旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
11上海スト6

ちょっとネット環境から離れている間に、
上海のストは、かなり進展しているようです。
当局の必死の懐柔でとりあえず小康状態にはなったようです。

上海市、トラック運転手のスト鎮静化に向け手数料引き下げへ[上海 23日 ロイター] 中国上海市当局は、燃料費高騰に抗議する港湾のコンテナ運搬トラック運転手のスト鎮静化に向けて、一部の手数料を引き下げる方針。同市報道官の発言を新華社が23日報じた。
 新華社によると、上海市はストに対応するための措置を積極的に講じており、それには「手数料の引き下げまたは撤廃」が含まれる。報道官は、上海では現在、すべての港湾が通常通りに操業していると述べた。

 22日にはおよそ600人が、宝山港近くの物流会社の事務所の周辺に集結。ストに参加しない運転手のトラックに投石する騒ぎがあった。

 宝山地区では23日には、状況は比較的落ち着いているもようだ。トラック運転手による組織的な行動はなく治安維持要員の姿もまばらだ。

 運転手の一部は当局の提案を聞いたとしているが、情報が不十分との不満も強く、交渉で具体的な成果がなければストを続けるとしている。


結局、上海市が労働者の主張を少し飲んだ、ということなのでしょうが、
これって、騒ぎを起こせば、政府は妥協するという一つの例になるかもしれません。
いままでの中国としては、ちょっと弱腰?!w

各地でストライキ 当局「ストではない」 拡大を警戒=中国
【大紀元日本4月26日】インフレで生活苦を訴えた上海の輸送業者らによるストライキは天津市、寧波市に飛び火したほか、同じ時期に貴州省、湖南省でもストライキが行われた。一方、上海当局は「ストライキではなく、利益を求めているだけだ」と警戒感をあらわにし、違法な徴収金の中止を発表するなど、事態の早期収束を図っている。

 各地でストライキが頻発

 米VOAによると、貴州省の国有企業もストライキを敢行した。「殲10」など中国の軍用航空機を手がけてきた同省内にある黎陽航空モーター会社は1960年代に設立された国有企業。最近、発表された企業改革案は、「幹部は昇給、従業員は減給」という不公平なものだ。不満を抱く従業員らは4月15日からストライキを実施した。

 また、中国ジャスミン革命の発起人の公式サイトで、広東省佛山市のタクシー運転手は厳しい罰則の撤廃と過酷な労働条件の改善を求めて、4月19日にストライキを始めたと伝えた。


しばらく鳴りを潜めていた賃上げ闘争が、
内陸部まで波及しているという、
中共としては最悪のシナリオが展開しつつあるといえるかもしれません。
それにしても、本当に天津や寧波まで波及したのでしょうか、
この騒ぎ。
だとしたら、ちょっと深刻な展開です。
そして、中国近現代史をかじったことのある人なら、
さらに気になるネタが.....。

天津、上海ストの背景に組織?ジャスミン革命呼び掛け人が声明―香港紙サーチナ
上海市で20日ごろ、燃料費高騰や各種手数料の引き上げに抗議するコンテナ運搬トラックの運転手がストライキを始め、天津にも波及したとされる事件について、香港紙・リンゴ日報は、「中国ジャスミン革命」が突然よみがえったなどとする記事を掲載し、背後に運動を企画した組織が存在するとの見方を伝えた。

  「中国ジャスミン革命」を呼び掛けた人物がこのほど、「中国独立労働組合連合会」と称する団体と共同声明を発表、20日以降に上海や天津で起こったふ頭コンテナ運搬車ドライバーによる大型ストライキは、同連合会が計画したものであり、双方は今後協力して中国ジャスミン革命を支援していく意向を明らかにした。一方、上海当局は、事態の拡大を防ぎ、ストを鎮静化するため、不合理な関連の徴収を廃止する緊急声明を発表した。

  23日、「ジャスミン革命情報」というブログに、「上海・天津・寧波コンテナ埠頭トラック運転手大型ストライキに関する声明」と題する文章が発表された。この中で、20日以降発生しているストライキは、「中国独立労働組合連合会」が計画したものだと書かれている。

  この「団体」は、中国ジャスミン革命と密接な関係があり、革命に全面的に参与すると表明。国内各地のふ頭労働者に対し、ふ頭の管理会社と交通警察による諸手数料のむやみな徴収や燃料費高騰といった現状について、当局に改善を要求するよう呼び掛けた。さらに、拘束された労働者の釈放、補償、陳謝を当局に求めるよう促した。

  上海で始まったストライキは、天津や寧波にも広がったとの情報もある。上海市交通運輸・港湾管理局はサイトで「コンテナ集積場での燃料サーチャージと夜間操作費の徴収を廃止し、一部手数料を引き下げる」と発表した。ストライキ拡大を避けるため、当局が態度を軟化させたとものとみられる。(編集担当:松本夏穂)


