大日本帝国残影..嘉義監獄跡

嘉義監獄1

6月に台湾の南部、嘉義に行って来ました。

桃園空港からMRTに乗って、
高鉄(台湾新幹線)嘉義駅に向かい、
そらに高鉄で1時間20分ほどで、嘉義駅に到着。
高鉄嘉義駅からは、台湾国鉄の嘉義駅まで無料リムジンバスが出ていて、
嘉義駅のバスターミナルへ。
順調なら2時間半から3時間で嘉義の町に着きます。

ホテルに荷物を下ろしたあと、
さっそくお散歩です。
宿泊したホテルは兆品大酒店でしたが、
ここから15分ほど町歩きすると、
かつての日本統治時代の監獄跡が保存されていました。

嘉義監獄2

高い塀に囲まれているわけですが、
蒋介石が台湾に逃げて来て統治を始めたのちも、
この刑務所....というより監獄というイメージなのですが、
立派に現役だったわけです。
町の中心からそれほど離れていないところにあるのが、
とても印象的でした。

嘉義監獄3

この監獄、週末を中心に、
1日4回ほどガイド付きの見学ツアーがあるのですが、
たまたま到着したとき、タイミング良くツアースタートだったので、
台湾人に混じり込んで見学しました。
ちなみに見学ツアーも入場料もタダでした。

嘉義監獄9

放射状に廊下が3本作られており、
扇の要が監視センターのような役割をしています。
見事なモノトーンの景色です。

嘉義監獄6

嘉義監獄5

このトイレが大日本帝国時代のものとは思えませんが、
それなりの清潔感はあります。
ただ、嘉義という土地柄ですから、
網走のように寒くて死者が出るなんてことにはならないでしょうが、
けっこう暑さ厳しい監獄であったことはうかがえます。

嘉義監獄8

監獄の廊下の端っこには、お風呂もありました。
シャワーではないんですね。
このほか、大浴場のための専用棟もありましたから。
規模の割には衛生に気を遣っていたのかもしれません。

嘉義監獄7

じつは保育室もありました。
この監獄、女子棟もありまして、
監獄で生まれてしまった子供のためなのか、
そのあたり、ガイドに質問すれば良かったと悔やまれます。

とににかく、熱心なおばちゃんガイドに、
ある意味タジタジになりつつ、閉口しつつ、w、
1時間後、無事、監獄から脱出しました。


つづく......

スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

MRT空港線は、南へ向かう人の見方だ!

mrt 空港1

6月に台湾へ行って来ました。
近年、年1回は台湾へ行ってまして、
正直、はまっているといっても過言ではありません。
何がそれほど惹きつけるのかというと、
台北はもとより、
他の地方都市もとても旅しやすいというか、
飯が総じて旨いとか、
台北以外の地方都市はホテルが安いとか、
まあ、いろいろな要素があります。

今回は、台中よりもそらに南、
台南のちょっと北にある嘉義という都市に2泊したわけですが、
じつは、3月に開通したMRTの空港線が、
南に向かうのにとても都合がいいことがわかりました。

mrt 空港2

当初、嘉義へ向かうにあたって、
桃園空港から路線バスで台湾国鉄の桃園站へ向かう予定だったのですが、
台湾に向かう数日前、
桃園空港から新幹線(高鉄)の桃園站まで、
MRTで6駅で着くことが判明しまして....。
この空港線MRTは、台北から桃園空港経由で高鉄桃園站に到達するという優れものだったわけです。

mrt 空港3

20数分ほどで着いてしまうわけですから、
高鉄利用で一気に南へ向かうにはホント便利です。
しかも、台湾高鉄、前売りでなくても、
窓口ですぐに指定が買えるという、すいている状態なので、w、
なんの憂いも無しに乗り継げるわけです。
今回の場合も、急げば、10分後の高雄(左営)行きに乗れたわけですが、
あえて、30分後の列車に乗りました。

mrt 空港5

本当は、高鉄の販売している駅弁が食べたかったのですが、
あいにくお昼前まで販売しないということで、
10時半のこの時間、仕方なくコンビニもどきの売店で、
画像のような便當を買いました。
チャーハンの上に排骨が乗っているという作品なのですが、
これで75元ですから安いですよねえ。
味も台湾的オーソドックスで満足でした。

