トルファンで暴動ー公安とウイグル族が衝突

トルファン暴動

トルファンで暴動が起きました。
私は、コテハンでトルファンと名乗っているくらいのトルファンが大好きな野郎なんですが、
年々、漢族とウイグル族の軋轢が高まっていたのを危惧しながら
かの地を思っていました。
何かささいなきっかけがあれば、いつでも暴発しかねないのが、
現在の新彊ウイグル自治区なのですが、
そもそもこの6月の終わりから7月までの時期は、
今まででもウイグル族の怒りが爆発しやすかった時期です。
ウイグル族の不満が溜まりに溜まっている、そんなふうに思います。

新疆で暴動 27人死亡

毎日新聞 6月26日(水)20時42分配信

【北京・工藤哲】中国国営新華社通信(英語版)は26日、新疆ウイグル自治区トルファン地区※善県で26日朝、暴動が発生し、27人が死亡したと伝えた。ナイフを持った暴徒が警察署や地元政府、建設現場を襲撃し、9人の警察官と8人の市民が死亡した。警察官によって暴徒10人が射殺された。
地元当局は暴徒3人を拘束し、逃走者の行方を追っている。襲撃で3人が負傷し、地元の病院で手当てを受けている。
香港の人権団体「中国人権民主化運動情報センター」は同日、ウイグル族が派出所に仲間の釈放を求めたところ、当局者が拳銃を撃ち衝突を引き起こしたとの見方を伝えた。
新疆ウイグル自治区では2009年7月にウイグル族による大規模暴動が発生し、来月5日で4周年となることから、各地で当局が警戒を強めている。
地元のホテル関係者によると、1週間前に当局関係者がホテル関係者を集め、不審者に注意するよう呼び掛けた。この関係者は毎日新聞に「現在は当局が警戒を強め、現場付近は市民が近づけない」と話した。
(※は善の右におおざと)


香港の人権団体によれば、ことの発端は公安との対立のようで、
これは、今の中国でいちばん暴動の起きやすいパターンです。
中国経済が下降線をたどり始めている今、
火種はそこかしこに落ちているというのが、今の中国かもしれません。
スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報