旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
貴酬暴動

中国・貴州で数万人暴動 少女殺害捜査に不満 公安庁舎に放火
2008年6月30日 中日新聞 朝刊【貴陽(中国貴州省)=小坂井文彦】
 中国貴州省甕安(おうあん)県で28日午後、中学2年生の少女(15)に対する強姦(ごうかん)殺人事件の捜査に市民が不満を抱き、数万人が県政府や公安局の庁舎を襲撃する暴動が発生した。報じた香港紙各紙のうち「明報」によると、警官の発砲で市民1人が死亡した。
 中国では近年、当局の不正に対する抗議行動が各地で相次いでいるが、数万人規模の暴動は異例。国営新華社通信も暴動発生を報じ、8月に北京五輪開催を控える胡錦濤政権にとって看過できない事態となった。
 少女が今月下旬に殺害された後、公安当局は無職の男2人を逮捕したが、翌日釈放。捜査状況と死因を当局に問い合わせた少女の家族は警官に殴られて病院に送られたという。
 インターネット上では、「逮捕された1人は副県長の息子だから釈放された」と書き込みされ、怒った少女の同級生が抗議行動を起こし、市民数万人が加わって暴動に発展した。公安局庁舎が放火され、1階から3階まで全焼。警察車両など十数台も燃やされ、周辺には黒煙が上がった。
 消防車が駆け付けたが、学生たちはおので消火栓を壊し消火活動を妨害。警官隊は催涙弾を発射して威嚇したが、暴動は29日未明まで続いた。
 暴動鎮圧のため武装警察が動員され、市民約150人が負傷、中学生約30人を含む約200人が拘束されたという。
 同県では、少女のほかに複数の女子生徒が殺害されているが、捜査が進んでいないとの情報もある。


まだ、本当のところどの程度の規模の暴動なのか、
詳報がわからないのですが、
かなりの規模の暴動であることはまちがいのないようです。
仮にこの時期に万単位の暴動が起きたとすれば、
北京五輪を目前にした中国としては、かなりイメージダウンです。
ただでさえ、四川地震や南部の洪水などで、
海外からマスコミが多数入ってきているわけで、
こういう事件については、ことさら敏感に反応すると思います。
まして公安がらみというと、
近年起きている中国の暴動のパターンとほぼ同じです。
中国のおける公安の力は絶大であり絶対です。
貴州省といえば、
残念ながら中国でも最貧地区のひとつですし、
先日の豪雨の影響も受けていることでしょう。
様々なストレスが折り重なって、あげく、
公安の不正という最大のストレスが加われば.....。
一部では暴動は鎮圧されたという報道もありますが、
今の中国、大都市よりも地方がより多く火薬庫を抱えているということなのでしょう。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

【2008/06/30 12:43】 | 中国
トラックバック(0) |


切れ込み隊長
暴動ってのは基本的に後先を考慮する必要の無い人間、つまりかなり切羽詰った人間がやるものですが、これは如何なんでしょうか。

小生は、今の中国には政府転覆を図るの類のデモだの暴動だのって起き得ないと思うんです。第一に、人民は既に食うには困っていないこと。命を捨てる必要性が無いんです。第二に、共産党以外の政党を知らず、王朝政治以外の政治体制を知らないこと。アタマん中に「幽霊」という概念の無い人が幽霊を見るはずが無いんです。だから皇帝の居ない政治なんて想像も付かないんですね人民の皆さんには。

だからやはり日ごろからの警察に対する鬱憤がかなり溜まってたせいなんだろうな、と思うわけです。小生も中国の警察をはじめとする役所関係は、全て腐ってますからね。一番身近かつ権力の強いトコに不満が行くのもまぁ当然なのかな、と。

だから小生はこの件たいしたこと無いと思うんですけど、コキントウは今やポピュラリストですから、こうい小さな件でも大ナタを振るう可能性はありますね。



トルファン
隊長殿*
もし、革命を起こそうとしているなら、
説破詰まらないと起きないでしょうね。
ただ、中国の場合、説破詰まらなくても起きてしまうことがある、藁。
中国ではルーマニアのようなああいう自然崩壊的な人民革命は起きえないでしょうが、
人民の不満を吸収できるようなカリスマ性を持った指導者が出てくれば、
意外と中共もひっくり返るような気がしますが...いかがでしょう?w
貴州の田舎でたとえ万単位で暴動が起きても、
それが直接中共の屋台骨を震わすとは思えにくいですし、
今回の暴動でも、ターゲットは中共ではなくてあくまでも末端の権力者達です。
彼らを粛正すれば、おのずと暴動の火種は無くなります。
ですから、地方がたまに暴発しても、
たとえ、それが万単位の暴動でも、
責任の所在がその地方の官吏だけに留まる限りは、
とりあえず、食うに困っていない人民は、
中共をひっくり返すというところまではいかないんでしょうね。

隊長の言うように、
中国の人は、いまだ清朝のあとは中共王朝位にしか思っていないのでしょう。
でも、王朝に統治能力が無ければ、
次の王朝へとすげ替えるだけの力はあると思います。
胡錦涛はおっしゃるとおりポヒュラリストになりつつありますから、
人民のそういう怖さは百も承知しているはずです。
なにしろ、国民党はあっさりとすげ替えられてしまったのですから。


沒@ボツリスト♪
胡錦濤はポピュラリストでもポヒュラリストでもなくって、ポピュリスト。って、どーでもeけど♪


アモイひろし
カリスマは小平が最後で、これから先は出てきそうにありません。私も一番身近でイヤな連中ってマフィアでもチンピラでもなく、公安・武装警察・工商局・労働局ですもんw
こいつらホントに弱いものいじめだし、政権がひっくり返ったら人民に真っ先に血祭りにあげられるのではないかと。
一部で馬英九主席待望論があるんですが、無理っぽいですね。


