青梅

6396

 この5月は、五月晴れといえるような気持ちのいい天気は余りなかったように思いますが、
それでも、今朝は、かなり清々しい朝です。
朝からパソコンに向かっている余裕は、
本当は和菓子屋には無いはずなのですが、
実際には、余裕をかましています、w。

最近、目覚めが良すぎて困ります。
今朝なんか、用もないのに5時半に目が覚めてしまいました。
別にサッカーを見ようとして、あげく起き損ねたわけでもないです、w。
まあ、昨夜寝てしまったのが10時半ですから致し方ないですが、
先日、遮光用の分厚いカーテンを買ってきたのに、
それでも起きてしまうと言うのは重傷かもしれません。
単に年取ったからかもしれませんが、
まさか自分がこんな体質になるとは思いも寄りませんでした。

そういうわけで、
朝早く起きてしまったので、
今日から、青梅を販売することにしました。←意味不明、w。
うちの青梅は、よそと少し違うかもしれません。
まず、日持ちがしない.....苦笑。
これは、ういろう生地を使っているためで、
求肥と違って作ってから2日が限界...と決めています、w。
そして、中のあんこ。
白餡にちょっとだけ水飴を加えて練り込んだ餡を完全に冷まして、
そこに青梅の甘露煮の果肉を刻んだものを混ぜ込みます。
これでまた日持ちがしなくなる、w。
それでも、甘露煮の梅のさわやかさが餡に加わり、
個人的には、大好きなお菓子の一つとして仕上がっています。
販売期間はおよそ1ヶ月。
一期一会というとおおげさですが、
ほんまもんの季節限定であります。
やっぱり、今だけよとか、とかちょっとだけよとか、
そういうーのは魅力的!?だと思います、藁。
スポンサーサイト
テーマ: 和菓子 - ジャンル: グルメ