旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
IMG_20180302_200553.jpg

IMG_20180302_200605.jpg

久し振りにカツカレーの話。

近所のアーケードのある商店街に、
欧風カレーの店が出来たというので、
先日、行ってみました。
何を持って欧風というのか、
それぞれ解釈の違いはあろうことかと思いますが、
基本的には、タマネギをどう扱うか、
というのがキーポイントかと思っています。
加えて、果物なんかを使うと、
インド的でもジャパン的でもない欧風が出来上がるのかと。

さて、このカツカレー、
残念なことにカツが揚げたてでなく、
しかも、ルーもご飯も熱々ではなく、
口の中がやけどするほど...を希望する私としては、
ちと残念な結果でした。
カレーライスって、さっさと食べないと、
どんどん冷めていってマズくなると思っていますので、
なんでぬるいカツカレーだったのか、
ちょっと寂しかったです。





というわけで、もう1本。

IMG_20180307_171350.jpg

厚木PAは、お馴染みの休憩場所なんですが、
ここのレストランからカツカレーが消えてしまいました。
かわりに自信作といいたげな唐揚げカレーがありましたので、
妥協の産物....として、いただいてみました。
最近、カレー専門店でも唐揚げカレーは当たり前のようにありますが、
とんかつの衣を愛好している私としては、
若干、不本意ではあります。
とはいうものの、
ここの唐揚げ、竜田揚げ的に醤油っぽくなく、
シンプルな塩基本の味付けで、
しかも、あっさりとした味付け、
カラッとパリッとジュワッとした揚げ具合で、
意外とカレーと相性がいいんです。
カレーのルーも日本洋食系でいいかんじでした。

ごちそうさんでした。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2018/03/23 23:28】 | カレー
トラックバック(0) |

No title
キレてます隊長
果物をはちみつと合わせてウマいこと活用しているハウスなんとかカレーとは、あれって欧風だったんでしょうかw 先日、串カツ屋で知らぬウチに口蓋を火傷して皮がペロリとムケムケした小生にとっては、やはりカツは少し冷ましてから出して欲しいものですし、メシは冷、カレーはアツアツが最高だと思いますw

唐揚げはなんでしょうね、今、カレーだけでなく、弁当でもどんぶり飯系でも、なんかヤタラと唐揚げがハバを利かせるようになってきたの気がします。同じ揚げ物系でも、原価が安いからじゃないですかね。アベノミクスの負の遺産ですなw

コメントを閉じる▲
平塚・キャラウェイでカツカレー2

先日、ちらっと平塚にようがあったので、
お昼前、ご飯でもと、検索してみましたら、
駅の近くにカレー&スパゲティのお店がありました。

平塚・キャラウェイでカツカレー1

当然、カレーとなるとカツカレーです。
突入してみることにしました。

平塚・キャラウェイでカツカレー5

またいつ来られるかわからないので、
年甲斐もなくカツ2枚仕様にしました。
これで1080円です。
もうこの段階で真っ黒なルーが際立ってます。

平塚・キャラウェイでカツカレー3

カツにパセリなんて振ってあり、
洋食屋テイストなかんじです。

IMG_20170904_114627.jpg

真っ黒でグズグズに煮込まれたカレーです。

平塚・キャラウェイでカツカレー4

黒胡椒が効きつつ、ほのかな酸味も感じられますし、
甘みもまた洋風カレー的奥深さです。
出色は、この揚げたてのカツです。
かなりしっかりとパン粉に粉チーズが混じっているかんじなんですが、
それがこの黒いルーとベストマッチで、
このお店独特のカツカレーの世界を構築しています。
わざわざ平塚まで遠征して食べるだけの値打ちアリの、
1080円でございました。

ごちそうさまでした。






FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2017/10/30 22:12】 | カレー
トラックバック(0) |


一昨日の話なんですが、
家族に見捨てられて、
1人家に残っていた私は、
実は嬉々として近所に出来たお店へ出かけてみました。
あの松乃家がすぐ近くに開店したのです。
ただのトンカツ屋のチェーン店と侮ってはいけません。
本格的な揚げたてトンカツをあしらったカツカレーが、
630円で食すことが出来るのです。
具がないと侮ってしまいがちなカレーですが、
カツにマッチした欧風系のこのカレー、
否定する言葉が見つかりません。
安倍総理のようにカツカレーに易々と白旗を挙げる私ではないので、
あっさりと完食いたしました。
常連決定です、藁。

FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2017/09/21 17:57】 | カレー
トラックバック(0) |

