旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
南房総1

昨年末から房総ばかり行っている私なんですが、
昨日も房総にいました。
アクアラインで木更津→君津を通り抜け、
そこから一気に山越えで鴨川へ向かうという道筋です。
昨日の場合、とある優秀なドライバーが全行程運転してくれましたので、
息子と私はラクチンでした。

画像は鴨川の海岸なんですが、
いやあ、あまりの温暖さに驚きました。
シャツ一枚でも通用しそうな暖かさです。
山越えは亀山湖の南を通ったのですが、
そのあたりは、数日前に降った雪が残っており、
鴨川までは20分足らずという距離でのその差にビックリなのでした。

南房総2

なんの目的も当てもないドライブでしたが、
南房総、しかも千倉あたりでは、くじらという文字が目につきます。
てなわけで、くじらを買いに立ち寄ります。
くじらのたれ、というのは、くじらの赤身の保存食でして、
醤油ダレにつけこんで天日干ししたものをいいます。
と言っても、みりん干しみたいなのとは違い、
甘みのないストレートな醤油味と塩味があるようです。

南房総4

まずはクジラハムです。
これは製法がハムそのもので、
塩を使って熟成させたものです。
まさにハムなのですが、
これを食べると、くじらは魚というより、
家畜系の味わいが強いなあと実感します。
ハムなので、マヨネーズと相性がいいです。

南房総3

続きましては、ビーフジャーキーならぬ、
ホェールジャーキーです。
ビーフジャーキーと同じ味付けをしているので、
これまた、魚というよりは.....というかんじてす。
さかなっぽさ10%未満と断言してしまいます。

南房総5

さて、これが問題の「くじらのたれ」というやゆつです。
ハムやジャーキーよりも黒さが際立っています。
遠火であぶって焼くと美味しいというので、
さっそくやってみました。
じつはこれがいちばんさかな感がありました。
炙ることで海産物臭さがあらわれてきます。
酒飲みが好みそうなしょっぱさと臭みでした。

捕鯨文化というのは、
紀伊半島南端のみに残っているのかと思いましたが、
千葉の南端近くにもしっかり残っていました。
そういえば、房総にも紀伊半島にも南端に白浜という地名がありますね。

それにしても、休日なのに一度も渋滞に出くわさなかった、
希有なドライブなのでした。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

【2018/01/09 23:33】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |
最近、駅そばとか立ち食いそばとか、
高速道路のSAなんかのおそばがとてもいとおしいんです。
おそらく、近年、蕎麦が高級化して、
ざるそばをお腹いっぱい食べたいと思ったら、
2000円くらい出すハメになるような店が増えているその反動かと思います。
500円以下でてんぷらそばが食べられるなんて、
これこそ、日本食の神髄だと思うんですが、いかがでしょう。

鎌倉大船軒

というわけで、今回は鎌倉駅構内にあるそば屋さんです。
カウンターのみの小さな店で、
しかも、カウンターの中のおばあさん一人で切り盛りしてました。
もちろん、この手のおそばですから、
軽く湯通ししたくらいのおそばが出てくるわけですから、
そばのこしがどうの、香りがどうのなんて言う気もありません。
ひたすら、手早く熱々のそばが食べられればそれでいいわけです。
このお店のつゆは、ちょぃと甘めなんですが、
性懲りも無くずずずぅっと音を立てて喰うわけで、
しかも、さらに懲りずにつゆを全部飲み干してしまうわけです。
これで380円ですから、北風の厳しかった日は、
学生、リーマン問わず、すすって飲み干してしまいたくなります。

鎌倉大船軒1

サイドメニューに330円のたれカツ丼刻みのりかけなんぞを食べますと、
これぞ、日本人のいろはのい、という気がしてしまうわけです。




FC2blog テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

【2017/02/28 21:08】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |

No title
切れ込むべ
駅蕎麦なんざぁこういうのがいいんですよ。
但し汁は鰹ベースで労務者フレンドリで塩辛く、
ネギと七味はかけ放題で、かけで300円未満...
というのがイイですなぁ。

小生にとっては、千葉駅構内の万葉軒、昔かけそば一杯が180円だた時代があり、直近は300円くらいでしたかねぇ、いずれにしても安いw 社長が算数が苦手で良かったですw