というわけで、台湾の嘉義には、
お昼過ぎに到着してしまうわけですが、
このような離れ業が可能なのも、
ピーチエアーの羽田発が朝5時50分だからなのです。
しかも、台湾桃園空港には、8時20分に着いてしまたわけで、
フルタイム台湾を満喫したい人は、たまらんわけです。
もちろん、4時に羽田にたどり着ける人こそが満喫出来るわけですが、w。


つづく。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

関子嶺温泉でお昼ご飯

関子嶺1
関子嶺6

お久しぶりです。
東京は連日厳しい暑さですが、いかがお過ごしでしょうか。
6月の梅雨明け直前に台湾・嘉義あたりの話をしようと思っていたのですが、
東京のお盆ということで、つい怠慢してしまいました。

前回の話はというと、
台湾まで来て温泉に浸かってしまったという話だったんですが、
今日はその続きでお昼ご飯の話です。
迂闊な話だったのですが、
この関子嶺温泉、どこが中心なのかわからないまま、
温泉に浸かり、お昼ご飯を食べて、
のほほんとタクシーで往復してしまいました。
たぶん、温泉街とかお土産を売る店とか、
いろいろあったはずなんですが、
スパなんか入ったものだから、
あっという間に時間が経過してしまい、
なおかつ遅い昼ご飯を楽々と食べていたものですから、w。

で、そのお昼ご飯。

関子嶺1

炒麺をといったらこれが登場。

関子嶺2

湯麺をといったらこれが登場。

関子嶺3

お粥をといったらこれが登場。

関子嶺4

野菜の炒めものをといったらこれが登場。

関子嶺5

豆腐料理をといったらこれが登場。

これにビールとミネラルウォーターを頼んだら、
400元でした。
4人で1400円でした、苦笑。
ちなみに烏龍茶はもちろんただでした。

さらにいうと、この店で乾燥キクラゲを4袋買ってしまったのは、私達です。
1袋100元というお値段でした。


追伸
豆腐料理、たぶん、家常豆腐だと思うんですが、
なかなかこってりで旨かったです。

関子嶺7

完食でした、w。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台湾・関子嶺温泉でスパ

関子嶺温泉1

温泉の話が続いています。
6月18日から20日まで、台湾にいたのですが、
このときも温泉に浸かって来ました。

場所は、台湾南部にある都市・嘉義から、
バスで1時間ほど、92元で到着する、
関子嶺温泉です。
嘉義から一番近いわけですが、行政区的には、
ここは、台南に組み込まれています。
ちなみにタクシーで嘉義から行くとなると、700元でした。
4人で乗れば、まあ、お手頃価格になります。
バスはちなみに1時間に1本で、嘉義の駅近くから出ています。
ただ、嘉義站は、バスターミナルが西側にありますので、
こちらと間違い無いように。

じつは、ひなびたかんじの温泉に浸かろうと思っていたのですが、
警光山荘というその温泉、改装中でして、
仕方なく、徒歩10分ほどの上り坂を経て、
画像のような関子嶺温泉ホテルにたどり着いたのですが、
ここは、よくありがちのバスタブに温泉を流すタイプの湯船だったので、
大浴場的温泉を目指していた我々は、
さらに10分登りまして、こちらに到着しました。
統茂温泉会館です。
見たとところ、関子嶺では一番大きなスパ&ホテルのようです。

       ↓
関子嶺温泉2

関子嶺温泉3

嘉義とか台南といいますと、
台湾南部なので気温35℃くらいへっちゃらな季節なですが、
我々が滞在中は比較的素敵な陽気でして、
この日の嘉義も30℃くらいでした。
さらに山間部へと入り込むこの関子嶺温泉、
山からの風が心地よく、気持ちのいい温泉タイムとなりました。
お昼前だというのに。

