新疆伊寧遠征餐廰で羊さんを食べる

新疆伊寧遠征餐廰15

上海は、地下鉄静安寺駅から歩いて5分くらいの烏魯木斉北路にある、
ウイグル料理の店「新疆伊寧遠征餐廰」から引き続いておおくりします。
前回は、ビールネタだけで終わってしまいましたが、
いよいよ、本日は、羊君の登場です。

新疆伊寧遠征餐廰9

このお店もそうですし、南京東路近くにあったお店もそうですし、
はたまた、天山賓館の中のお店もそうでしたが、
ひつじを焼く場所は、店先にありました。
炭火で焼く関係上、けむりを考えると当然と言えば当然ですが、
デモンストレーションとしても、店先がいいのかもしれません。

新疆伊寧遠征餐廰8

さて、登場したのは、見事に焼かれた羊肉です。
臭みとかが少ないですし、柔らかいので、おそらく若い羊でしょう。
1本三元は、高いと言えば高いですが、
羊肉好きには、決して高くありません。
仲間がいなかったら10本食べて終わりにしてしまいそうです、私、w。
香辛料がなんなのか、わからないですが、
とにかく、もうたまらんです、ハイ。
これでハミ瓜があれば、気分はどっぷり中央アジアです。

新疆伊寧遠征餐廰10

ジャガイモとセロリの炒め物なんですが、
けっこう辛いんです。

新疆伊寧遠征餐廰12

ウイグル風羊のスープなんですが、
これもけっこう辛いんです。
スープは飲み切れませんでした。

新疆伊寧遠征餐廰13

当然、ウイグル名物、羊とトマトの焼きうどん<
すなわち、ラグメンの登場です。
これは、さほど辛くなくて、うどんの具合も適度にコシがあって、
美味しく戴いちゃいました。

新疆伊寧遠征餐廰11

そうそう、私の大好きな羊と玉葱の炒め物もありました。
味付けは香辛料と塩だと思うのですが、
羊の肉質がいいので、ガンガンいけちゃいます。
まあ、シシカバブの炒め物版というところでしょうか。

前回のアップでもわかるように、
ビールも飲んでお腹一杯食べて、3人で150元でおつりが来ましたから、
もう、上海での羊食べは、必修かと思います。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト
テーマ: 中国旅行 - ジャンル: 旅行