戦前、中国共産党が上海で活動を開始したとき、
労働組合の活動を拠点としていました。
当時の反日、反国民党の動きは、まさに労働組合が主導していたわけです。
今回、北アフリカから中東で起きているジャスミン革命は、
中国に多少ではありますが波及しました。
しかし、当局の厳戒体制の中、
ほとんど芽がつぶれたかに見えましたが、
中国独立労働組合連合会という形で再びかすかにですが浮上してきたのかもしれません。
もちろん、1980年代から90年代にかけて、
香港からの多くのガセネタで一喜一憂していた私ですから、
いまだ、香港から流れているこの手の大陸情報は、
マユツバで見る必要もあるかとは思いますが、
それでも、
かつて、中共の取った手法が、
もし、ここで蘇ったとしたら、ちょっと注目してみたくなります。

今回の上海での港湾関係者のストは、
千人規模とも2千人規模とも、
あるいは、もっと少ないとも言われていますが、
このくらいの人数のストでも、
上海経済に支障をきたすと考えると、
労働者のストというのは、けっこう威力があるのかもしれません。
これが、近年、頻繁に起きている地方の農民が起こしている騒動とは、
決定的に違う点です。
農民が千人規模で暴動を起こしても、
強引に鎮圧してそれで終わりですから。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

【2011/04/29 12:26】 | 中国
トラックバック(0) |


切れ込み隊長
中共が一番恐れているのは雨でもましてや日本でもなく、はたまた新疆や西蔵の独立分子でも無いんですよね。知る人は知ってますが、中共が最も恐れているのは、所謂老百姓の離心、彼らがソッポを向くことなわけです。

だから中共は、老百姓の日常生活に何かが起きそうになると、すぐさま対策を打つわけです。それが有効であろうが無かろうが、とにかく何かは少なくともやりますね。そして、効果が無いと分かれば次善策も早々に打って出てきます。この速さは日本の為政者は是非見習わなくてはなりません。

しかしそれには、老百姓が中共の自己人であることが必須条件であり、別人や外人であればそれはイコール「敵」を意味するわけであり、容赦の無い弾圧が彼らを待つことになるわけです。

そういった中共の、掌の範囲内で虜を転がすテクニック、これは今更ながらさすがだなと思いますね。

つまり、まぁ今後も色々とデモやストは起きるでしょうけど、これが中共壊滅への直接的な引き金になるとは到底思えないんですね。
後進国が発達していく過程で、どこの国でも起こりうる、一つの儀礼的なもの、洗礼とも言うべき類のものではないでしょうか。



トルファン
>後進国が発達していく過程で、どこの国でも起こりうる、

確かにそれは言えると思いますが、
たとえば、韓国はどうであったか、といえば、
軍事政権は完全に消えましたよね。
台湾はどうであったかというと、
国民党の一党支配は終焉を迎えましたよね。
フィリピン、インドネシアしかり.....。
一歩選択を誤れば、時の独裁勢力は終焉を迎えているわけでしょう。
中共がそうならないと言う理由は今のところ見あたらないと思いますが、どうでしょう?
中国のの混乱は、即、東アジアの混乱に繋がることは自明ですし、
私としては望みもしませんが、
ただ、今の中国を見ていると、少なくとも、
先送りを繰り返している現状を見ると、
必ずしも安泰であるとは思えないんですがねえ。



切れ込み隊長
まぁ、中国人のモノゴトの進め方というのは、決まって「先送り」ですからね。危険が目前に迫ってもないのに、何を慌てることがあるか、とうのが彼らのやり方ですから。

何事も、本当に「何事も」ですよ、まずはとりあえずやってみて、何か問題があったらそれはその時みんなで話し合って、智恵を出し合って解決しませう、というのがお決まりのやり方ですから。一事が万事この調子ですから、仕事してるほうはたまったもんじゃないw

確かに、韓国やフィリピンの例を出すまでもなく、今や王様達の約束された楽園であった中東ですら民主化の波に晒されてますから、時代は変われば常識も変わるわけです。

ただ小生が思うのは、まず中国人や華僑にとって民主主義というのが文化的に肌に合わないというのがまずあると思います。

チャイニーズで民主化を達成したのが台湾と香港でしょうが、彼らは雨と英の影響を強く受けていますからね。逆に大陸中国は、そういった欧米文化をけん制し、排除する性質のものであり、ややもするとすぐに民族主義を持ち出して、欧米=悪、あるいは対立すべきシロモノという立場に持ち込みますからね。

小生は何度も言ってますが、今や欧米に留学した知識分子は中国に腐るほどいるわけです。つまり、欧米風の価値観を持ち込み、普及さすのは彼らの仕事であって然るべきと思うのですが、肝心の彼らが大人しいわけです。