関子嶺温泉4

さて、310元でドリンク付きというスパです。
スパと内湯の温泉、両方楽しめます。
スパでは水着着用です。
水泳帽着用なんですが、使い捨てのビニール帽がありました。
もちろん、こちらは無料です。
正直、もっとコテコテの泥湯かと思いましたが、
多少濁っている程度の温泉でした。
ただ、泥の成分はとてもいいらしく、
湯船の脇に貯めてある温泉泥を体にぬったくって、
日光浴で乾かすと非常によろしいようです。

関子嶺温泉5

お湯加減は少しぬるめの燗がいいのか、
ゆったりと入っていられる温度でした。
この日、スパに入ってていたのは、我々謎の日本人親父達4人と、
じじばば4人連れ、そして、後から、若手の男性1女性2のトリオだけでした。

関子嶺温泉7

せっかくいろいろな湯船があるんですが、
ほぼ独占状態です。
どうも私が行く温泉は、独占状態になりやすいようです、藁。

関子嶺温泉6

そして、冷水の中に足を突っ込んでいるわけですが、
これ、例の老化角質を食べてくれるお魚の池です。
一度、トライしたかったわけですが、
ついに台湾で実現です。
最初トライしたときは、全然寄ってきてくれなくて、
悲しい思い出を作りそうになったのですが、
あっちこっち温泉に浸かった後、
再度トライしますと、
なぜだか、みなさん楽しげに寄ってきまして、
我が足先をクスクスチラチラと口づけしてくれました。
なんともこのこそば痒い感じが快感なんでしょうね、w。
満喫させていただきました。

というわけで、台湾・関子嶺温泉のスパでした。

テーマ: 日帰り温泉 - ジャンル: 旅行

台湾へまた行って来ました

IMG_20170618_044536.jpg

6月18日から20日まで、またしても、台湾へ行って来ました。
どうも、近年、台湾付いているトルファンでありますが、
これはひとえに飛行機代が安いからです、w。
といっても、今回の旅、安旅行が目当てではありません。
商店街のメンバー総勢4人、
しかも、一番の年下が私というアンバランス構成だったので、
まったく安く上げる必要がありませんんでした。
それでも、なんとまたしてもピーチエアを使ったのは、
ひとえに画像にあるように、
朝のフライト時刻が5時55分、
帰りは日が変わった21日0時50分着ということに尽きるわけです。
品川区民である我々は、
車で気軽に羽田に乗り付けられるわけで、
これを最大限に生かした旅をしたというのが本筋です。

IMG_20170618_050510.jpg

ですから、機内食こそ食べませんでしたが、
荷物は預けましたし、シートピッチの広い13列目を選択しましたから、
ふつうより格段に飛行機代はかかっています。
おまけに台湾・嘉義で2泊したのですが、
HOTELは4つ星で、しかも30平米あるデラックスツインに泊まったりしたわけで、
とても、ピーチを使った旅とは思えません、苦笑。

最初にはっきりと言っておきますが、
今回の旅、雨でクズグズの旅になるのではと心配していました。
阿里山鉄道に乗ろうと画策していたわけですが、
じつは、直前まで台湾の梅雨最後の大雨が続いており、
結果的には阿里山鉄道は、線路補修のため、
1週間運休という目に遭ってしまいました。
それでも天候だけはギリギリの綱渡りでほとんど雨に遭わずに済み、
なおかつ、亜熱帯地域だというのに、
3日間とも嘉義は最高気温30℃に届かない日々だったので、
この時期としてはとても快適な旅をしてきました。
もちろん、30℃に届かずといっても、
日差しはめちゃめちゃきつかったわけですが、
台湾のこの時期、しかも、嘉義とか高雄がどれくらい暑いか知っている者とすれば、
ラッキーだったと言わざるをえません。

というわけで、喰うものも喰い、
うろつき回り、とても充実の3日間を過ごしてきました。
おいおいこの旅の様子は語っていくと思いますが、
とりあえずは、台湾・嘉義、再び行きたくなる街と宣言しておきたいと思います。


テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行