貴州省で暴動

貴酬暴動

中国・貴州で数万人暴動 少女殺害捜査に不満 公安庁舎に放火
2008年6月30日 中日新聞 朝刊【貴陽(中国貴州省)=小坂井文彦】
 中国貴州省甕安(おうあん)県で28日午後、中学2年生の少女(15)に対する強姦(ごうかん)殺人事件の捜査に市民が不満を抱き、数万人が県政府や公安局の庁舎を襲撃する暴動が発生した。報じた香港紙各紙のうち「明報」によると、警官の発砲で市民1人が死亡した。
 中国では近年、当局の不正に対する抗議行動が各地で相次いでいるが、数万人規模の暴動は異例。国営新華社通信も暴動発生を報じ、8月に北京五輪開催を控える胡錦濤政権にとって看過できない事態となった。
 少女が今月下旬に殺害された後、公安当局は無職の男2人を逮捕したが、翌日釈放。捜査状況と死因を当局に問い合わせた少女の家族は警官に殴られて病院に送られたという。
 インターネット上では、「逮捕された1人は副県長の息子だから釈放された」と書き込みされ、怒った少女の同級生が抗議行動を起こし、市民数万人が加わって暴動に発展した。公安局庁舎が放火され、1階から3階まで全焼。警察車両など十数台も燃やされ、周辺には黒煙が上がった。
 消防車が駆け付けたが、学生たちはおので消火栓を壊し消火活動を妨害。警官隊は催涙弾を発射して威嚇したが、暴動は29日未明まで続いた。
 暴動鎮圧のため武装警察が動員され、市民約150人が負傷、中学生約30人を含む約200人が拘束されたという。
 同県では、少女のほかに複数の女子生徒が殺害されているが、捜査が進んでいないとの情報もある。


まだ、本当のところどの程度の規模の暴動なのか、
詳報がわからないのですが、
かなりの規模の暴動であることはまちがいのないようです。
仮にこの時期に万単位の暴動が起きたとすれば、
北京五輪を目前にした中国としては、かなりイメージダウンです。
ただでさえ、四川地震や南部の洪水などで、
海外からマスコミが多数入ってきているわけで、
こういう事件については、ことさら敏感に反応すると思います。
まして公安がらみというと、
近年起きている中国の暴動のパターンとほぼ同じです。
中国のおける公安の力は絶大であり絶対です。
貴州省といえば、
残念ながら中国でも最貧地区のひとつですし、
先日の豪雨の影響も受けていることでしょう。
様々なストレスが折り重なって、あげく、
公安の不正という最大のストレスが加われば.....。
一部では暴動は鎮圧されたという報道もありますが、
今の中国、大都市よりも地方がより多く火薬庫を抱えているということなのでしょう。

スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報