天衣無縫の水着

「天衣無縫」という言葉、
なんだか、自然体で豪快に生きる男の使うための言葉のようですが、
とくにそんな規定はないみたいです。
自然に、自由に、奔放に、ありのままで、
などという言葉が辞書には並んでいますが、
漢字的にいえば、天女の衣は縫い目がない、
ということになるのでしょうか。

そこで本日の画像に登場していただきたいと思います。
水泳界のおはなしです。

天衣無縫の水着

「天衣無縫」の水着を披露、中国の見本市で注目集める
     2009/04/23(木) 23:26 サーチナ

  23日付中国新聞社電によると、中国国家体育総局などが主催する体育関連用品の見本市、中国国際体育用品博覧会が同日、北京新国際展覧センターで始まった。

  同展には世界30の国と地域から、900社以上が出展した。ブランド数では3000以上という。
写真はイタリアのDIANA(ディアナ)・ブランドの競泳用水着。縫い目がなく水の抵抗を少なくしたことも、特徴のひとつという。中国では「天衣無縫(天人の衣装には縫い目がない、転じて、すなおで自然であること)」の言葉も使われるだけに、「無縫水着」には注目が集まったようだ。

わたしとしては、この水着の女性の愛らしさと、
そして、水着にくっきりと写る乳首のあとに関心がいってしまいます、苦笑。
是非、画像をクリックして拡大してご覧下さい。


スポンサーサイト
テーマ: 水泳 - ジャンル: スポーツ