台南の昼食...煲仔飯(ポーザイファン)

台南の昼食7

2015年台湾縦断の旅のつづきです。
今度は、台南でお昼ご飯ということになります。
場所は、駅の向こう側、成功大学のさらに東にある、
IN’S飲食坊というお店にお邪魔しました。

台南の昼食6

看板がなければ危うく通り過ぎてしまいそうな、
普通のお宅の改造版のようなレストランです。

台南の昼食8

店内はすっきりとした小洒落たたずまいです。
男二人で入るのは....汗。w

台南の昼食1

料金は、この旅で食べてきたどのお店よりも高めです。
ただ、香港式釜飯すなわち煲仔飯と、
海南鶏飯があるというのは、なにものにも代えがたい、苦笑。

台南の昼食3

いつも思うんですが、台湾や香港は鶏が美味しいんです。
ここも鶏を上手に蒸し上げているので、
鶏らしさがしっかりあふれ出ますし、柔らかくもなく堅くもない、
絶妙の仕上がりです。
ご飯も鶏のエキスたっぷりでうれしくなります。

台南の昼食4

あつあつの煲仔飯の登場です。
これにお店特有のたれをかけまわして、
焦がしの香りをたたせます。

台南の昼食5

すぐにスプーンでかきまわしまして、
香りがさらに立ってきたらいただきます。
焦げがたまらなく食欲を誘うんです。
お肉の濃いめの味付けと言い、申し分がない煲仔飯でした。

台南の昼食2

今回初めてまともに肉骨茶も頂きました。
漢方っぽいですね。


レストランでゆっくりと紅茶と杏仁豆腐を味わったあと、
ホテルに戻り、
自強号で高雄に向かい、さらに地下鉄で一路空港へ。
気ままな台湾縦断の旅は、これにて大団円であります。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台南散歩...その5

朝からお腹いっぱい台湾おにぎりや餃子を食べ、
甘いアイスコーヒーなんぞを楽しんだりしますと、
当然、腹ごなしの散歩が必要です。
というわけで、台南の廟巡りです。

台南散歩16

台南はとにかく廟というか祠みたいなのがたくさんあります。
たとえば、市場の奥とか...。

台南散歩18

コンビニのうしろとか...。

台南散歩17

ビルの谷間とか...。

台南散歩19

路地裏に広がる広場の前とか...。

台南散歩20

学校のとなりとか...。
鉄道ホテルへの帰り道だけでこんなに見つかります。

で、こんな散歩をしていると物珍しそうに声をかけてくる老人もいます。
強引な日本語を駆使して。
これもまた楽しからずや.....。

つづく
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台南散歩...朝、飯糰を食べに行く 

飯糰 1

2015年11月、台南の朝です。
いつものとおり、いそいそと朝ご飯を食べに行くべく歩きます。
この水仙宮市場は、台南駅から南西方向にあり、
駅からタクシーで8分と台北ナビには書いてありました。
というわけで、清々しい朝は、当然歩いて行きます。

飯糰 3

水仙宮の市場の真ん前にお目当ての店がありました。
焼き餃子1ヶ5元ですから、当時のレートで言うと17円くらいです、w。
おばちやんというかばあさんの、藁、目つきがちょっと怖かったですが、
そんなことにめげていたら、アジアは楽しめません、苦笑。

飯糰 4

というわけで10ヶです....。
ニラとか入っていて、ニンニクも入っていたりして臭かったりするかなあと思いましたが、
肉と白菜のバランスがウマーの気持ちのいい餃子でした。
台湾でも中国でもあまり焼き餃子を食べる機会はないので、
つい、ほくそ笑んでしまいました。
しかし、狙いはべつのものです。

飯糰 2

そう、ピンクのおばちゃんがせっせと作り続ける飯糰が狙いです。 
これ、台湾的おにぎりというとわかりやすいかと思います。

飯糰 5

円筒状のラップに包まれたおにぎりです。
具は、中華ソーセージと肉でんぶと漬け物です。
台湾に来たら、是非食べてもらいたいひと品なんですが、
出来れば、おばちゃんの作る作りたて飯糰がよろしいかと.....。
40元です。
絶対朝食べてね。

つづく。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台南散歩...大東夜市にまぎれる

台南散歩10

昨年11月の台南の夜です。
台北の夜市を知っている者にとって、
台南の夜市は、ちょっとだけ違います。
台北は街の規模が大きいせいもありますが、
夜市は、士林でも公館でも常設です。
しかし、台南は違います。

花園夜市-每週星期四.六.日,下午六點~晚上十二點。
武聖夜市-每週星期三.六,下午六點~凌晨一點三十分。
大東夜市-每週星期一.二.五,下午六點~凌晨一點三十分。
成功夜市-每週星期二.五,下午六點~凌晨一點三十分。

曜日によって夜市が行われる場所が違います。
私は、かつて花園夜市へ行ったことがあります。
今回は、月曜日に台南に滞在したので、大東夜市へ行くことになりました。

台南散歩11

40年前、子どもだった私にとって、
こういう風景は温泉場や大きなお祭りには当たり前のものでした。

台南散歩14

こういう香具師、いわゆるたたき売り的な商売は、
私が20代の頃には、浅草には残っていました。

台南散歩12

売り物ではないんですが、人気者でした。

台南散歩13

香腸(中華ソーセージ)のお店は、
1本を串に刺すわけではなく、
2種類をカットして炒めて饗します。

台南散歩15

こちらは肉巻き屋さんです。

台南散歩16

台南散歩17

鶏肉の肉巻きなんですが、
塩胡椒だけの味付けでした。
もうひとひねり欲しかったですね。

台南散歩19

夜10時のパン屋さんです。
これは台北でもかつての台南でも見たことがなかったです。

台南散歩18

しかし真打ちはこちらのエッグタルトというかカスタードタルト。
焼きたてでサクサク感がたまらない、台湾でおなじみのお菓子です。
夜半過ぎまで続く夜市は、
台湾へ来たことを実感させてくれますね。


