旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
米国の正副大統領候補が出そろいました。
民主党オバマ&バイデン、共和党マケイン&ペイリンです。

民主党が本当に勝ちに行くのなら、
無理をしてでもクリントン上院議員を選ぶべきだったとは思います。
実際は、オバマ・クリントン両陣営の間の溝というのは、
かなりふかいものがあったのかもしれませんが、
それでも、初の黒人大統領誕生のためには、妥協も必要だったのかもしれません。
ただ、クリントン氏がそれでもオバマは勝てないと踏んでいたのなら、
負け馬には乗りたくないでしょう。
4年後のラストチャンスにかける、ということかもしれません。
正直、米国ではたして黒人大統領の誕生が可能か?と問われれば、
まだ難しいといわざるを得ません。
この1週間でオバマ暗殺を狙った者が二人逮捕されています。
潜在的な白人と黒人の対立は根深いものがあるといえましょう。
は?バイデン氏ですか。
今回の民主党指名レースで早々負けてしまった人物を
あえて副大統領候補に指名するというのは、私には理解不可能です、藁。
それと、オバマ氏の奥さん、目立ちすぎです。
伝統的な保守層には絶対に受けないと思います。

共和党候補1
サプライズといえば、
とんでもなくサプライズが共和党マケイン氏が選んだ副大統領候補です。
サラ・ペイリン、当年44歳、5人の子持ち、
しかも、市議会議員から市長、そして、アラスカ州知事にまで
駆け上った見事なくらいの政治レディーです。
しかも、彼女、バリバリの保守派っぽいです。
なにしろ、日本では悪名高い?!全米ライフル協会のメンバーなのですから。
実際、彼女のしゅみのひとつがハンティングだとか。
アラスカ州の彼女の執務室には、
親父さんが撃った大きな熊の毛皮が飾ってあるとか。
他にはというと、
長男はこの秋、イラクへ出兵予定の米陸軍の兵士だそうですし、
人工中絶は絶対反対だとか。
彼女の次男は、ダウン症ということが、
出産前からわかっていたそうですが、
毅然として中絶を拒否して出産したとか。

とにかく、米国の政治の世界で勇名を馳せている女性は多々いますが、
そのなかでもかなり出色というきがします。
そうそう、アラスカのある市のミスコンの女王になったこともあるとか。
サラ・ペイリン
まあ、いままで日本で有名な政治レディーというと、
クリントン、元国務長官のオルブライト、そして現国務長官コンドリー・ライスがあげられますが、
たたき上げでしかもミスコン出身、
しかも、一時期、生業が漁業だったときもあるという、w、
なんともユニークかつ強そうなサラ・ペイリン女史に話題沸騰!
になりそうな予感もします。
ちなみに昨日の副大統領候補受諾演説を聴く限りでは、
そのパフォーマンスは、オバマ・バイデン以上のような気がします。
元祖鉄の女サッチャーが認知症になってしまった今、
新たなる鉄の女登場!.....かもしれません。

それにしても、マケインじいさん、狙いが鋭い!藁

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:海外情報

【2008/08/31 17:18】 | ニュース!ニュース!
トラックバック(0) |


切れ込み隊長
こういう人事は、本来民主党がやるべきだったんじゃないかと思うんですがw それを共和党がやったというのは、なかなか手強いなぁと。

小生は元々民主党はあまり好きではないですし、オバマ自身は話題性が先行しているちょっと(というかかなり)目新しいが危なっかしい候補だなと思っているのです。そこにバイデンって...そら無いやろ、と思うんですがねw

年齢が年齢だったら、小生はこの勝負、確実にマケインだと思ってるんです。黒人Xワスプというよりも、若者対70のじいさん、という気がしてならない。そこがそもそもの焦点じゃないですかね。

それと、やはりヒラリーはどうしようもないヤツだな、とw 
全くもって自分のことしか考えてない。本来ならば負けを早々に認めて候補の一本化に貢献すべきだったし、未だに自分が次回の選挙に勝つべくオバマの足を引っ張ってる。どんなに優秀な人材だろうが、大統領というか組織のトップとしての品性が無いと小生は思いますね。自分が何故「デキるのに」皆から支持されないか、というところに気づいてないんだろうか?多分、感づいてはいても、プライドがそれを許さない、認めたくはないんだろうな...。

それを考えると、夫であるビルはよくここまで結婚生活を維持してるもんだな、とw こんな嫁絶対イヤじゃ!


忍豚
ペイリン氏の写真

使用前(コレガ)→使用後(コウナル)

ですねw
ま、それはさておき、副大統領候補はバリバリ保守派でもいいんでしょうね。
パパ・ブッシュの時なんか、クエールという保守派で、しかも知能足りなそうなヤシでしたからw
ただし!・・・不吉な予想ですけど、マケインの年齢を考えた場合、大統領の激務によって任期途中で・・・、なんて可能性も(;^_^A

ところで民主党側のバイデン副大統領候補ですが、確かこの人は親中派ですよね?
2001年に現ブッシュ政権発足早々、共和党の上院議員から一人造反者が出て、上院外交委員長がそれまでのバリバリ反中親台(ついでに反国連)のジェシー・ヘルムズからこのバイデンに代わったと記憶してます。
ついでに、オバマも以前、中台関係については「現状維持」を表明してました。
中台湾関係からすれば、どちらが大統領になっても変わらないでしょうか?
保守派のペイリン氏は、あるいは反中かもしれませんが、マケイン自身はどうでしょうかね?