その万葉軒も、千葉駅大改装の煽りを食って立ち退きを余儀なくされ、二度と味わうことができなくなりましたが、千葉に次ぐ第二の駅蕎麦と言えば、浅草橋駅の越後そばです。ここはざるそばがウマかったです。もう20年以上前の記憶ではありますが...。

いずれにしても、この2軒を凌ぐ駅蕎麦・立ち食いそば屋には出会ったことがございません。結構蕎麦屋って難しですよね。

隊長殿
トルファン
わたしの子供時代と隊長のそれが一致するかはわかりませんが、
わたしの子供の頃も確か180円くらいだったと思います。
1970年代ですかねえ。
東急線沿線の駅には、田園そばという立ち食いそばチェーンがありまして、
思い出すだけでも、大井町、大岡山、旗の台、自由が丘、二子玉川、元住吉などにありました。
お店によって、微妙に味が違ったり、
メニューが違ったりしたものでしたが、
それがまた楽しくて、生意気な小学生が食べ歩いてました。
ある時期を境に、....というか、
たぶん、バブルの80年代のせいなのか、
田園そばは一気になくなってしまいましたが、
近年は、富士そばとかゆで太郎とか小諸そばとかが、
全盛を極めていますけど、うちの近所にも駅のガード下に古くからある、
大和屋という立ち食いそば屋がまたいいんです。
わたしのパターンは、仕事の休みの朝、ここでちくわ天そばを喰うというのです。
コロッケそばもおすすめです。

No title
切れ込み君
土地の値段が上がりますとテナント料が上がりまして、単価の安い立ち食い系、安さがウリの庶民派の店では採算が如何にも悪く、悉く立ち退きの憂き目に遭いましたね。

学生街にある学生御用達、学生専門のような店も、採算が悪くなったのと、そもそも苦学生が少なくなったのが影響して、かなり見なくなったと思います。飯田橋駅前にあった「アミノ」という400円くらいでハラいっぱい食わせてくれる店を連れが大好きで、時より立ち寄ったのですが、駅前再開発で、店があった面影すら亡くなってました。25年しかたってないのですがね。

ところで御紹介に与りました店、東京にいるうちにできるだけ行ってみたいと思います。まぁ小生は立ち食い系は「かけ」と決めてまして、3歩譲って天麩羅でしょうかね。オイシイ鰹出汁系のお店に行ってみたいです。


隊長殿
トルファン
中延という駅があるんですが、w、
あそこにはなぜか駅前に2軒も立ち食いそば屋があるんです。
わたしは、ほぼ大和屋専門なんですが、
あそこにある珍しいてんぷらが、げそのかき揚げです。
お店の自家製かき揚げなんですけど、
いかげそとタマネギの天ぷらという、
あまりないパターンの作品です。
かけそばは一杯280円という、まあオーソドックスな値段で、
これにいかげそ天を乗せて400円。
さらにリッチに行くときは、ちくわ天100円です。
ワンコインで充実の一杯です。
ただ、そばがちょっと時間によってはゆるい、苦笑。
ゆるいというか柔というか。


No title
”切れ込め”
かけでニッパチが、天婦羅乗せるとヨンゼロですか。
即ち天婦羅が、自家製とはいえイチニーもするんですね。

小生、自分チで蕎麦を茹でる時はワレメ、もといワカメに月見を落として、そしてウラのスーパーで天婦羅を買ってきて、「全部乗せ」みたいなことやるんですが、その天婦羅が、どこの店行っても100円から120円はするんですよ。あれは何なんでしょうか、全国天婦羅協会が、かき揚げは120円と、カルテルを組んでいるとしか思えない統一価格じゃありませんか、ユルせませんぜ。

今度亀戸の200円弁当屋に行って、トッピング見てみます。
天婦羅がいくらで売っているか。
そこも120円だったら、たぶん日本の全国天婦羅協会は、アップル並みのプライスリーダーで、ロスチャイルド級の価格制御力を持っているはずです。


