道徳低下は著しいもので、ドラマのように刺激的だ」と多発する愛人問題を批判した。
 党の人事を担当する中央組織部は1月、「幹部の家庭状況調査票」の記入を幹部に要求した。婚姻状況の報告も義務付けられている。離婚などを隠蔽した場合、今後、昇任できなくなるという。
 党機関紙・人民日報傘下の雑誌・人民論壇2010年8月の報道によると、調査・処分を受けた腐敗幹部の95%に「愛人」がいるという。



そもそも中国人って、権力者が愛人を持つ、ということは、
否定される事柄なのではないのかもしれませんね。
というか、権力を持つ者の当然の権利という認識なのかもしれません。
あるいは、権力者が愛人を持つのを否定するという道徳観念は、
むしろ、歴史的には新しい話なのかも、苦笑。
スポンサーサイト
テーマ: 中国問題 - ジャンル: 政治・経済