ニン、トン♪【⌒(・・)⌒】


トルファン
隊長殿*
私、今回の民主党の候補選びで、
オバマとヒラリーが人気を分けたという時点で、
またしても、民主党敗北?なんて気がしました。
ちょっとマスコミ受けが良かったからと勘違いして、
妙に国民受けするような政策を並べてるけど、
意識があまりに低所得者層へ行きすぎているように思います。
たしかに低所得者層対策も大切ですが、
それより今、米国に必要なのは、
ビックスリーを中心とした国内の基幹産業を
どう生き返らせるかなんだと思います。
そのあたりの視点が全然ぼけていて、
福祉だの減税だのといっても人気取りの一時しのぎにしか見えないんですけどねえ。
まあ、どこかの国の自民党も某宗教政党に引きずられて、
定額減税に手を付けようとしていますが、藁。

ヒラリーに関しては、もあう勘弁してくれっというかんじ、w。
あの人、結局、自意識が強すぎるというか、
女性という意識が強すぎるというか、
本来、政治家であるならば、
必要以上の女性意識は排除しなくてはいけないのに、
常にそれわ振りかざしている。
私は 出 来 る お ん な なのよと。w
ビルももうヒラリーの後ろを歩くのは止めた方がいい、藁。




トルファン
忍豚氏*
マケイン氏、たしかに高齢ですけど、
軍人上がりの政治家はけっこうしぶといですからねえ。
どこかの某中曽根御大もいまだ頑張ってしますし、藁。
まあ、途中でぼけたり、死んだりして、
副大統領の昇格というのも見てみたい気がしますが。
というか、もしかして、マケイン氏は、
4年で降りるかもしれませんね。

中台関係についてですが、
今、台湾の馬氏が中国との宥和政策を実行中ですから、
あえて、これにくぎを差す勢力は、
いまの米国には少ないと思いますよ。
米国は、双方の軍事力が表に出てきたときだけ、
第7艦隊を派遣するわけですから。
今の中国は、台湾が媚びてきている限りは、
軍事力なんて選択肢を用意しませんから。
それと、米政界は、保守派=反中というわけでもないので、ペイリン女史が反中というわけでもないでしょう。
米国の場合、
知事を務めたりする人は、
あえて、反中とん反日なんていう色には染まりたくないでしょうから。



プク娘
マケインですが、こちらではブッシュアレルギーからどうしても不利になりがちです。 党大会にブッシュが来ないと言い出して、むしろその方が有益ちゃうか、といわれたりもしました。
彼は強烈に経済オンチで、そこをとにかくたたかれまくり(汗 しかも大統領になったら、教科書から進化論を削除するんちゃうかとも言われております(滝汗

ランニングメイトの彼女も、今17歳の娘さんが妊娠中、ということで、物議をかもしまくり。これからどんどんホコリをたたかれ、痛かろうと痛くなかろうと腹をさぐられまくる毎日が待っております。

オバマも少々いらんことを言ったりして、まだもう少し期間がありますから、どちらに転ぶかはまだわからないと私は見ております。
でも3年後の景気回復を願う私としての希望は、オバマ。選挙権ないから無意味ですがww

ちなみに、マケインを変換したら、最初に「負け印」と出ました。…縁起悪い。


トルファン
プク殿*
本当なら、絶対じじいよりオバマなんだと思います。
とりあえず、ヒラリーを破ったんですから。
でも、そうはいかないのが米国なんだなあと思います。
支持率はいまだ少しオバマが上のようですが、
大統領選は、討論会でけっこう支持率がひっくり返ったりしますから、全然、オバマ陣営はセーフティーリードしているとはいえないでしょう。

さて、マケイン氏。
なにしろ、アル中だったブッシュでも大統領になれちゃうわけですから、多少経済音痴でも許せちゃうかもしれないのが米国だと思います。
ようはいかに優秀な取り巻きが彼につくかということだと思います。
ペイリン氏については、最初のうちはいろいろスキャンダラスな記事が出てくるとは思いますが、
それらも織り込み済みでマケイン陣営は彼女を選択したのだと思います。
伝え聞く限りでは、かなり、男勝りの女性のようですし、
17歳の娘が妊娠しているくらいでジタバタする器ではないとは思います。
問題は、やはり討論会のような気がしますね。
とりあえず、相手は海千山千のバイデン氏ですから。
ただ、調子に乗ってバイデン氏が墓穴を掘りそうなかんじもするのですがどうでしょう。
私の現在の予測では、マケイン当選ではと思っていますが、個人的にはオバマを応援したいですね。
米国が変わる!ならやはりオバマしかないと思っていますから。

コメントを閉じる▲