隊長閣下
トルファン
最近、亀戸のお弁当にご執心のようで....w。

まあ、天ぷら、とくにかき揚げに関していえば、
120円とか100円で食べる事が出来れば、ONの字だと思いますよ。
なにしろ、我が店の桜もちだって140円するんですから。

スーパーによっては、茄子とか芋とかが80円くらいで販売されていますから、
多少はカルテルが結ばれているかもしれませんが、
わたしに免じて、立ち食いそば屋を許してやってください。v-14

コメントを閉じる▲
かつやのカツ丼松

以前より、かつやには何度が突入したことがあるのですが、
なにしろ毎回カツカレーでした、w。
        ↓
かつやのカツカレー

ところが今回、何かテイクアウトで弁当をと思って、
従来の牛丼系ではなくて、かつやでカツ丼というひらめきがありました。
それが上の上の画像です。
かつやでふつうにカツ丼ということになると、
500円くらいで食べることが出来るのですが、
調子に乗って梅より松だろうという安直な気分が私を支配しまして、
918円税抜きというビックリのお値段と量のカツ丼になってしまいました。
松というと、なんと分厚いカツが2枚分なんです。
そもそもカツ丼って、
おそば屋さんの食べ物で、
比較的薄めのカツが、
出汁のきいた濃いめのつゆで煮込んで卵とじ、
ということになるわけですが、
このカツ丼、かつが分厚すぎて、
つゆがどうしても均等にしみこまず、
お肉がまんま主張してしまっている、
という状況に落ちしてしまってます。
やはり、カツ丼はカツが厚ければいいという作品ではないようです。

ちなみにご飯は並盛のはずなのに、
ボリューム過多で食べきれず、二度食いしてしまいました、汗。


FC2blog テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

【2016/07/25 22:26】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |

No title
Captain☆kirekomi
ところでこのサンプルのカツカレーまでもがダブルカツやないですかw
さぁ、準備はいいですね、これからトリプルカツを迎え撃ちにいきましょう。
その次は、BKよろしくクワトロカツでしょうか、強敵ですぞ。

【名前】 カツドン
【H P】 20/20
【進化先】 ダブルカツドン→トリプルカツドン→クワトロカツドン
【強化】 しょうゆ
【進化】 ぶたにく、たまご、ごはん
【アイテム】 どんぶり


隊長殿
トルファン
隊長、完全に「ぽけごう」モードに突入しているじゃないですか。
そもそも、私、ポケモン世代ではないので、
書かれている意味をあまり理解していないのですが、汗。
いずれにせよ、
ダブルでカロリー1000越えでしょうから、
トリプルとかクワトロとかは、
限界値を遙かに超えてます。
バーストしてしまいます、w。


No title
切入队长
私もポケモン、全然知りませんよ。
なんたって、ケータイやネットはおろか、ATMもコンビニも無かった風景を知ってますからねぇ。テレビが白黒だったの覚えてますもん。

そういう世代が、今やポケモン捕まえただのなんだのと、バカなことやって時間潰して、挙げ句の果てにはガキからカツアゲしたりして、平和この上無いですな日本は。テロの一つや二つ、あったほうが背筋伸びるかもしれませんよ。


切入队长
トルファン
話がおじさんの昔話になってきたじゃないの、w。

それにしても、我が家の界隈は、
どうもポケモンが多数出没しているようで、
うちのはす向かいの大原不動尊は、
ポケモンのジムになっています。
近所のマックもなんだかそう言う場所みたいで、
夜になるとおばさんとかおじさんみたいな人まで、
スマホ片手ににらめっこしてます。
世も末だなあ。


No title
切れ込み♡隊長
ポケモンGo、ただ家でのんびりしてるだけでは動物がゲットできないんですよね。
家から出て、動物が出てくるポンイトまで行かなきゃいけない。
ましてジムとか行ってハッテンさせるなんざ、それってホモの生態ですよ。

もうその時点で面倒くさくて小生は付き合いきれません。

それに、モンスタはハッテンする方向がもう決まりきってるとか。
そこがもうツマンナイですよね、いろんなモンスタを掛け合わせて、自分のオジリナル
を作るとか、そういう要素は考えなかったのかなぁ。