トルファン
沒 殿*
すんまへん、お恥ずかしい話して.....。

アモさん*
中共からは、カリスマを持った人なんか出てこないでしょうね。
もしかして、雷峰みたいな人が忽然と地方に現れ、
教祖様みたいになったりして。
まあ、米国でヌクヌクしている法輪功の教祖様じゃあ、
中国を救えないなあ。
とりあえず、受難がないと.....w。

まあ、中共が生き残るためには、
いかに末端にいる土皇帝達を粛正するかにかかっていると思いますな。
おざなりにしていると、いつか火の粉は中共の本丸に来ると私は思っています。
景気がいい今は表面化しないでしょうが、
景気が後退局面に入ったとき、そのときが正念場なんでしょうね。



FENG YI
 貴州は苗族がとても多く住む地域です。
今回暴動が起きた地域は貴州の南部、「黔南」と呼ばれる地域です。
地元の連中からここ数年聞いてきた情報を総合すると、
一般的に黔東南、黔南、黔西と呼ばれる地域は苗族の人口の割合が高く、
黔北は漢族が多いのだそうです。
また東南と南部の苗族は、貴州の他地域または他の省の苗族と比べても、
外部からの客人を喜んで受け入れ、もてなすのが大好きで、
実際とても温和で穏やかな雰囲気があります。
それはつまり外部から入る様々な出来事に対処することに慣れている
ということだと思います。
その彼らを怒らせるということは、どういうことなのか?
…考える必要があるでしょうね。

 ただまだまだ貧しい地域であることは確かで、
私が定宿にしている東南部の友人宅も、集落には年寄りと子供ばかり。
若者は中学校を出るとほとんど出稼ぎに行ってしまいます。

 いずれmixiの日記にも友人の集落の様子を書きますが、
この地域の役人の汚職や収賄の様子は、
90年代前半の私が住んでいた当時の上海そっくりです。
それに昨今の物価上昇による不安感、外からの情報の大量流入など
加味しなければならない要素もいっぱいありますね。

 この話を大都市の連中(当然漢族)に振ると、特に40歳以上の人は
「自分達だって昔は貧しかったんだ」
と言って、暗に彼らの思慮と努力が足りないというような事を言います。
でも、昔のように皆が貧しかった時代と、
今の貧富が混交している状況では、人々の感じ方が確実に違うと思うのです。


 とりとめのない話ばかりになりましたが、この小さな現象、
中国はこうした小さないざこざに化学変化が加わり、
当初予想もしなかったような大きなエネルギーになって、うねりを起こしてきた歴史がある国です。

 そうでなくても、苗族は秦の時代から漢族に追い詰められて
中国の西南部の山間部に住むようになったという経緯があります。

過小評価すると、大変なことになるかもしれませんね。


トルファン
FENG YIさん*
>一般的に黔東南、黔南、黔西と呼ばれる地域は苗族の人口の割合が高く、
日本のマスコミの報道でじつはずっと気になっていたのですが、
今回、暴動があった地域がミャオ族やプイ族の多く住んでいる地域だということをまるで紹介していないんですよね。
貴州省甕安県という紹介の仕方しかしていません。
本来なら貴州省黔南プイ族ミャオ族自治州甕安県とすべきではないかとずうっと思ってました。
ささいなことなのかもしれませんが、どうも釈然としません。
確かに全部書くと長すぎるとは思うのですが、
プイ族ミャオ族自治州であるということを知らせると知らせないとでは大きな違いがあるのではと思ってしまいます。
詳細はわかりませんが、この暴動が漢族と他の少数民族の対立に根があるとしたら、とつい考えてしまう私のようなやからは、こういう中途半端な報道はなんともイヤなんですよね。

中国の現状ということを語り出すと、
本当にいろいろなところへ話が言ってしまうのですが、苦笑、
私が最初に中国へ行った頃、
やっと中国が文革の痛手から立ち上がろうとしていた頃でした。
ですから、北京でも上海でも東京から来た私にすれば、やっぱりとても貧しかったです。
地方を旅しても同じような貧しさがありました。
ところが、1990年代中頃から、
小平の先富論のせいなのかもしれませんが、
都市住民の一部や上手く立ち回った末端の郷鎮の幹部らが続々と金持ちになっていきました。
万元戸なんて今でこそ死語ですが、当時はさすがに変わりつつあるなあと実感したものでした。
1996年でしたか、
私は湖南省の土家族が住む町にいたのですが、
貴州省の国境にあるところですから、
なんとも田舎じみた貧しい、でも居心地のいい町でした。
そんな町でも、テレビでは広州や上海の町の様子が流れており、こういう番組を見ているこの町の人はどういうふうに思っているのだろうかと思ったりもしました。
1980年代はみな同じように貧しかったのに、
気がついてみたらいつのまにか自分たちは取り残されていた、
そういう焦燥感が中国各地、とくに地方で繰り返される暴動の根底にあったとしたら、いつか大きなうねりになるのではないか、そんなふうにも思えてなりません。

急成長をとげている中国ですが、
世界の経済が狂い出せば、
中国とてその波に飲み込ませるのは必然です。
日本の場合、急成長が終えんしたとき、
まさに総中流社会などとよばれ、格差が思いのほかありませんでした。
中国の成長が止まったとき、
もし、総中流社会が出来ていなかったら、
底辺から大いなるエネルギーが勃興してきそうな気がするのですが、はたして.....。


コメントを閉じる▲