南魚沼市五十沢の花火大会

今年も南魚沼市五十沢の花火大会へ行きました。
この7~8年、欠かさず見に行っています。
山際に近い田んぼの中から打ち上げるんですが、
打ち上げ場所からかなり近くまで行けるので、
迫力のある花火が堪能出来ます。

17魚沼7

17魚沼8

17魚沼9

17魚沼10

スマホで撮りました。
スポンサーサイト
テーマ: 旅日記 - ジャンル: 旅行

魚沼のごっつおう

17魚沼5

今年も夏休みで南魚沼に行って来ました。
お盆のごちそうをいろいろと食べてきましたので、
紹介するとかないでしょう、w。
ちなみに「ごっつおう」とはごちそうのことです。
越後地方ばかりてなく、島根とか鳥取とか北陸とかでも、
この言葉を使うところがあるようです。

最初は、ゼンマイです。
中国産の細いゼンマイは安く出回っていますが、
ここまで太い国内産のゼンマイはそうは無いと思います。
太ければいいというものでもないですが、
時間をかけて戻して煮含めると、田舎の味を満喫できます。

17魚沼2

棒鱈の煮付けです。
棒鱈とは、カチカチに日干しにしたものを、
これまた時間をかけて戻して煮込むわけですが、
油断するとホロホロと肉が骨から外れてしまうので、
上手に煮込まないといけません。
酒と醤油、みりん、砂糖でこってりと煮込みます。

17魚沼3

車麩の煮物です。
お麩がメインディッシュになる一例です。
こんにゃく、厚揚げ、ニンジン、しいたけなんかで煮込みます。

やはり、雪国のごっつおうは、
保存食を上手に利用することに尽きるようです。

17魚沼6

これはエゴと呼ばれる海藻寄せです。
辛子酢味噌でいただきます。
海に面している地方では、この手の煮こごりをよく目にしますが、
辛子酢味噌はよく合うんです。
私の好物のひとつです。

17魚沼1

舞茸のピザです。
薄い生地に、トマトソースはちょっとだけ、
チーズと舞茸の相性を楽しみます。
焼きすぎは禁物。

17魚沼4

最後に甘ーい桃で締めくくります。
ごっつぉさんでした。
テーマ: 旅日記 - ジャンル: 旅行

山古志村でみょうがを買う





30年振りに新潟の山古志に行って見ました。
入広瀬から入って小千谷に抜けたのですが、
トンネルが出来たせいで、
格段に町に近くなったとはいえ、
相変わらずの山の深さに驚きました。
みょうがの安さにもおどろきましたが、苦笑。

普通のデジカメで三脚無しで花火を撮る

五十沢の花火1

今年も南魚沼の五十沢の花火大会へ行ってきました。
地方の地味な花火大会なんですが、
なにしろ、お手軽に打ち上げ場所のすぐそばまでいけるので、
迫力満点、つい、毎年お邪魔してます。
8月16日が定例です。

五十沢の花火3

五十沢の花火4

五十沢の花火5

普通のデジカメで三脚無しで花火を撮るのは、
ほとんど博打同然なんですが、
下手な鉄砲数打ちゃ当たるかもしれませんので、
とりあえず、いろんなことして撮影してみます。

五十沢の花火2

たまにこういう絵をGET出来たりすると、勝手に喜んでます、w。

五十沢の花火7

というわけで、今年も楽しませてもらいました。

五十沢の花火6
テーマ: イベント - ジャンル: 地域情報

南魚沼の夏

南魚沼の夏3

今年も新潟南魚沼に行ってきました。
13日の夜に現地に入りましたが、
すでに25℃を割り込んでおり、
虫の声すら聞こえてきました。
虫の声とかえるの声は、
東京から脱出したんだということを実感させてくれます。
三国川ダムのあたりでは気持ちのいい山風が流れ、
確実に秋は近づいていることを知ることが出来ます。

南魚沼の夏1

米どころ南魚沼のさらにその中心となる塩沢の田んぼは、
例年通りの実りです。
しおからと赤とんぼが交互に飛び交う様は、
日本の由緒正しき農村とでも言える風景です。
この眺めは、30年前と比べてもほとんど変わらない......。

南魚沼の夏2

金城山のいただきもすっかり霧に隠れ、
ふもとの村とのコラボがとても幻想的だったりします。

小学生の頃からほとんど毎年来ている場所なだけに、
ある種、自分の原風景になっているのかもしれません。
テーマ: 旅行日記 - ジャンル: 旅行

旧盆の六日町あたり

六日町11

東京に昨日の夜戻ってきました。
恒例の夏の南魚沼滞在です。
自閉症の息子はもちろんのことですが、
中2の娘もいまだ南魚沼滞在が好きでして、
親子でのほほーんと過ごしてきました。
南魚沼は親父とお袋の生まれ故郷なんで、
まあ、両方ともいなくなった以上、
今後縁遠くなる可能性もあるんですが、
滞在する家がぶっ壊れるまでは毎年行くことになるんでしょうね。

というわけで上の画像は魚沼の中を走り抜ける北越北線です。
第三セクター線の中でも異色な鉄道で、
沿線の6割くらいは、いや、それ以上がトンネルの中、という特異な路線です。

六日町12

今年の南魚沼は、御盆の時期は雨が降りがちな涼しい毎日でした。
というわけで、プールとか川とかで遊ぶにはちと寒かったです。

六日町14

夕方になると墨絵の世界みたいでした。

六日町15

山霧というか低い雲が垂れ下がる毎日でした。

六日町16

久しぶりに暑くない南魚沼でした。

テーマ: 日本の旅 - ジャンル: 旅行

関越は渋滞中


高崎から先、上里あたりから断続的にずうっと詰まってます。
仕方ないないので嵐山PAでカツカレーを食べてしまいました、苦笑。
戸越まで2時間はかかりそうです。
テーマ: どーでもいぃ報告 - ジャンル: 日記

今年も新潟で・・・


恒例の南魚沼滞在です。
今朝は雨が降ったりやんだりで、
とても過ごし易くて軽井沢にでもいるようです。
すでに只見線に乗って県境を越えて、
只見まで行ってきました。日本屈指のローカル線なので、
早期の全線開通をこころから願うわけです。
テーマ: どーでもいぃ報告 - ジャンル: 日記