理由の一つは、チャイニーズの文化として、アカの他人の世話を焼くのはアホのすること、という認識が根底に根強くあることで、もうひとつは、民主主義の雄たるアメリカが、経済的・政治的に行き詰まりを見せており、第三世界の領主たる中国が、今や世界経済をけん引しているという事実です。

なんだかんだ言っても、アメリカが中国にカネ貸してと泣きついてるじゃん、と。アメリカの価値観を持ち込んで、一体何になるんだ、という、漠然とした優越感が、今の中国人にははびこってるんですな。

つまり、ここでも、「経済第一」が顔を出してくるわけです。経済が行き詰まると、おそらく、こういった政権交代への期待や、少なくとも、現為政者への不満が大きく溜まり、何か大事が起きる切欠には十分なりうる、と。

従って、やはりイチにも二にも、経済の成長、これしか今の中国を支えるモノは無いわけですね。



トルファン
確かに中国において、欧米的な民主化を推進することが、
必ずしも中国にとってよい結果をもたらすとは限らないと思うんです。
しかし、だからといって、現状を肯定できるかといえば、
そう認識している人はむしろ少数派だと思います。
隊長のいうように、そういう人々の気持ちの歯止めにんなっているのが、
順調な経済成長ということなんだと思います。
しかし、順調な経済成長も、
やはり、中国の抱える諸問題を先送りにしてきたため、
じつは、ここにきていろいろな形で爆発寸前になりつつあるのでは、というのが私の見方です。
その小さな形として吹き出したのが、今回の上海のストであったりするんじゃないでしょうか。
すでに、7ヶ月連続で物価上昇が4%を超えています。
政府の施策がいまだ効いてきていない、ということなのでしょう。
中国政府は、薄氷の上を渡る経済政策を強いられているんだと思います。
もう、先送り出来る状況ではないんだと思いますよ。


切れ込み隊長
多少、ヤケになっているのは実は小生のほうかもしれない、と自覚しているんですよ。

例えば、小生は今の不動産「バブル」はバブルじゃないと思ってるし、賃金上昇やストも、途上国が経済発展するに及んで、避けることのできないもの、いわば通過儀礼の一つだとさえ思っています。

まして物価というものは、これは需給関係で成り立っているものですから、例え月4%の上昇が継続されたとしても、それで人が死んでいるわけでもなく、やはりそれで売れている=需要があるわけですから、だから売れているんです。

いうなれば、これまでの中国の売価というのは、恣意的に低く抑えられていたものであった、とも言えるのではないか、と。いままでが、タダ同然だったが故、今になって適正価格になっただけで「物価が高騰している」と感じるだけなんじゃないかと思っています。

あと一つ言いたいのは、中国の根幹を成しているのは、名もなき農民と農民工どもです。つまり、中国の幸福度というものの底上げを図るのであれば、もとより彼らの生活を改善させてやるべきなわけです。

つまり、現代中国においては、農作物の価格が上がること、これが中国の幸福度を改善さす最も手っ取り早い方法じゃないか、と。

今の中国に不満を持っている層というのは一体誰なのか。
これを今一度、我々は再検証する必要があるんじゃないかと思っています。
案外、都市生活者だけなのかもしれませんよ。



トルファン
中国における暴動の発生の仕方を見ると、
単純に都市部だけが不満を持っているとい言いにくいのではないでしょうか。
地方の幹部が、土地絡みで農民の耕作地を不法に買い上げる例は、それこそ、雨後の筍のごとく、あっちこっちで起きているのは、隊長もご存知のことだと思います。
農村における土地収容問題は、農民にとっては死活問題ですからねえ。
まさに共産党の汚職なのですから、これを根絶やしにするのは、
都市部が抱えている問題よりも容易だと私なんぞは思うんですがねえ。
それをいまだ放置とているということに、中共の限界を少なからず感じてしまうわけです、私は。
都市部の問題にしても、都市に働きに出ている農民の問題として考えると、
農村にも都市にも行き場を無くした人々が、
中共の政策次第では生まれてしまうのではと、
つい悪い方に考えてしまうわけです。
何度も言いますが、隣国の日本としては、混乱の中国など実際は見たくもないわけで、
(といいつつ、それも見てみたいという自分がいますが、w)
だとしたら、もうちょっと手をうたんかい、中共!と言いたくなるわけです。


切れ込み隊長
農民とか農村とか、非常に悲劇的な響きを含んで語られることが多いわけですが、果たして彼らが「カワイソウ」なのかというと、実際はそれほどでもないと小生なんかは思ってしまいます。

