再録シリーズ2  一度は喰ってみたい  04.3.10

20040310200412.jpg


 というわけで、中国は内モンゴル自治区フフホトから
車で3時間あまりの草原で我々一行は華麗なる草原体験をしたわけです。
このときの即席ツアーメンバーは、フフホトで出会った香港の大学生10数人、
我々北京からの短期留学生6人、そして、
偶然紛れ込んだ日本からの中国語のしゃべれないバックパッカー2名の大所帯でしたが、
香港大学生と妙に気が合いまして、楽しいツアーになりました。
ただひとつ、心残りは、写真のような子羊の丸焼きが食べられなかったこと。
中国共産党の幹部当たりが食べたのでしょうが、
一方の我々のツアーの食事は、ゆで羊。
しかも一人一人蒙古ナイフももたされまして、
かたまりをむしって食うと言うワイルドなものでした。
ただ岩塩の質が良かったのか、思いの外、美味しくいただきました。
でも、やっぱり子羊の丸焼きがいいです。丸焼きといえば、それ以来、ダックしか食べたことがないので、いつか体験したいものです。

 というわけで、画像ははるか昔、1984年夏のものです。


スポンサーサイト