旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
まだ、6月の上海ネタが残っていますので、
そろそろ出し尽くしいと思います、w。

というわけで、雨のそぼ降る上海は南京東路。
ちょっと脇道に逸れると、盛り上がっていました、朝っぱらから。
ぼや1

消防車は万国共通なのか、すぐにわかりますね。
時間は朝9時頃でしょうか。

ぼや2

やはり、レストランが火元のようですね。
あまり殺気立っていないというか、落ち着いているというか、
もうほとんど鎮火してしまっているのでしょう、
緊迫感がゼロでしたが、
調子に乗ってカメラを向けている私は、
公安の白バイに轢かれそうになりました、w。

ぼや3

私を轢こうとしたのはこのうちの一台です。
よく見ると、みんな日本製?
もしかして、パクリバイク?
まあ、性能を重視すれば、やはり、中国製は使えないか。

ぼや4

というわけで、朝の上海は公安も暇なのか、
私が数えただけで8台のバイクがレストランのぼやに終結しました。
それともなにか付随して事件でも起きたんでしょうかね。
公安にそれとなく何が起きたか聞いたのですが、
ジロッと睨まれて、そのあと少し苦笑いして無視されました、ハイ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/10/31 14:13】 | 08 上海・杭州の旅
トラックバック(0) |


切れ込み隊長
6月でしょ。
五輪前でしたし、上海も結構ピリピリしてましたよ。

実際、10人くらいの警官を刺し殺した事件も、バスガソ爆発事件も上海で起きましたし。五輪サッカー見に行った小生は何も起きなかったんでちょっと拍子抜けしましたが、スタジアムの周りは厳戒態勢でしたしね。

何度も言ってますけど、どうにもだらしねぇなぁウイグル人もようw


トルファン
>どうにもだらしねぇなぁウイグル人もようw
たしかにだらしない、w。
まあ、新彊ウイグル自治区そのものが、新彊漢族自治区になりそうなくらい、入植者が増えているから、
それも仕方がないのかも知れませんな。
漢族だって、西蔵か新彊かといわれれば、
誰だって新彊へ行きますっていうでしょうから、
入植者が増えるのも仕方がないかもしれないですけど。
どんどん、内モンゴル化して、多数派は漢族になって、
ウイグル人の独立闘争基盤は弱くなっていく.....。


コメントを閉じる▲