当然、貧農もいれば豪農も居て、小生は、実際に貧農がどれだけいるのか、なんてわからないわけですが、やはり農民が買いものをしたり旅行に行ったり、なんてのを見てると、農民が決してカネ持ってないわけではないのが分かりますし、なんたって値段は上がっても食料品は売れてますし。そして、今や都市部では、結構農村回帰的思考が持ちあがってきてるんですよ、農村に戻れば、少なくともメシには食いっぱぐれ無い、と。あくせく働かずに済む、と。実際にそれを実行する人は少ないですが。

中共の様々な施策を見ても、基本、どれもこれも農民対策が基本だと思います、当たり前ですが。んで結果的に、そういう法的・経済的対策から取り残されたのが都市住人じゃないか、と。

社会保障にしても医療にしても、年金にしても、結局のところ、農村にいればあまり関わる事の無い問題ですからね。都市に居ればこその問題ですもの。

キーワードは、都市住人の不満をどう解消するか、だと思います。


トルファン
>キーワードは、都市住人の不満をどう解消するか、だと思います。

これはもうおっしゃるとおりで。
農村からの出稼ぎ人を含めて、都市住人ですから。
そして、中共が気にするのは、
やはり自分たちの出自が労働組合運動からということもあるでしょうね。
都市労働者の為政者に対する反旗には、敏感に反応するでしょう。
農村よりもはるかに動員力がありますから。

隊長の書き込みでもわかりますが、
農村対策に対して中共はとても気を遣っているとは思います。
しかし、その割には、末端の党幹部が腐敗しているから、まあ、小皇帝になっているとでもいうんでしょうか、
この現状が解消されない限りは農村だって、十二分に火薬庫になるでしょう。
確かに農村もそれなりに豊かになって得るものも得ています。
得るものを得ていると、次にどんなことに敏感になるかというと、
やはり不平等ということに目がいくんだと思います。
ある一定の水準以上にははい上がれないという状況が、
農村ほど固定化しているように思うんですがねえ。



切れ込み隊長
次に爆発するとしたら、小生は都市居住者だと思ってます。実は農村は、少なくとも食べ物があるから飢え死にをするリスクは低いはずなんですよ。昔とは違いますからね、太古の昔に比べれば効率化も進んでいるし、自然災害にも強いはずです。

一方、都市居住者は様々なプレッシャーにさらされています。特に、経済的な圧力はすさまじい。何かあれば、これが物凄いカネがかかるんです。特に、医療、教育、そして居住。衣服もそうだし食費も凄い。心理的には、いくら稼いでも追いつかない、そんな感じですよ。昔、100元といえばかなりの大金でしたが、今は全然価値が無くなりました。

それでも、毎日の生活は待ってくれませんから、働くしかない。ほとんど日本のサラリーマンと一緒です。

小生の持論は、革命は、食えなくなった時に起きるというものです。おそらくそのベクトルは間違ってないと思います。一方、今の中国の都市労働者は、なんだかんだ言っても、食うには困らない。但し、都市経済が始まって間もない国ですから、一度歯車が狂うと何がどうなるか分からない、そういう漠然とした不安があると思います。

つまり、家を買うには相当苦労しなきゃいけない、買った家のローンは10年、15年と残っている、子供の学費も結構かかる。すると、例えば病気をしたり、あるいは経済が傾いたり、或いは外資系企業が撤退したり、そういうショックにまだ中国の都市経済は弱いんですね。弱い都市経済の上に、消費社会が成熟しつつあるわけです。そこが怖い。

ということは、やはりここでも「経済成長」やら「発展」が欠かせないわけです。そこに日本経済が加担しない手はない、というのが実感ですね。


トルファン
確かに中国の為政者は、人民を喰わせてなんぼ、だと思います。
そういう点では、これほどの発展を遂げた中共中国ですから、たいしたもんだと思いますよ。
でもねえ、人間って、食が満たされればそれで万々歳というわけでもないからやっかいだと思うんです。
中国人だって、食が満たされれば、次を欲しくなるんだと思いますよ。

>都市経済が始まって間もない国ですから、一度歯車が狂うと何がどうなるか分からない、そういう漠然とした不安があると思います。

これ、とっても大事な事なんだと思います。
経済成長は右肩上がりなのに、
いっこうに自分たちに還元されていないという思いが、
今の中国を見ていると都市生活者の間に芽生え始めているように思うんです。
そういう中で、階層が固定化しつつあるのではという漠然とした不安もあると思います。
いくら働いても先に光明がが見えない、
いつまでたってもこのままだ、という思いです。
現在の中国の都市部は、相変わらず、不動産は高止まりしたまま物価は毎月上昇中、
しかも、食に対する不安があっちこっちで吹き出ている、
ちょっと、歪みが目立ちすぎているように思うんですがねえ。

コメントを閉じる▲