1月の台湾の旅・大団円です

というわけで、台湾冬の旅2013は、本日を持って終了です。
とりあえず、松山空港までの往復の送迎の小姐!
       ↓
taiwan2013win (134)
つまらない質問、親父ギャグ等、つき合っていただきましてありがとうございました。w

それと、松山空港のグランドホステスの小姐!
       ↓
taiwan2013win (136)
つたない中国語での会話につきあっていただきましてありがと。
こういう陽気な台湾レディのおかけで、
今回も楽しい旅が出来ました。

というわけで、今日の夕方には成田です。
ベトナムが私を待っている、笑。
スポンサーサイト
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台北の朝は魯肉飯ー金峰魯肉飯店

taiwan2013win (97)

まだ、この1月の台湾話が続きます。
朝ご飯は、ホテルのビュフェでもいいんですけどね、
やっぱり、街に出て一杯でしょう、w。
というわけで、
南門市場の近くにある、魯肉飯専門店にやってきました。

台湾2013冬2 (103)

じつは、ホテルのビュフェでまともに朝ご飯食べているんですけど、藁、
やっぱり、目の前にこんな店があったりしたら、
つい、入ってしまいますよね。

台湾2013冬2 (104)

しかも、朝っぱらから、豚バラ肉の煮込みなんぞを喰ったりして。
これ、がさつな感じに見えますけど、
トロトロで箸でつかむのもたいへんでした。
濃い味なんで、お粥がほしくなりましたが、
庶民っぽくって美味しかったです。

台湾2013冬2 (105)

はすれたのがこれ。
排骨湯というので期待したのですが、
なんのことはない、揚げた骨付き豚を塩味スープにほうりこんだだけでした、苦笑。
せっかく冬瓜が柔らかく煮えているのに、
なんとも、中途半端でした。

台湾2013冬2 (106)

値段はいたって安いです。
魯肉飯の大きな碗でも55元ですから。
南門市場へ行ったら気軽に立ち寄れますね。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台北・永康街でかき氷

taiwan2013win (75)

台湾というと、私はどうしてもかき氷へとなびいてしまいます。
とくに、雪氷といわれる、氷そのものがミルク味のかき氷は、
台北ならではの素敵なデザートです。
台北市内には、何軒か有名なかき氷屋さんがありますが、
この「永康15 思慕昔」は、そんなお店のひとつです。
以前、このブログで士林のお店を紹介しましたが、
オシャレ度はこちらが上です。

taiwan2013win (76)

台湾2013冬2 (87)

台北の1月、寒い日もあるんですけど、
この日は20℃前後でしたので、
全然、かき氷はオーケーでした。

台湾2013冬2 (88)

私はマンゴーシャーベットとマンゴー、
そして、マンゴーのシロップのかかったこの作品をチョイス。
いい年した親父がこんなこというのははずかしいんですが、
チョー美味しいです。
台北に来て良かったという甘味です。

台湾2013冬2 (86)

うわー、こっちはストロベリーバージョンです。
味見をさせてもらいましたが、こっちもウマーいです。
やはり、雪氷のフワフワ感がたまらんのです。
日本のかき氷とは別物!
といいきっていいその食感は、ついぞ日本にはありません。
台北にいったら、是非、かき氷、なかんづく、雪氷に挑戦してみてください。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台北で粽を食べるー王記府城肉粽

王記府城肉粽

台湾冬の旅2013 の続きです。
台南のラーメンを食べた後は、
今度はちまきです。
ちまきというと、またしても台南を思い出します。
再発号とう屋号の有名なちまき屋さんが台南にあるのですが、
そこの大サイズの八宝ちまきがめちゃ旨いんです。
たしか、100元したはずですが、今はどうでしょうね。
もうすこし高くなっているかと思いますが、
台北では、この王記のちまきが私は好きです。
MRTの南京東路駅から10分くらい、八徳路にあります。

王記府城肉粽1

もう夜の9時頃だったんですが、
けっこうお客さんが入っています。

王記府城肉粽3

これ一個でもけっこうお腹一杯になるんですよね、ボリュームがあるから。
これで55元です。
台湾のちまきは、こうして甘しょっぱいたれがかかっているパターンがけっこうあります。

王記府城肉粽2

さて、中身です。
くるみがごろんと入っているのには驚かされますが、
他にもピーナッツ、肉、干しエビ、干し椎茸、そしてなんとカボチャが入っていました。
なんともミスマッチなかんじがしますが、
けっこういけちゃうんですよ、このちまき。
甘しょっぱいタレもけっこういいアクセントになります。
じつは、私、ついお持ち帰りをしてしまいました。
夜半過ぎ、こっそり食べたのは言うまでもありません。w
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

