旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
中国の皆さん

古いニュースで恐縮ですが、
いよいよ、中国は人口減少への道を、
速攻で走り始めました、w。
気を付けてくださいよ.....。


中国人男性の精液の質の低下深刻、不妊の原因の40%占める―中国紙

Record China 3月1日(火)11時8分配信

2011年2月25日、重慶市で開かれた中華医学会による第5回生殖医学学術年会の報告によると、中国人男性の精液の質の低下が顕著なことがわかった。新快報が伝えた。

記事によると同年会で、中国人男性の精液に含まれる精子の数が10年ごとに約10%ずつ減少していると指摘された。環境汚染、ライフスタイル、摂取する食物中のホルモン成分とも関係しているという。

中国では不妊が原因で離婚に至る夫婦も少なくなく、出産の夢をかなえるために体外受精を選択する夫婦も後を絶たない。重慶市ではすでに5000人の「試験管ベビー」が誕生しており、最近2年間は1000人以上を記録、毎年20%ずつ増加している。

専門家によると、不妊の原因に占める男性精子の問題の割合が、近年大幅に上昇している。90年代末から今世紀初めにかけては、不妊の原因の80%を女性側が占めていたが、現在はそれぞれ40%ずつで、残り20%はその他客観的要素だという。

男性の精子の質が低下している原因には、社会における激しい競争や仕事のストレスなど、男性の生活環境が大きく関わっているとみられている。(翻訳・編集/津野尾)


こういう状況って、
環境汚染や食物汚染が関わっていたりして。
というわけで、
私のもう一つのブログ、アジアン迷路右往左往では、
今回も「痩肉精」ネタを取り扱っています。
あわせて見てください。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

【2011/03/31 20:02】 | 中国
トラックバック(0) |


切れ込み隊長
この問題は、日本も深刻だろうと思うんですよ。

小生の会社で小生の周囲に居る既婚者のうち、労せず子宝に恵まれたのとそうでないのと、おそらく半々、とまではいかないまでも、それに近いような状況と思います。
普通に結婚をし、更に子宝に恵まれるというのが極めて「普通」ではなくなったなぁと改めて感じてます。
因みに、イイ歳をぶっコイても未婚のヤツもかなりいます。
子孫を残しづらくなった世の中になりました。

小生は学生時代に生中でガンガンやってた時期があっても全然妊娠しなかったんです相手が。だから、俺は種無しやな、と思ってたんですが恵まれてラッキーです。

中国では、ガキを作ろうとしても出来ない、というのはあまり小生の周囲には居ません。子供が居ないのはDINKSの場合が多いような気が。中国も変わりましたよ。あと10年すれば、もっと変わっていくことと思います。女の娘のほうが重宝がられる時代になるかもしれませんね。



トルファン
この問題、日本も深刻なのかなあ。
中国ほど、子供を欲しがっていないのではないかな、日本は。
確かに、日本でもせい子云々の話はよく聞きますが、
深刻度の度合いは、中国のほうがはるかに上のような気がします。
当事者ではないので、暢気なことを言ってますが。
まあ、今の日本や中国の事情を考えると、
子供を育てるのは、あまりいい環境ではないように思います。
とくに日本は、かつて、職人と呼ばれる人たちは、
ある意味、とっても、尊ばれていましたけど、
そして、それこそが学歴社会に風穴を開ける存在だったわけですが、
そういう風潮がきえつつありますしね。

それにしても、中国、とくに農村部は、
典型的な男尊女卑社会でしょう、今でも。
変わるんでしょうかね、こんな現状が...。

コメントを閉じる▲