旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
どこへいくのか公明党

あまりマスコミの人たちは、公明党の今後についてあまり取り上げないようなので、
あえて、私がネタにしてみたと思います。

正直、公明党はどうしたいのか、まったく私にはわかりません。
自民党が第一党になったあかつきには、
また、連立を組むつもりなのでしょうか。
私から見ると、今の自民党と公明党は、
連立が組めるほど、考え方が一致しているとはとても思えません。
この選挙において、野合という言葉があっちこっちで飛び交っていますが、
じつは、自民と公明だって、かなり野合だと思うんですが、
どんなものでしょう?

たとえば、
憲法について。
公明党は、日本国憲法堅持です。
自衛隊については、加憲と言う考え方で運用すべきだとしています。
先日も、国防軍について聞かれていましたが、
山口代表はあきらかに拒否、というかんじでした。
また、集団的自衛権の行使は認めない、です。
ことごとく、安倍自民とは正反対のことを言っています。
原発についても、遅くとも2040年代に全廃を掲げています。
自民はというと、脱原発はまってく掲げていません。
そのほかにもさらなる金融緩和、すなわち日銀法を改正して、
日銀をある程度政府のコントロール下におくという安倍さんの意見に、
難色を示しています。
これだけ、安倍自民とへだだりがあるのに、
もし、選挙後、連立など組んだら、
それこそ、民主党すら笑えなくなると思うのですがねえ。
正直いまして、公明党の公約を見る限り、
日本未来の党と組んだほうが、ずうっと自然のような気がするんですが、
どんなもんでしょう.....山口代表、w。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2012/11/29 22:28】 | ニュース!ニュース!
トラックバック(0) |


アモイひろし
創価学会と切れない限り、私は共産党の方が全然マシです。議席欲しさにくっついてるだけでしょ。それでも学会員はロボットよろしくほぼ全員公明党に投票しますよ。それはそれで統率が取れていて見事だと思います。そろそろ近所の学会員が自宅へ公明党よろしく挨拶に来る頃ですw 一般会員は悪い人達じゃないんだけどねぇ...


トルファン
創価学会がいいのか悪いのかと言う議論はまずおいて置くとして、
宗教団体がバックアップする政党はあってもいいと思っています。
むしろ、世界的にはそちらのほうが自然かもしれないと思っています。
そして、公明党の考えているところがしごくまっとうなら、
私は支持してもいいと思っています。
問題なのは、公明党がどうも政府の中に入りたくて仕方が無く、
そのために、自民に対して妥協をしすぎているのが気に入らないのです。
本文にも書きましたが、今の状況で自民と連立を組んだら、
公明党の独自性など皆無になってしまう、そんなふうに思うわけです。
公明党がらしくあり続けようとするなら、
安倍自民と連立を組むのは、詐欺に近いとあえて言い切りたいと思ってます。


アモイひろし
これは思想の問題ですが、私は政教分離派ですねぇ 欧州のキリスト教系はまだしも、エジプトのイスラム原理系や日本の新興宗教が議席を取るのは、生理的にイヤですわ。仮にですよ、公明党の政策がまっとうでも、母体となる池田大作やその後継者・幹部がどんな悪さをするのか気が気でなりませぬw 宗教を極端に嫌う私の好みでもありますが。


シーグイ
宗教と政治と言えば僕は幸福なんちゃら党がとっても気になります(笑) 今回の選挙も何人か立候補するみたいですけど・・・。どのメディアもまるで存在しないかのようにあつかう。あの政党こそどこへ向かっていくのだろう・・・。


トルファン
アモさん
宗教と政治が醜く絡むと、必ず腐臭が立つと思うのですが、今の公明党は気にする必要はないでしょう。イスラムでもキリスト教でも過激派が膨張するところには、それだけの腐臭があるわけですが、そもそも宗教と政治というからみでは、日本ほど腐臭が立ちにくい国はないとおもうなあ。オウムが膨張出来なかったのもそのせいだとと思います。

シーグイさん
公明党と比較すると、幸福なんじゃら党のほうが得体が知れないですね。そもそも、霊魂と宗教というのは、近いようで一番遠い存在です。いや、そもそも、霊魂なるものがなんだかもわからない、w。幸福なんじゃら党の不思議さは、あるひとりの指導者によって成立し、その指導者が霊界とコンタクトが取れるという、なんとも現実味のない世界の話だからです。これを普通の人々に信じろと言われても、日本ではなかなか受け入れられないでしょう。
日本人は宗教というものが本質的に理解できにくい体質なのかなあと私は思っています。
八百万の神々がごくふつうに息づいてきた日本では、絶対の存在としての神は、根付きにくいようです。
ですから、宗教を本質的に理解できない日本人だからこそ、小さなカルトが存在できてしまうのかもしれませんね。

コメントを閉じる▲