隊長殿
トルファン
モンスターを掛け合わせるということは.....。
凸と凹があって、その子どもが生まれて.....。
うーん、深遠なる生と性の世界なのでしょうか。
さらに、新しい発展のため....血統を考えると....。
ほとんどダービースタリオン、藁。


コメントを閉じる▲
3685

たまに無性に立ち食い蕎麦を食べたくなるときがあります。
うちの近所の駅前にも古くからある立ち食いそば屋がありますが、
もう40年近く通ってます。
チェーン店では、ゆで太郎なんかはよく行きます。
画像は、かけそばとかき揚げ丼(小)のセットで、500円です。

3686

500円でこれだけのものが当たり前に食べることが出来るわけですから、
日本の食文化は、素晴らしいと賞賛せざるを得ません。
外国人が日本に来るわけだわ。


FC2blog テーマ:立ち食いそば・うどん - ジャンル:グルメ

【2016/05/01 22:33】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |

No title
💖切れ込み隊長❤️
いや、これは台湾の蕎麦屋でしょう。だって写真に入り込んでる「無料券」のデザイン、なんとアジア色の強い広告でしょうかw そして全部繁体字で、平仮名が一つも無いんだものw

No title
トルファン
言われてみるまで気づかなかった。確かに色使いは中華系ですね。

No title
切れ込み💕隊長
何度も言いますが、立ち食い蕎麦やのNo.1はJR千葉駅の万葉軒です。本来は弁当屋ですが、ソバ屋もやってます。そしてこの蕎麦がウマいのなんの。まぁ蕎麦がウマいというか、麺汁がウマいんですがね、ダシが効いてて。とにかくウマかったのですが...JR千葉駅の改装に伴い、店舗がいつの間にか消滅してやがって、一時退去でなく完全撤退のような噂も聞こえてくるわけで。あとは浅草橋駅の蕎麦屋に期待するしかないかなぁ...。20年以上行ってないけどw

コメントを閉じる▲
蓬莱

台湾話が続いたので、ちょっと一休み。
ちょっと見は和菓子屋さんの作る上用饅頭みたいです。

蓬莱1

ところがお皿にのせてみるとかなり大きい。

蓬莱3

というわけで豚まんでした。
関東では肉まんというのが通例ですが、
これは関西生まれです。
近所のイトーヨーカドーで物産市をやっていたのですが、
パッケージには蓬莱と書いてありました。
ただ、品川区ではなんの神通力もないのか、
売れ残っていてしかも20%オフになっていました、苦笑。

味の方ですが、わたし的には美味しいことは美味しいと思うわけですが、
もうすこし個性があってしかり、だと思います。
気になったのでちゃんと調べてみ見たら、
これは551蓬莱とは別物ではと思うに至ったわけです。
まったく紛らわしいここの上ないです、涙。

FC2blog テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

【2015/11/29 21:59】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |


Captain☆Kirekomi♡
正直言って、豚まん系はコンビニに売ってるのでもう十分だと思うんですよ。
そこに井村屋、中村屋、そしてザキヤマのスリートップがありますでしょ。
そこにきて今はワケのワカランまんが有りますからね。
蓬莱の豚まんもウマいですが、一個200円弱もしたらもうお得感が無いんですよ。
正直、出番が無いんですよ。

とにかく日本ってのは、24時間街角のどこに居ても、一個100円未満から150円くらいで、
あれだけウマいのものが食えるんですから、マジ日本は幸せです。
(しかもウマいのは豚まんだけではないのだ)

中国や台湾、香港なんかにもコンビニは沢山あるんですが、中華まん系でコレゾイチオシ、
という逸品に出会ったことがまず無いんですよね。
強いて言えば飲茶の叉焼包か、杭州は西湖のほとりにあったの豚まん、この二つだけです。
中華まんなのに、中華圏で中華まんが全然マズいというのがどうもね、
中華圏で拉麺食ってウマいのに遭ったことがほぼ皆無、というのもどうしたことなんでしょうか。

それにしても、昔って肉まん・あんまんがデフォルト・スタンダードだったじゃないですか。
それ以外は有り得なかったと思うんですけど、誰なんですかね、中にピザを入れたのはw
カレーを入れるのは分かるし、その頃(80年代初期?)から自由になりつつあったと思うんですが、
ピザを入れるという発想は、最初分かんなかったですけど、大ヒットですよね。

