菅官房長官のお話




最近、安倍政権にとって都合の悪いことが多発しているため、
言い訳めいた会見が多い官房長官なんですが、
某公共放送の新しい会長の発言にも苦しい弁解をしていましたね。
昨年度の貿易赤字についても、
石油や天然ガスといった燃料の輸入が増えたせいと、暗に脱原発を批判していましたが、
そもそも政府がせっかく円安誘導したのに、
その恩恵に浴したのが、一部の業界だけだったというのが痛かったのでは。
しかも、円安に誘導したため、為替変動で二年前よりはるかに割高にエネルギーを買わざるを得なくなったことを留意する必要もあるのでは。
貿易赤字はある意味、政府の政策の結果であるとも言えたりして。
官房長官、話をあまりに単純化しすぎでしょ。


それにしても、この味噌ラーメン、800円なんですけど、
これって、標準なんでしょうか、苦笑。
スポンサーサイト