最後はやっぱりお餅!

石臼

今年最後の更新になります。
市井の和菓子屋さんは、クリスマスが終了すると、
いきなりお餅作りに追われます。
もちろん、お正月のお餅です。
最近は、お米屋さんの廃業するところが増えていますので、
つきたてのお餅というと、やはり和菓子屋しかありません。
といっても、お米屋さんのお餅はつくのではなく、
ひねりだしというか、すりつぶすわけですから、
実際には、ついてはいないところがほとんどでしょう。
お供え

というわけで、
お正月、是非、和菓子屋さんの杵でついたお餅を食べてみてください。
ちなみにお餅を食べるという習慣は、
東アジアでは日本だけといってもいいと思います。
昔、中国福建省あたりではあったようですが、
はたして今は残っているかどうか。
それと、インドネシアではあると言う話を聞いたことがあります。
いずれにせよ、お餅という食文化は、
日本の独特なものと思っていいのでしょう。
保存食としてのお餅も重宝します。
いろいろな食べ方にトライするのも一考ではないでしょうか。

今年もこのブログに遊びに来てもらって有り難うございました。
来年も性懲りもなく食べ物中心の内容で、
なおかつ、東アジアに注目しつつ、書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。

良いお年を.....
スポンサーサイト
テーマ: 和菓子 - ジャンル: グルメ