ほんで、この豚まんもそうですが、コンビニで売ってるおにぎりね。
コンビニ弁当を除けば、おにぎりと肉まんが、最もこの30年間で進化したんじゃないでしょうか。
だって我々がガキの頃、握り飯といえば中は梅干しか塩鮭が定番でしたから。
ツナやおかか、昆布はマイナーな存在を越えてませんでしたよ。
塩おにぎりとかいう、詐欺師が握ったが如き手抜きの権化みたいなのも居ましたが、藁w

でもところが今はなんだかワケのわからない具が堂々と挿入されてるじゃないですか。
ハンバーグとか焼肉とか、白身魚のフライだとか、完全にライスバーガー化してるのもあったり。
時代は変わるもんですなぁ。




トルファン
日本の肉まんのレベルを思うと、
中華圏の肉まんとはまるで違う発展の仕方をしたなあと思っています。
ヤマザキとかイムラヤなんかはそれこそ老舗中の老舗ですけど、
あのふかふかの皮にたどり着いたことが、
日本の肉まんの独自の発展を遂げる端緒となったんだと思います。
中華圏の肉まんの皮のようにもったりとしたものが日本で主流で有り続けたなら、
Captainがいうようなカレーまんもピザまんもあり得なかったと思います。
日本の肉まんのすごさは、ふかふか系を発展させつつ、
中華系の肉まんもコンビニで食べられるというところです。
いまのところ、Captainの好きな叉焼まんはまだメジャーになりきれていませんけど、
いずれ日本のコンビニのメインストリームにのし上がってくるやもしれません。

もう、おにぎりに至っては、論評すると1時間くらい費やさなくてはならない、w。
おにぎりを温めて喰うなんて技、脱帽以外なにものでもないです。
こういうことへのこだわりこそが日本なんだなあと、
つい先日、台湾のコンビニに日に何度と突入していた私は思うわけです。
世界中の人に日本のコンビニ文化を見せたいですな。

といいつつ、
コンビニが街の商店街をつまらなくさせているのも事実.....。

コメントを閉じる▲
汁無し

夜中になんですが、汁無し担々麺です。
4年前に食べた汁無し担々麺がバーミヤンではベストでしたねえ。
辛さもありしびれもありで。
今年もまあまあだったんですが、
やはり汁無し担々麺に水っぽいもやしはミスマッチかと。
来年は、ごまの濃厚さとしびれのある担々麺に期待します。
最近のバーミヤン、ちょっとパワーが落ちている気がします。

FC2blog テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

【2015/09/27 23:56】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |


切れ込み☆隊長
タタタ、担担麺にもやし!? 完全に、担担麺を日本のラーメンの一種だと思い込んでる無知と偏見がそうさせるのでしょうな。やはり中国で食べた四川料理屋で出してくるの担担麺が一番オイシいですね。


トルファン
やっぱ、問題でしょう、もやしは。
そもそも、ラーメンに大量のもやしやキャベツも私はあかんと思っています。
スープの美味しさ、麺のうまさを殺してしまいかねないですから。
魔大陸でも旨いのは飛びっ切り旨いのがありますが、
当然、下手打ちも多いわけで、w。


コメントを閉じる▲
チキンライス

先日、ちらっとお昼時に五反田にいたので、
かねてより気になっていたマレー料理のお店に入ってました。
ランチタイムは、みな、海南鶏飯が目当てでサラリーマンがやってきているようです。
海南鶏飯とというのは、シンガポールやマレーシア、
あるいはタイあたりで食されている鶏料理で、
鶏肉を皮ごと蒸し上げたものと、
鶏肉の蒸し汁を使って炊きあげたご飯を一緒に盛りつけ、
お肉はたれをつけながら食べるという、
まあ、丼飯のようなものです。

私は、それこそ四〇代になるまでこれを食したことがなかったのですが、
とあるオフ会において横浜にあるタイ料理の店でカオマンガイ、
すなわち海南鶏飯に出会って以来、
ずうっと食べるチャンスをうかがっていたわけです。
近年こそ海南鶏飯はあっちこっちで登場していますが、
10年前は意外と見かけなかったものです。