つづく。


テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台南散歩...その2

台南散歩10

台南散歩の続きです、w。
この日の私の台南散歩は悲惨でして、
前回述べたようにマンゴーかき氷を食べることが出来ないまま、
城壁散策で時間を費やしたのはいいんですが、
そのあと、夕食をということで、
再び、町に繰り出したのはいいですが、
目当てとして向かった店が......更地になってました、藁。
台湾人に評判のいい店だと聞いていたのに、w。

さらにもう一軒の店に向かったところ、
月曜定休でした、汗。
もう、汗もかいたしのども渇いたし、
とりあえず、近所にあった「度小月」にはいりまして、
とりあえず、蝦巻とビールということになりました。

台南散歩8

ニンニクのきいた青菜炒めもあります。
ただ、この店は適当に切り上げて、苦笑、
夜市で何か食べようとという話になり、

台南散歩7

担仔麺を軽くすすり、

台南散歩9

魯肉飯(肉燥飯)を楽しみました。
思うに、担仔麺に乗っているお肉と、魯肉飯の上に乗っているお肉、
同一ではないかと、うっすらと、藁、思いました。

というわけで、激しくうろつく私は、
相棒とともに夜市へむかうのでありました。

台南散歩11


テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台南散歩...その1

台南散歩1

鉄道大飯店ですこしくつろいだあと、
夕方、ちょっと散歩に出ました。
果物系を食べに行こうという魂胆です。
かつて、もう十数年前に、台南にすこし滞在していたので、
そのときのことを思い出して....なんていうわけには結局行きませんでした、w。
まずは、近所のジューススタンドで生ジュースを一杯..と思ったのですが、
あれほど街角にあったスタンドが消滅してしまい、
みんな、ティースタンドに変貌していました。

台南散歩2

台南散歩3


結局、だらだら歩いた結果、
パパイヤミルクを飲むべく、阿田水菓店まで歩いてしまいました。
おっさんが作ってくれたパパイヤミルクなんですが、
昔の方が旨かったような.....汗。

仕方がないのでリベンジで、莉莉水菓店でかき氷でも...と思ったら、
臨時休業でした、涙。

さらに散歩は続きまして、藁、
なんと、うかつにも知らなかったのですが、
台南に素敵な城壁を発見しました。

台南散歩5

莉莉水菓店よりもさらに南に行ったところにある、
大南門という城壁&城門です。

台南散歩4

このブログでは何度も紹介していますが、
わたしは極度の城壁フェチです。
日本各地、中国各地、そして、台湾でも韓国でも城壁がみたい ! 男なんです。

台南散歩6

予定外のことだったので、
心が躍ったのは言うまでもありません。

台南散歩7

城壁の脇に花ひとつ。
ぶらぶら歩きはこれだからやめられません。

昨年11月の台南の話でした。
つづく。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台南で鉄道大飯店に泊まる

台南3

またしても、昨年11月の台湾の旅の続きです。
この旅、バニラエアーを使いまして、
桃園空港in、高雄空港outで、
16000円というお安い価格で台湾を旅したわけです。
2泊3日ということで、
宿泊費も少し節約しようということで、
高雄には泊まらず、台南の駅前にある「鉄道大飯店」にやっかいになることにしました。

台南4

台南の駅前にあって、妙な形の建物なんですが、
ここの3階から上の一部の階を利用した、
台湾にありがちの格安ホテルそのものといったかんじのホテルなんです。

鉄道ホテル


それでも、フロントはちゃんと1階の目立つところにありまして、
駅前ですから、ホテルの前には常にタクシーがいて、
しかも、フロントの隣にセブンイレブンがあるという、
ある意味、使い勝手のいい優秀なホテルともいえます。

台南1

さて部屋です。
当然エアコンがありますし、
テレビももちろんあります。
しかも、格安ホテルにはあり得ない冷蔵庫も完備です。
そして、ベットはセミダブルがふたつ。

台南2

シャワーはトイレと完全に仕切られているので、
使い勝手は抜群です。
もちろん、いつでもお湯が出るのは言うまでもありません。
アメニティーは若干貧弱ではありますが、
1泊ツインで800元...3000円くらいでなら申し分ないどころの騒ぎではありません。
しかも、朝食代として、隣のセブンイレブンで使える60元のご利用券がついています。
今後ともご贔屓にしたい宿です。
ちなみに日本から予約出来ます。

以上、つづく。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

莒光号に乗って台南へ

莒光号1

昨年11月の台湾の旅の続きです。

無事、斗六で買ったおかずのみの便利便當を持って、
高雄方面行きの莒光号(急行列車)に乗り込みます。

莒光号2

この莒光号、おそらくは昭和40年代くらいから活躍している老兵でしょう。
かつては、この機関車と客車が台鉄の主役だったんです。

莒光号5


かなり年季が入っていますが、
きれいに清掃されていますし、フットレストもありますし、
シートピッチもまずまずですので、
お弁当を広げるには申し分ないです。

莒光号3


大胆不敵というか救いようのない食い意地というか、
初めから計画していたことではありますが、
便利便當60元とプラス斗六駅で売られていた弁当60元が、
この日の私の昼食です。

莒光号4

斗六15

本当にたいていにしたほうがいいと思います、w。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行