旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
公明党の慚愧

情けないといえば、今回の選挙で一番情けないのは、
もしかすると、海部俊樹元首相ではないかと思っています。
仮にも元首相たるものが、
首相退任後、あっちの陣営、こっちの陣営と渡り歩いて、
あげく、古巣の自民党から再任を賭けて立候補し、
惨敗するという姿は、ちょっと悲しい姿を通り越して、
無惨としかいいようがないように思います。
頂点を極めた者は、引き際もきれいにする、
日本人でなくとも、誰もが感じることではないかと思います。

というわけで、
まくらに海部さんを使ってしまいましたが、
本当は一番情けないのは、残念ながら公明党なのでしょう。
私は、宗教と政治が重なって悪いとは思っていません。
しかし、宗教をバックボーンに持つ政党が、
安易に権力にすり寄り、
倒れかかった権力を支え、
なおかつ、権力の中で自分達のやりたいことを見失ってしまったことに、
ある意味、滑稽さすら感じます。
「生活を守り抜く」という公明党のポスターは、
ほとんどジョークにしか思えません。
今から9年以上前ですか、
森喜朗内閣を支えるべく連立政権に入ったわけですが、
屋台骨がいかれだしていた自民党を、
なんとか、10年近く生かし続けたのは結局、公明党なんでしょう。
この間、いったい、公明党は「生活を守り抜く」ため、
いったい、自民党にどんな歯止めをかけてきたのでしょう。
安全保障の問題にしても、
本来、公明党が堅持してきたことを、
連立という名の下に意図も容易くかなぐり捨ててしまいました。
公明党が公明党たることを捨てたとき、
いかに堅固な集票マシーンを持っていたとしても、
泥舟とともに沈んでいくのはわかりきったことだったんだと思います。
公明党は代表以下、主立った幹部が軒並み討ち死にしています。
自民党もそうですが、公明党こそ、今後、どこに照準を合わせて、
政界に居続けるつもりなのか、
いや、その存在の危うさは、自民党以上ともいえます。
はたして、野党になっても、自民党と良好な関係を持ち続けるのか、
まあ、この10年近くのあいだに、
民主党とのパイプは完全に断絶してしまっているわけですから、
かつて、肩を並べたように、民主党とつきあっていくことはできないでしょう。
かつての社会党も、自民党との連立という虎の尾を踏んだおかげで、
見る影もない小勢力になってしまいました。
公明党の未来にも、その影が迫っていることを、
公明党のみなさんは、理解しておいたほうがいいのではないかと思います。

かくして、2大政党制に収斂していくのでしょうかね、この日本は.....。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/08/31 20:28】 | つぶやき
トラックバック(0) |


南昌
かって某政党の幹事長が「毒饅頭喰らったか!?」と吠えて引退したのを思い出します。

でも結果論としては毒饅頭喰らって再起不能の瀬戸際まで追い詰められたのは公○党と創○学会なのかもしれませんね(藁



アモイひろし
執行部が変われば方針も変わり、厚顔無恥な公明党ですから徐々に民主党に歩み寄ると思います。一度与党の味を知った公明党は何でもやるでしょう。

その時になって「友愛」で連立など決して組まないように。


水中風来坊
恐れながら・・・、小生はトルファンさんの『宗教と政治が重なって悪いとは思っていません。』というご意見とは違います。
政教一致が憲法違反だとか難しいことは言いません。

宗教というものは、おおかた、異教徒を、業界用語で言う、折伏し、自分たちの宗教に改宗させ、究極的にには、全人類を信徒にすることを目的とします。
また、草加学会は会長を個人崇拝する宗教であり、その会長が国会に呼ばれないようにすることが、最大の目標のようです。

小生は強制されて学会に入りたくないです。
これらの目的だけのために存在する政党が『生活』だの『平和』だの、と無理して謳っているから、今回のような事態を招いたと思います。



トルファン
南昌さん*
>再起不能の瀬戸際まで追い詰められたのは公○党と創○学会なのかもしれませんね(藁

私もそう思います。
まさか、いかんざき氏の再登板なんてこと、考えていたりして、w。
今になって思うのは、公明党は、自民党と連立を組んでから、なんとなく攻撃的になったように思いますね。
権力を持つと、そういう側面も現れるのかもしれません。


アモさん*
公明党が民主党に歩み寄ったとき、民主党がどういう態度に出るか、ちょっと見てみたい気がしますね。
たぶん、民主党は、簡単に袖にすると思うのですがどうでしょう。
かつて、市川という書記長がいた頃の公明党は、
小沢氏とは良好な関係でしたが、
たぶん、どこかの段階で小沢氏は、完全に公明党を見限っているんだと思います。


トルファン
水中さん*
水中さんの宗教に対する見方、厳しいですねえ。
たしかにおっしゃるように宗教は、個人崇拝や攻撃的な布教という側面を多分に内包しているとは思います。
しかし、本来の宗教の持っているものは、そういうところとは一線を画したものではないかと私などは思います。
宗教をどう定義するか、これはとっても難しい話でして、
これを語り出したら、私なんぞは、延々しゃべり続けてしまいそうですが、
ただ、宗教の本質は、弱者とどう関わるかにということにあるんだと思います。
キリスト教もイスラム教も、あるいは仏教も決して人を生かし続けるには楽な土地で生まれたのではありません。
むしろ、荒涼とした土地で宗教は生まれたと思います。
人が生きにくい土地でどうやって人は生きていかなければいかないか、という命題を抱えて生まれて来たのが宗教ではないか、そんなふうに思います。
そういう点では、中国における道教もそういう側面を多分に持っているのではと思います。
道教の成立も、戦乱で荒廃した中国がキーワードであると思うからです。

その点、日本は、じつは大人口を養えるだけの、いわば人間の生きやすい土地であるといえると思います。
日本人の中の宗教観が、他の国々とはちょっと違うのはそういう恵まれた大地で生きてきたからだと、そんなふうに思ったりします。

どうも、話が逸れてしまいましたが、苦笑、
攻撃的な宗教というのは、本来ある宗教の本質ではなく、
むしろ、異端のリーダーが現れたときに起きる現象なのではと思ったりするのです。


コメントを閉じる▲