豚丼なんか喰っている場合なのだろうか.....

大崎広小路3

4月のとある月曜日、
私は、池上線大崎広小路駅前にたたずんでいた。
昼飯を喰うべく、
徘徊していた.....わけではなく、
そのまま、するっと駅前にあったこの豚丼の店に吸い込まれていった。
それにしても、豚丼専門店というのは理解出来るのであるが、
店の名前が.....わからない。
あるいは、豚丼と大書されているこの名前こそが、
店名なのであろうか。
安直すぎないかと......思ってみたものの、
このネット社会、
この名前こそが引っかかりやすい....ということなのかもしれない。

大崎広小路1

4種類の豚丼を用意しているようであるが、
ここはあえて大盛りに挑戦してみた。
年甲斐もなく.....という白い目がそこはかとなく、
私の方へ注がれているやもしれぬが、
そこは男の心意気みたいなものでよろしく.....。
ただ、年甲斐もないので、
ご飯軽めは必須条件である。
あくまで、肉を満喫するというスタンスである。
それにしても....、
なぜ、紅ショウガなのだろうか。
吉○家と同じではないかという突っ込みは言わずもがなである。
私としては、壺漬けが好みである、
ということは主張しておきたいと思う。

大崎広小路2

カウンターしかない店である。
しかも、厨房に背を向けてのカウンターである。
そして、自分の背中越しに豚肉を網焼きにしている様子がかいまみれる。
当然、網焼きなので、
香ばしい匂いが鼻を刺激する。
まるでこれでは鰻屋の匂いでご飯みたいだ。

というわけで、
豚肉はやはり三枚肉.....バラ肉といいつのってもいいわけだが、
そういうことにしておきたい。
やはり、網で焼かれた肉を待つという心持ちは、
悪くないものだと、ほくそ笑んだりする。
もちろん、十分に堪能させていただいたのはいうまでもない。
スポンサーサイト
テーマ: 外食グルメ - ジャンル: グルメ

ホットドッグが食べたい!



こんな時間に何ですが、
こういう本格的なホットドッグが無性に食べたいなあ。


ちなみにこのホットドッグ、
中延駅前のリオンの作品です。
テーマ: B級グルメ - ジャンル: グルメ

石窯でピザを作る

ビザ窯2

うちの姉は、地方に住んでいるんですが、
このほど、お庭に石窯をしつらいまして、
東京で慎ましく暮らしている私としては、
石窯体験をすべく、いそいそと出向いてみたわけです。

ビザ窯1

窯の温度が上がるまでに少し時間がかかりますが、
いざ温度が上がりますと、
ほんの数分でピザが焼き上がります。

ビザ窯3

ビザ窯5

ビザ窯4

何が美味しいかって、釜揚げシラスとピーマンのビザが最高でした。
もちろん、トマトソースを塗ったら、
シラスが台無しになりますから、チーズだけの味でいただきます。

ちなみに厚揚げを窯で焼くととっても旨いです。
贅沢だなあ、石窯料理は。
テーマ: おうちごはん - ジャンル: グルメ

牛丼屋のうな丼を喰う。

すき家のうな丼

なんだか、ブログの具合が悪いんで、
しかも、なんでこなんことになったのかわからないので、
ちと、気に入らないのですが、
気を取り直して、小ネタで行きたいと思います。

この間、ちょいと遠乗りするのに、
お弁当でもと思って某牛丼チェーンに立ち寄ったのですが、
メニューやポスターにあったうな丼が無性に気になり、
つい、特上うな丼弁当を買ってしまいました。
1180円もしますし、その場で焼いたわけでもなく、
きっとチルドしてあったのを温めただけなんでしょうが、
これが冷めていても意外と美味しくいただけてしまったことに、
限りないショックを受け、
1週間後、また買ってしまったのは、
間違い無くこの私です、藁。
おもいのほか食べ応えがありましたし、
うなぎを喰ったあ、という充実感はそれなりにありました。
しかも、鰻なんですから、1180円というのも、
考えてみれば、とってもうれしいわけで。
まあ、こんなことでほくそ笑んでいるようでは情けないといえば情けない、苦笑。

