旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
あられ杵築

というわけで、長らく続いた大分杵築の旅も最終回です。
最後は、やはりお菓子で締めくくりたいと思います。
上のお菓子は、杵築の町の主婦連が作ったあられです。
雷おこしが固まっていないパラパラのものと思っていただいていいでしょう。
素朴な味わいで、しかも、砂糖は三温糖を使っているようなので、
ちょっとしたこくがあります。
なかなか美味しかったです。
さすが、地元の主婦の皆さんです。

プリンドラ

つづいては、大分空港でゲットした、
なんと由布院の創作和菓子「プリンどら焼き」。
つい衝動買いしてしまいましたが、
考えてみたら、プリンの食感とどら焼きの皮はやっぱりミスマッチかなと思います。
うちのかみさんは、カラメルのちょっとした苦みがアクセントでいいといいつつ、
全部食べてしまいましたが、藁。

かくして、この旅、大団円であります。w
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

【2007/03/31 18:56】 | 日本の旅
トラックバック(0) |


アモイひろし
なんだこれー? プリンどらって。邪道じゃない?
で、うまかったですか?w かじった時にぷりんがぐちゃぐちゃになりそうなのと、皮とぷりんじゃ硬さが全然違うから茶碗蒸しと食パンを一緒に食ってるもんじゃないかと。

カリフォルニア巻きの寿司みたく、外人さんには受けるかもね。


トルファン
アモさん*
わたし的には、なじめない組み合わせでした。
一ヶ食べてパスしました。
普通の日本人にはちょっとねえ。
というわけで、うちの奥さんは普通でない、藁。


忍豚
「プリンどら焼き」とは、随分珍しいですね^^
お菓子でもなんでも、新しい味や感動というのは、えてして邪道から生まれたりするモンなんでしょうw

そういえばトルファンさんにはお話しましたっけ?
去年トルファンさんのお店で買った生菓子とくろどらを台湾人のマイミクさんたちにあげたところ、くろどらの方が大人気でした(^^)/▽☆▽\(^^)
生菓子の方が細工が美しくて人気があると思ったんですが、どうもドラえもんの影響らしいですねw

ニン、トン♪


トルファン
忍豚氏*
台湾では銅鑼焼という名称でとてもポピュラーですから、
とっつきやすかったのかもしれませんね。
でも、銅鑼焼って書くと、なんだか違う食べ物みたいですな。


忍豚
>でも、銅鑼焼って書くと、なんだか違う食べ物みたいですな。

香港の銅鑼湾名物?www

ニン、トン♪

コメントを閉じる▲