No title
キレ隊長
ハナの30代を中国に捧げてきた若大将が、13年勃って中年ド真ん中になり、日本に帰ってきてから2年半が勃つわけですが、ホント、日本って食べものが非常においしいです。特に、カレーってのはマジでウマいですね。「カレーは飲み物」とはよく言ったもので、いくらでも食べられますね。

日本の食文化と中国の食文化、基本的には全然違うと思うんですね。中国のは、狭くて深い。日本のは間口が広い。中国は、とにかく料理の種類は豊富だし、そもそも食材が豊富。加えて調味料も複雑なので、同じ料理でも地方ごと、店ごとで味が全然異なるわけです。

ですが日本食の場合、そもそもの倭食に加えてまずラーメンね、それからカレーや天麩羅、焼き肉もそうだし洋食系もそう、即ち海外起源の料理がとても多いじゃないですか、とにかく種類が豊富なんですね。

だからとっつきやすい反面、進化の結果、原型とは異なった料理になっているのものも相当ありますよね。ラーメンやカレーなど、ポピュラになればなるほどその傾向は強いように思います。

だってもう、どこのインド人が、カレーに豚肉やら、まして牛肉が入ると思うでしょうか。加えて、揚げた豚肉が乗って付加価値が上がるとか、殺生と贅沢の権化のような食べ物になるなど、想像もつかなかったことでしょうねぇ。

でもいいんです。
だって日本でも、城東地域を中心に、本格的カレー屋が増えていますけど、COCOイチよりウマいと言える店なんか、少ないもの!ぜひ、COCOイチは、もっと世界に飛び出てしかるべきやと思うんですけど、なかなか腰の重たい会社ですよね。

No title
トルファン
ボス、そんなにCoCo壱番屋が好きですか。
私なんかまずおごってくれるといっても行きませんけど、w。
かつやのカレーのほうが旨いと思うんですがねえ。
最近では、松屋のとんかつチェーン「松乃や」のカレーがおすすめなんだけど....。

中国の場合、都市部は水準がそれなりに高いですけど、
地方へ行くと、格段にレベルが落ちたりしますからねえ。
そういうときは、もう人民が並んでいる店を狙うしかない、苦笑。

コメントを閉じる▲
最近は、めっきりカツカレーを食べる機会が減りましたが、
それでも、見ると食べたくなるという習性は、
変わることなく続いています。

というわけで、今回、三十三観音巡りの帰り、
関越の上り三芳PAでカレー専門店を見つけてしまいました。
堂島カレーといいまして、
名前の通り関西大阪系のカレーです。

堂島カレー2

真ん中にご飯の山がありまして、
その上からとろみが少ないルーがかかっています。
そして、しっかりとした厚みの温かいカツが乗っています。

堂島カレー1

聞くところによると、
大阪系のカレーの特徴は、甘い-辛いだそうです。
そういえば、渋谷で食べた上等カレーも甘い-辛いというパターンでした。

カツカレー愛好者としては、
カツにパンチがあるため、カツに負けないくらいの強い主張とこくのカレーでないと、
カツに負けてしまうのではと常々思っているわけですが、
この堂島カレー、ルーは美味しいのですが、
カツに負けているかんじがします。
ただでさえ負け気味なのに、
ルーがカツにかかっていないので品の良さだけが目立って、
本来カツカレーのあるべき姿というか、
がっつり感みたいなものが今ひとつ足りない気がします。
せめて、カツの上から惜しげも無くルーをかけて欲しかった。
カツとカレーを別々に楽しめ、ということでもないんだろうと思うんですがねえ。
これでサラダ・スープ付き900円なんですから、
ちと残念感が残りました。




FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2017/08/03 22:44】 | カレー
トラックバック(0) |

No title
キレキレ隊長
ですが、やはり東松山まで行かれましたら鶏、じゃあないでしょうか。
まぁかく言うその手前まで通勤していた小生とて東松山くんだりまで赴き、鶏肉を貪るマネなぞしませんでしたけどねw だって鶏肉なんかどこでも食えるんだもの。

因みに東上線の若葉という駅から徒歩30分弱のトコに、日本では珍しい道教寺院があります。そこへ行かれてもよろしかったか、と。

隊長殿
トルファン
徒歩30分ですか。
炎天下にいったい何㎞歩かせるつもりなんですか、藁。
でも、道教寺院なんて誰が建てたんでしょう、埼玉県に。
台湾人のどなたかですかね。

コメントを閉じる▲
鮫洲の試験場1

先日、免許の更新に行ったついでに、
久し振りにカツカレーを食べてしまいました、w。
まあ、試験場のような施設で食べるカツカレーですから、
あまり期待してはいけないんですが、
それほどマズくはありませんでした。
揚げたてのカツだったら、
某カレーチェーンより好きです、私としては。
価格が810円というのは、ちと高い気がしますが。