天成大飯店の杏仁豆腐


今夜は甘い物を台北よりお届けします。
なにしろ、杏仁豆腐です。
基本的には私、杏仁豆腐は食べないのですが、
同行者が是非もなく、というもので、w。
ところがこれがサニアラズでして・・・。
杏仁豆腐のなめらかなそれでいて主張する食感もさることながら、
ミルク味のシロップがとってもいい。
日本各地はもとより、中華圏各所で食べているのですが、
一等賞の称号を進呈したいと思います。
ていうか、結局、杏仁豆腐をあっちこちで食べてるんじゃない、藁。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

台北市内で「度小月」

台湾2013冬2 (83)

昔、台湾をひとりでほっつき歩いていた頃、
なぜか、台南という街が好きになってしまいました。
すぐ近くに高雄があるのに、
高雄にはついぞ宿泊せず、
台南の安宿で嬉々としていました。
なんだか、下宿のような宿で、今はあるかどうかわかりませんが、
路地奥にあって、たしか秀山旅社という宿だったと思います。

台南滞在中、毎日通ったのが「度小月」というラーメン屋さん。
小振りのドンブリにちょっと濁ったスープ。
煮込んだ挽肉がのっかっていまして、
麺は米系と小麦系の細麺でした。
手軽に食べられるので、ひとり旅には最適でした。

taiwan2013win (69)

そんな「度小月」が台北にもあるというのでちょっと立ち寄ってみました。
台南のお店よりははるかにおしゃれで、
しかも、メニューも豊富でした。
ただ、台南の担仔麺を作っている様子はまったく同じでした。
台南の店の雰囲気をそのまま持ち込んでいました。

台湾2013冬2 (78)

今回は平打ち麺があったのでそれにしてみました。
これ一杯ではとても足りないんですが、
今日は他の店にも行くので控え目に。
50元です。

台湾2013冬2 (81)

貝柱の甘辛ソースがけ何ですけど、
こちらはちょっと値がはって360元。

台湾2013冬2 (82)

こちらは豚肉の香味焼。
これ、とても旨かったです。
シンプルなんですけど、お肉の旨みがたっぷり。
こういうのは、塩味で充分に楽しめます。
160元でした。

じつはこの店、一人でフラッとは立ち寄れないようなおしゃれな店です。
もうちょっと屋台チックだといいんですけどねえ。
でもまた行きたいお店のひとつになりました。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

花蓮駅から台北へ

台湾2013冬2 (61)

1月の台湾の旅の決着がまだついていません、苦笑。
取り急ぎ、これからの1週間は、今年の1月の台湾一色にしたいと思います。

さて、花蓮です。
もともと、台湾の地方都市に限りなく愛着を感じている私なのですが、
この花蓮もそんな都市のひとつになりました。
今度、今度、ゆっくりとこの街を散策したいなあと思ったわけですが、
台北へ戻る時間とあいなりました。

台湾2013冬2 (63)

この花蓮駅前、大陸でもよくあるんですが、
やたらだだっ広い。w
この広場で集会でも開くんですかね。
でも、日本の駅前のようなせせこましさがないだけいいかな。

台湾2013冬2 (65)

というわけで、花蓮駅のプラットホーム。
こちらも大陸の駅のホームとそっくりです。
ここは、桂林駅のホームです、といわれても納得しそう。

台湾2013冬2 (64)

こちらが我らの乗る台北方面行きの特急列車。
東海岸の台東よりやってきました。
台北-花蓮間は電化されているのですが、
花蓮-台東間は、電化されていないので、
ちょっと古いタイプの特急で運行しています。

台湾2013冬2 (68)

社内もほぼ満席です。
台湾の鉄道はいつも快適ですね。

台湾2013冬2 (72)

発車後、しばらくすると、車内販売です。
お腹がすいていようといまいと、駅弁購入はノルマです。

台湾2013冬2 (73)

花蓮駅で積み込んだ駅弁です。
お値段60元です。
駅弁では、骨付き豚肉と煮卵は定番です。
貧弱な弁当箱なんですけど、
アッという間に美味しく戴いてしまいました。
意外とはずれがないんですよね、台湾の駅弁は、w。

というわけで、
一路、台北へと戻るわけです。
所要時間2時間と20分です。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行

花蓮散歩その2

台湾2013冬2 (51)

花蓮での散歩は続きます。
ここ花蓮でも、市場通りがあります。
さすがに生鮮食品のお店は閉まっていましたが、
雑貨や洋服などの店は当たり前のように開いています。

台湾2013冬2 (52)

お嬢ちゃんになんとなく睨まれてしまいました、w。
1月なんで布団なんかが売っているんですが、
この日の気温は23℃。
キティちゃんの布団が活躍する日は、そんなにないのでしょうね。

台湾2013冬2 (38)

セクシーなお姉さんもいました、藁。

台湾2013冬2 (56)

これまたセクシーな看板。
ランジェリーショップなんですね。

台湾2013冬2 (58)

午後6時開店の軽食屋(小吃店)さんみたいですが、
明け方までの営業というのが曰くあり気です。
越南風情という店の名も曰くあり気です。

台湾2013冬2 (57)

厳しい監視の目もありました、苦笑。
テーマ: 台湾旅行 - ジャンル: 旅行