でも、やはり、牛丼屋侮り難しと主張しておこうと思います。

テーマ: どんぶりが食べたい! - ジャンル: グルメ

開高めしを喰う



魚沼にある道の駅のレストランで開高めし定食なるものを食べました。



いわゆる焼きめしなんですが、
具に動物性タンパク質はまったく使われておらず、
山菜がたくさんはいってます。
紅ショウガがとてもいいアクセントになっています。
魚沼の銀山湖といえば、開高健がルアーフィッシングのために、
足繁く通った所です。
この地での山菜をこよなく愛した氏にちなんでのひと品ですが、
焼きめしに仕立てた所は大正解ですね。



冷たく締められたお蕎麦ももうし分なく、
蕎麦つゆも出汁が利いてキリッとしていて、
焼きめしとの取り合わせは最高でした。
920円は、また再会したい一品でした。
テーマ: どんぶりが食べたい! - ジャンル: グルメ

瑞浪駅前の加登屋さんでカツ丼を食す

瑞浪駅前1

苗木城を十分に楽しんだあと、
中津川駅に戻り、さらに名古屋方面に戻って瑞浪駅で下車します。
駅前にある加登屋という食堂で「カツ丼」を食べようという魂胆です。

瑞浪駅前2

というわけで、700円のカツ丼が登場です。
カツ丼といえば、玉子でとじるものでと思っている貴兄....。
ここのカツ丼は、揚げたてのカツにとろみのしっかりしたかき玉がかかっているのです。
出汁のきいたかき玉あんかけカツ丼は、
あまから醤油で卵とじしたカツ丼よりもはるかにアッサリしています。
お昼時だったので、おばさんの集団がいましたが、
ことごとくこのあんかけカツ丼を楽しんでいました。
日本の食べ物の懐の深さをまたしても感じてしまいました。
テーマ: どんぶりが食べたい! - ジャンル: グルメ

越後・栃尾の油揚げを喰らう

栃尾の油揚げは旨い

年末に長岡のおばさんからいろいろなものが送られてきたのですが、
なにしろうれしかったのは、栃尾の油揚げが入っていたことです。
子供の頃から、近所の豆腐屋の揚げたての油揚げを愛好していた妙な私なのですが、苦笑、
この栃尾の油揚げだけは別格中の別格です。
もちろん、長岡から車で30分くらい行った栃尾の油揚げは、
越後路でも知れ渡っている有名銘柄なのです。
普通の油揚げよりは厚いのですが、
厚揚げよりは薄いという絶妙な厚さで、
これがあぶり焼きして生姜醤油と刻みネギで食しますと、
ジワッとしみ出る油と、上質の豆腐と、
なんとも心浮き立つ気分になるのです。

テーマ: ご当地グルメ - ジャンル: グルメ

まぐろかつ丼を喰う

横須賀PA1

今年、初どんぶりは、上り線横須賀PAのまぐろかつ丼でした。
三崎港から40分ほどの距離ですので、
ここのレストランには、まぐろ関連のどんぶりのほか、
横須賀カレーなども用意されていまして、
こじんまりしてはいますが、
ご当地色がしっかり出ているレストランです。
ちなみに昨年も1月2日に立ち寄っているのですが、
そのときは、ご当地色を完全に無視して、カツカレーでした、w。

横須賀PA2

いわゆるソースカツ丼というやつなのですが、
キャベツが敷いてあり、温泉玉子ものっていて、
それでいて650円は、なかなかのコストパフォーマンスかと思います。

横須賀PA3

比較的さっぱり系の揚げ物に温泉玉子という組み合わせは、
まあ、マズいわけが無いと思います。
サービスエリアのどんぶりとしては、十二分に合格かと思います。



テーマ: どんぶりが食べたい! - ジャンル: グルメ