旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
20081129220156

昨日、夜9時過ぎ、無事日本に戻って来ました。
戻って来た途端、「こくどら」を焼くハメになっていましたが、苦笑。
今回の旅の詳細はおいおい紹介していきますが、
帰りの飛行機では久しぶりにタラップから乗り込みました。
上海浦東空港は新しいターミナルが運用を開始していましたが、
暫定開業のためあっちこちが工事中でした。
もしかするとタラップ使用もそのため?笑っ。
それにしてもターミナルから10分も離れた所に駐機するな、
ターミナルが霞んで見えた、藁。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/11/29 22:01】 | 08 上海・蘇州晩秋の旅
トラックバック(0) |


オビ=ワン・ケノービ
お帰りなさい!機体も少し古めのような・・・。
今の時代、タラップから飛行機に乗れるなんて羨ましい限りです。またタラップから飛行機に乗ってみたいです。


トルファン
オビワン氏*
A300-200でした、この飛行機。
200人程度の客席数でしたが、満員でした。
とくに帰りは、日本人ビジネスマンが多かったですねえ。

タラップで飛行機に乗り込むのって、
ある種、旅情を感じるのは私とオビワン氏だけかな?


忍豚
おかえりなさい♪
私も今年のベトナム旅行と石垣島旅行では、現地の空港でタラップで乗り降りしました(^^)v
ベトナムでは国内線に乗り換えた時で、さすがにホーチミン空港の国際線では違いましたけどねw

ニン、トン♪【⌒(・・)⌒】


トルファン
忍豚氏*
中国の国内線なら、けっこうタラップを登る機会はあるんですよ。40人乗りの双発機にも乗ったことがありますし。
でも、国際線ですからねえ、浦東空港は.....藁。


切れ込み隊長
え?
国際線だろうとなんだろうと、タラップ乗り降りは中国じゃ結構当たり前ですぜ...
さすがに最近は少なくなりましたがw

コメントを閉じる▲