常陸の国での一枚


先日、ちょっとばかり常陸の国の佐竹というところにお邪魔しました。
たまたま古いお社を発見しまして、
苔むした参道を歩いていましたら、
なんと紫陽花が咲いているではありませんか!
お社といい、鄙びた参道といい、
そして季節はずれの紫陽花といい、
どっぷりと、日本を感じてしまいました。


スポンサーサイト
テーマ: 季節の花たち - ジャンル: 写真

今年も戸越・文庫の森の桜

今年も品川区戸越にある文庫の森の桜です。
撮影は昨日だったので、素敵な青空でした。
デジイチで撮りました。

2015文庫の森4

2015文庫の森3

2015文庫の森2

2015文庫の森

2015文庫の森1




テーマ: 写真日記 - ジャンル: 日記

もうすぐ節分







東京は寒い日が続いていますが、

今のところ雪が積もらないせいか、

わたし的にはまだ厳しい冬という感じがしません。

店先のしろい椿はもう終わりましたし、

南房総からは新芽のヨモギも入荷しました。

目黒不動近くの両親の眠る墓の前の朧梅もきれいに咲き誇っています。

春は間違いなく近づいています。
テーマ: 今日のつぶやき。 - ジャンル: 日記

2011年の桜

2011年の桜1

今年も桜の画像を.....。
品川区戸越公園の隣にあります、
国文学資料館の跡地の桜です。
桜と水辺というのは、意外とマッチしますね。

2011年の桜2

なんとなしに絵画的になるような気がするんですが...。
まあ、写し手がもう少し上等だとさらにいいんですが。

2011年の桜3

この桜の淡い色合いを写しこむのは、
けっこう難しいんです。
なかなか納得した写真をゲットすることが出来ないですね。
つい、シャッターの回数が増えてしまいます。

2011年の桜4

水面の花びらを見ていたら、和服の模様にならんかなあと思ってしまいました。
あるいは、手ぬぐいの柄.....。

それにしても、桜の花の寿命の短いこと。
テーマ: 写真日記 - ジャンル: 日記

七沢森林公園にて




なんだか、まだ、春浅しというかんじですが、
ただいま、厚木にある森林公園にいます。
まさに浮世から逃避しちゃってます。
とても穏やかでいい気分です。
上記の画像は、桃の花と水仙です。

七沢の春1

七沢の春3

七沢の春4

七沢の春2

確実に春は近づいている、
そんな色ですね。
テーマ: 花の写真 - ジャンル: 写真

2010年の桜ー桂川河川敷

桂川1

2010年の桜シリーズの最後は、
山梨県の東の端っこ、上野原市の桂川河川敷の桜です。
たくさんあるわけではないのですが、
対岸から見る桜は、春おぼろ、というか、
春がすみというか、
これはこれで風情があります。

桂川2

月曜日のお昼過ぎということで、人もいません。

桂川3

花曇りで、雨も落ちてきそうな雰囲気ですが、
それがまた、河川敷全体を霞ませています。


桂川4

アップで撮影すると、
妙に色っぽく感じるのは私だけ、苦笑。

また来年まで、さようなら、です。
テーマ: 花と生活 - ジャンル: 趣味・実用

2010年の桜ー旧国文学資料館

国文学資料館の桜1

今年の桜の時期は、晴れ間が少なくて、
なかなか気持ちのいい桜の写真を撮ることができませんでした。
本日の画像はそんな中、
昼休みに一眼デジカメを引っ張り出してきて、
近所の新しくできた公園の桜を写してきたわけです。
この公園、
いまでこそ、気軽に公開されてはいますが、
以前は、国文学資料館と呼ばれていまして、
建物も中の雰囲気も一見さんにはちょっとねえ...という匂いを醸し出していた、
近寄りがたい聖域?でした。

国文学資料館の桜2

真剣に国文学、とくにこの資料館は、
明治期以前の古典を扱った場所だったわけですが、
お気軽に入館は出来ない、研究者だけのものだよ、
という雰囲気がそこはかとなく流れていたもので、
近所の人でもなかなか足を踏み入れたことがない人が沢山いたと思います。
私も、初めて入ったのが20歳を過ぎてからですから、
なかなか敷居が高かった、苦笑。

国文学資料館の桜3

じつは、この資料館、
駒場にある資料館と統合されてしまいまして、
品川区に返還されてしまったわけです。
品川区としては、とりあえず、
突貫工事を行いまして、なんとか桜の時期に間に合わせて、
公園風に仕立て上げたというわけなんですが、
今後、どんな風に活用するのか、
私としては、この風景を壊さないで欲しいと思っていますので、
上手に再利用してもらいたいと思っています。

国文学資料館の桜4

桜はどうして水辺が似合うのでしょうねえ。
テーマ: 花と生活 - ジャンル: 趣味・実用

2010年の桜その1

富士見台の桜

日本の春、やっぱり桜ですね。
東京都区内は葉桜になりつつありますが、
今年も断片的に桜を撮影しましたので紹介したいと思います。

東京をうろうろしていますと、
いや、品川区をうろうろしていますと、
ホントに大小取り混ぜて桜を見ることが出来ます。
そして、公園にかならず桜の木があります。
春、日差しの中で、ありふれた公園で、
子供達が遊ぶ.....、
そこに桜が満開というのは、本当に気分のいい光景ですね。

大井町の桜

川沿いに桜というのもお決まりの風景なのですが、
大井町のこの桜、道路の脇です、w。
じつは、この道路、立会川の脇の道路なんです。
川は、何十年も昔にふたをされてしまって、暗渠になっています。
この通りには、ソメイヨシノも八重桜もありまして、
長い期間、桜を楽しめるのですが、
この画像の桜、背が高くて、ちょっとりりしいお姿です。
樹木には、樹相というものがあるそうで、
花だけではなく、幹の姿を楽しむ、というのもおつなもんだと思います。
テーマ: 花と生活 - ジャンル: 趣味・実用