旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
20081230223618
年末、不景気の煽りを受けてダメかなあーとおもいましたが、何とか昨年なみは維持出来たようでホッとシテイマス。なにはともあれ今年もあと1日、最後の画像はやはりこれしかないですね。携帯からの画像で失礼いたします。
スポンサーサイト

【2008/12/30 22:36】 | 未分類
トラックバック(0) |


アモイひろし
和菓子は不況に強い業界だというのが私の長年の持論であります。会社の日本人同僚で奥さんが高松の実家でケーキ屋さんをやっていますが、子供会やら地域の催し物プラスリピーターでやはり昨年並みを維持したようです。

Re: タイトルなし
トルファン
アモさん*
和菓子は不況に強い...かどうかはさておき、
すくなくとも、和菓子屋は減る一方です。
最大の要因は、後継者難ということになりますが、
後継者がいないということは、それだけ魅力に乏しい職業であることの裏返しなのかなとも。
まあ、和菓子屋が減れば、
生き残ったところがそのパイをいただくわけですから、
家業努力をしていれば、食いっぱぐれはないとも思えますが、藁。
ただ、日本人の価値観が、
ずうっといい学校へ行って、いい会社や公務員になって....
になってしまっているみたいですから、
職人という言葉が魅力的に響いてこないのは確かなのかもしれませんね。
かつて、日本人は、とっても職人を大切にしてきたはずなんですがねえ。


コメントを閉じる▲