旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
1官邸

田中文部科学相が記者会見で言っていたのが、
本日のタイトルです。
誰のことかというと、おなじみ石原慎太郎さんです。
マキコさんって、
こういう当意即妙なコメントを見事に残しますなあと感心しているわけですが、
それにしても、石原さんには驚かされます。
彼もご親戚の小泉純一郎氏と同様、
劇場型の政治家なんだなあと思うわけです。
しかし、こういう人の配下で働くのはちょっといやですね。
ブチ揚げるだけブチ揚げて、
毎回、尻すぼみになっておしまい。
カジノ構想、新銀行東京、築地の移転問題、オリンピック誘致、
そして、極めつけが尖閣諸島購入問題。
ブチ揚げるのはいいですけど、結局、やりっ放し、メドがつかず。
たまにいいこと言うなあとという時もあるんです。
原発が安全なら東京湾へとか、
トラックのディーゼル問題とか。
でも、結局、センセーショナルなことをいって、
大向こうを切るというのが彼の本質なのかもしれません。
先日の会見で原発問題は、三極結集の為にはささいなことと言い切ってしまうそのメンタリティー、
あるいは、中華人民共和国をひたすら支那と言い続けるメンタリティー、
都民の税金を使って尖閣諸島を購入してしまおうとするメンタリティー、
いずれも、自分の主張することは正義であり、間違いではないと思いこみ続けているという、
その裸の王様ぶりが、ときに滑稽にも見えてしまうわけです。

思えば、国会議員勤続25周年で表彰されたとき、
議場にいる国会議員をさんざんこき下ろして辞表をたたきつけて退場するというパフォーマンス。
あるいは、昨年の都知事選前、選挙には出ないと広言し、後継に松沢神奈川県知事を内諾しておきながら、
一転して出馬に走るというパフォーマンス。
最後まで自分中心で目立っていたかったのではとつい勘ぐりたくもなります。

かつて、石原さんが東京二区で立候補していた頃、
その歯に衣を着せぬ発言にある種の爽快感を覚えて二度も彼に投票したことがある私ですが、苦笑、
やはり彼を見続けていると、劇場型パフォーマンスには限界があるんだなあと、
しみじみ感じてしまうわけです。
そういう点では、小泉氏はさすがだなあと思いますね。
劇場型のパフォーマンスの賞味期限をよくご存知のようです。
とこできれいに身を引けば、記憶に残る政治家になるか、そういうことを熟知していたんですね。
石原さんの突破力、そんなものが本当に彼に備わっているのか、
私にはよくわからないんですけど、w、
仮に80歳の老人の持つそんなものに期待を寄せなければいけないのだとするなら、
なんとわびしい政治状況なのだと、嘆息すること、しかり、なのです。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

【2012/10/27 23:10】 | ニュース!ニュース!
トラックバック(0) |


アモイひろし
自分も東京に帰ってきたので、より一層市政・都政・国政を検証するようになると思います。
小平市政には満足していますが、都政、国政は最悪。
都知事はワタミ渡辺美樹会長、国政は小沢一郎の政党がいいかな...



トルファン
都政に関しては、ある意味、この段階で石原さんが下りたことでホッとしています、w。とりあえず、次になる人は誰であれ、石原さんよりいいでしょう。たとえ、東国原さんでも、苦笑。
国民は、なぜ、民主党に期待したかというと、自民党のような官僚との馴れ合いもたれ合いを解消してくれるのでは、ということだったんだと思うんですが、結果は、自民党よりさらにもたれ合ってしまったというか、依存してしまった。
本来、真っ白の状態で政権運営を始めたわけですから、自分たちで好きなように色をつけられたはずなのに、官僚の皆さんが色づけしてしまったのが、今の民主党政権なので、
次の国政の対立軸は、結局、もう一度、真っ白に戻せる勢力があるかないかなんだと思います。
とすれば、野合といわれようと何を言われようと、官僚のコントロールから脱することが第一と言い切る勢力に期待するしかないのかなあと思っています。
そういう点では、80歳の暴走老人がいかにおのれを押し殺して、第三極結集を図るか、期待したいですね。
官僚コントロール打破という一点では、「生活」も維新も「みんな」もそして石原さんも同じ方向なのですから。