というわけでこの海南鶏飯、
蒸しと照り焼きの2種にご飯という組み合わせだったのですが、
美味しいことは美味しかったのですが、
かつて横浜で食べた海南鶏飯は、
もっと濃厚な鶏の味がきいたご飯でした。
じつはこのブログに載せなかったのですが、
過去に2度、やはり某所と某所で海南鶏飯を食べたのですが、
やはりご飯に鶏の主張が足りませんでした。

じつは最近知ったですが、
台湾にもこの手の店があるようです。
ひとつ挑戦したいものですねえ。



FC2blog テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2015/05/12 21:23】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |


南昌
去年の年末年始に現地で死ぬほど喰いました、もう当分喰いたくありません。


切れ込み✲隊長
いえいえ、海南鶏飯は中国だと南方料理のメジャーどこです。
少なくとも広東料理屋とかならどこでも食べられる、というくらいにメジャーです。それこそ香港なら、ドコいっても食べられますよ。中港城というフェラーターミナルにあるのレストランで出てくる海南鶏飯とカレーはマジでウマいっす。

ところでこの海南鶏飯の最大の欠陥は、日本人のクチに合うお手頃な料理なのですが、この鶏肉がね、小骨入ってるんですよね。これがまた食べづらいことこの上ない。つーか本場中菜の鶏肉は基本、ブッタ切りで骨付きがデフォですから仕方ないのですが、ガブガブ行きたいのに残念この上ないです。


トルファン
南昌さん
死ぬほど喰うほどのもんでもないと思いますが...w。
日本で美味しい鶏肉を食べようと思うとねえ。
その点、中国の鶏肉は意外と美味しいと思うのは私だけかな。


トルファン
隊長殿
中国や香港の海南鶏飯って期待して喰うと、ご飯が鶏だしで炊いていなかったりします。
ありゃあ、白切鶏飯でしかない。
せっかく鶏が美味しく蒸し上がっているのに、
そして、つけだれがいい味だったりするのに。
あくまでお米を濃厚な鶏汁で炊きあげるのがよろしいんです。
是非、中港城で挑戦してみたいものです。

コメントを閉じる▲
休みの日に、
久しぶりにわざわざランチ目的の予定を組みました。
牛カツを食べる、
これがテーマでした。
もともとトンカツは大好きです。
まあ、串カツも好きです。
そういうことならメンチカツも好きです。
この時期だとカキフライも好きです。
しかし、牛カツは未体験ゾーンでした。
というわけで、2014年の掉尾を飾るランチタイムは、
新橋駅前のビルの地下にある牛カツ屋さんにしました。
お店はまるで元懐かしの喫茶店というような風情でした。

開店時間は11時です。
当然、5分前到着です。
しかし、月曜日の民衆はそんな私の考えを軽く打破しました。
すでに階段のところに16人の強者が並んでいました。
18分の後、カウンターに座り、
牛カツ丼にご対面です。

うしのカツ1

お店のおかみさんは、牛ロースカツ定食1300円がおすすめと、
軽やかに訴えてきました。
多くのみなさんもそれを選択していました。
しかし、私はどんぶりにこだわってみました、
お好み焼き仕立ての。
ちょっと甘めのソースとマヨネーズ。
牛カツの下にはかつおぶしとキャベツです。

うし2のカツ

ここの牛カツの揚げ時間は30秒。
あっという間の出来事です。
だからこそ、レアな色をしているわけです。

私の揚げ物のイメージは、アツアツハフハフです。
揚げたてが何よりです。
しかし、この牛カツ、レアでなくてはならないので、
中までアツアツになりません。
ですから、仕方ないことではありますが、
揚げたてのアツアツ感がありません。
しかも、はやく食べないとあっという間に冷めちゃいます。
これはレアで仕上げることの宿命なのでしょう。

というわけで、個人的見解ではありますが、
レアな牛カツはそもそも揚げ物としては不向きなのではという結論に達したわけです。

FC2blog テーマ:どんぶりが食べたい! - ジャンル:グルメ

【2014/12/25 22:15】 | 食べ物・飲み物エトセトラ
トラックバック(0) |