2013 中華航空の機内食

機内食2

ヒマがなくて、更新を怠っています、今日この頃。
最近、妙に朝の目覚めが早くて、
夜更かししても起きてしまうんです。
からだが早寝早起き体質になってしまったのかもしれません。
今回の台湾旅行では、
近所の整体院の院長とふたり旅だったのですが、
つい、初日の夜、長話に高じてしまい、
なんと、寝たのが夜中の3時。
翌、起きたのが、朝6時という老体にははなはだきつい暴挙をした結果、
なんとなく、ずうっと尾を引いているような、苦笑。

というか、今日はそういう話ではなくて、
機内食です。
前回の台湾旅もそうでしたが、
近年は、機内食に少しばかり辟易している状況がありまして、
今回もあまり期待せず、
アップルパイやら炊き込みおにぎりなんぞを持ち込んで、
機内食をパスしようかと思ったのですが、
きれいなCAに鶏肉とお魚、どちらにします?と聞かれると、
つい、じゃあ、鶏肉で...なんて言ってしまう愚かな私が居ました。

機内食1

まあ、鶏肉の照り焼きといった風情なんですが、
ちょっと味が濃すぎたかなあ、W。
ポテトサーモンサラダはまずまず美味しかったですし、
ケーキもまあまあ許せたんですが、
果物はいかんせん缶詰っぽくてねえ。
まあ、完食してしまいましたが。
ちなみに魚のほうは、なぜか海老グラタンだったみたいで、
そっちが良かったかなあ、W。

チャンピオン焼き肉

ちなみに朝飯もろくに食わずに羽田に向かったため、
ついつい、羽田の国際線ターミナルにある焼き肉屋さんで売られていた、
弁当を買ってしまいました。
機内食にこんなのが出たらいいんですけど、
980円ですからねえ。

まあ、いずれ、格安航空会社の飛行機にも乗ることになるでしょうから、
弁当持参で乗り込むのも常態になるんでしょうね。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行