アモイひろし
石原とそのまんま東という究極の選択ならば、東の方がマシですかね。石原は都政で国政やってたような気がします。
私が日本へ帰ってきて小平市・東京多摩地区の介護/医療やら福祉の現場をチェックすると、なんか数年前にあった良い制度がいろいろ削減されてるんですよw

次回衆院選は安倍自民党か、政策次第では石原第三極党をよく比較しますわ。


沒@やっと都の選舉が面白くなりそ♪
都政はさておき、國政について。
(半世紀以上續いてきた)「官僚による政治」を肯定するか、否か。後者なら第三極へー。
しかし、明治新政府が下級武士を切り捨てたように、平成新政府も下流の支持層を切り捨てそうだなぁ。


沒@東も國政志向♪
職員5000人の宮崎県庁と同16萬5000人の都庁ぢゃ大違いやからなぁ。都のトップにセールスマンは要らんよーな。
官僚主導にするなら、誰にでも務まるんだろうけど♪


トルファン
なんだか、石原さん、いきなり正念場みたいですね、苦笑。これだけ侃々諤々の第3極論争しているわけですから、とてもじゃないが、まとまる気配がない。
この数日、石原さんの言動を見ていると、新味がないなあというかんじに思えます。脱原発でも消費税でも既成政党が言っていることと同じなんですよね。明治以来の官僚制打破といわれても、一般ピープルは実感があまりわかないのかもしれません。むしろ、なぜ、政治家は官僚をコントロール出来ないのか、ということになるのが落ち。
石原さんも都政でやったように、ドメスティクな政策を打ち出さないと埋没してしまうかも。


沒@官>>>>>民
イシハラ問題ってのは、結局は「イシハラ以外」問題。イシハラ以外の不甲斐なさを、イシハラ爺さん叩きで相殺♪ で、民はいつまで経っても親離れできず。イシハラ依存。

イシハラもイシハラ以外もアカン以上、頼りにするしかないのは、お上(官僚)。やっぱ今後も「官主主義」でいくしかないんだろうなぁ。自民や民主にお灸は据えれても、官僚にゃムリ。官僚いなかったら、それこそ國政崩壞だし。


トルファン
残念ながら、没さんの言うとおりなのかもしれない、苦笑。日本って、江戸時代よりこのかた、官僚のみなさんが優秀ですからねえ。どこかの魔大陸の共産官僚のように汚職も極めて少ないし、w。まあ、そもそも、日本人の汚職なんて、中や韓に比べたらかわいいもんなんですが。
いつも思うんですけど、かつて、日本の官僚の優秀な人は、政界に移ってもそれなりに仕事をしていたんですけど最近はそうでもないですねえ。福田赳夫さんとか中曽根さんとか大平さんとか宮澤さんとかみんなひとかどの政治家になったになあ。
優秀な官僚は、むしろ、政界に転身しないとか、苦笑。
まあ、終戦直前に鈴木貫太郎のような年寄りが首相になったくらいですから、80歳のシジイにトップを取らせるのもいいかなと、半ばやけ気味に思ったりします、藁。


切れ込み隊長
本当に、次の知事は石原より良いんでしょうかね?
小生は懐疑的ですけどね。
相対的な評価としての善し悪しも有るでしょうけど、
絶対値として能力が高い人が知事になってくれんのかよ!?
って思えてしょうがないんですよね、前回の知事選見た限りでは。

何度も言ってますが、日本で最も人材が揃ってて然るべき処で、
せいぜいがあんなトコでしょう!?
恥ずかしくないんでしょうかね都民っつーか都議会議員どもはね。


トルファン
隊長殿
4期目の石原さんって、都の職員も語っていたいたことなんですが、あまり、やる気を感じなかったそうです。
もう、気持ちは国政に行っていたのかもしれません。
金曜日の定例会見でも、なんだか、いつも文句ばかり言っていて、
不平不満ジジイみたいでした。
評価はいろいろ分かれるとは思いますが、
4期目は余計だったことは間違いないでしょう。
まあ、首長にもいろいろなタイプがいるわけですから、
今度は、地味でもいいから、もう少し、
腰据えて都政を見ることの出来る人になって欲しいなと思いますね。
石原さんは、都知事タイプではないと思います。

コメントを閉じる▲