鮫洲の試験場2

話は突然転換しますが、
都議選です。

都民ファーストの会が圧勝という結果ですが、
何気に公明党は公認全部当選みたいです。
投票率50%くらいだと、
公明党の強さは、まだまだ遺憾なく発揮されるんですね。
一方、民進の敗北は当然としても、
よく5議席獲得出来たなあとそっちにビックリです。
まったく反自民の受け皿になっていなかったわけですから。
共産党が結果を出したのは、
自民の自壊が理由だと思いますが、
だとしたら、もっと伸びても良かったかなとは思います。
都民は、結局、大きな変革は期待していなかった、ということなのでしょう。
言い方を変えれば、
都民ファーストなんて、保守の一形態ですから。

で、自民党ですが、
コメントのしようがないほどの惨敗。
うちの区なんて、自民党総崩れです。
まあ、うちの区の自民党都議なんて、
とてもほめられたもんじゃないほど、ずさんな都議でしたが、
さすがに3期つとめた都議が落選するとは思いませんでした。
過去の例から言うと、
都議選で敗北すると、自民党総裁はレイムダック化が進行すると言われていますが、
今回の都議選の敗北の理由は、
その多くが選挙直前の安倍総理本人とその取り巻きの失態ですから、
さすがに自民党内でいつまでも安倍一強なんて言っていられないと思います。
個人的には、安倍降ろしが始まることを期待します。

最後にひとこと。
都民ファーストの会の幹事長なんですが、
野田数とか言う人です。
この人、ちょっとやばくないかというのが、
私の個人的な感想です。
まさか国政に打って出ようと考えているのではないでしょうかね。
だとしたら、みんなで彼のこと、
もう少し、注目していいかと思います。


FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2017/07/03 11:53】 | カレー
トラックバック(0) |

No title
切れ込み野郎隊長
この野田はちょっとキ〇チガイだと思うんですけどw
野放しにしてもいいんでしょうか、ネタだと思いたいほどの荒ぶりよう。

それにしても、この自民の大敗北ってやはり内田某一派の自業自得だと思うんですよね。
それだけじゃなく、やはりゾエの一件だって大きいはずです。
ユリが知事になったあの時からの一連の「流れ」がこうなったと考えるのが普通。

もっというと、よく小池は賞味期限を引き延ばせたものだな、と。
普通だったら豊洲の件でモタついたところでボロ出してチョンボ、のはずだと思うんですが、
この自民の体たらくとミンスの逆フォローが思わぬ鮮度維持効果をもたらしてしまいましたw

やはり奢れるものは久しからずなんでしょうねぇ。
ということは(東京都だけだが)天下を取ったユリの命もいずれ尽きる時が来る、と。
トミファ最大の弱点は、維新と同じで柱が一本しかないこと。
即ち、ユリが死んだらトミファの命脈も尽きることになるわけで。

親藩や譜代にロクなのがいないトミファ。
ユリを値踏みし、見定めていた「外様」をどう取り込むか、が今後は重要となるでしょうが、
まぁ正直言ってユリに勝る逸材を生み出すシステムも機会もありませんので、
ユリの鮮度が落ち、賞味期限とともに落ち目となるでしょうね。
それはそんなに時間のかからないことなのかもしれません...。




コメントを閉じる▲


とりあえず、お彼岸の中日も終わりまして
ホッと一息かと思いきや、
こくどらの注文が大量に入りまして:
休日返上で頑張っていますが、
寄る年波ということで腰が痛いです、w。
かようなわけで、久し振りの更新は、
最近お気に入りのレトルトカレーです。

本当に昨今のレトルトカレーは侮り難いのです。




IMG_20170322_132443.jpg

FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2017/03/22 13:54】 | カレー
トラックバック(0) |
カツカレーが好きなんですと、
このブログで宣言してから、いったい幾年月....。
先日も某友人から、
「おまえ、ブログのネタのために無理してカツカレーを喰ってるんじゃないか。」
と、厳しいお言葉を頂戴いたしました。
...
...
まさか、そんな意見が出ようとは夢にも思っていなかったのですが、
確かに50歳を遙かにオーバーした男性、
しかも、和菓子屋のおやじが、
そげなハードな食べ物を愛好しているとなると、
かなり無理が入っている、そう思われても仕方ありません。
...
...
ここまでライフワーク化したように見えるカツカレー喰い、
確かに1週間に1回は無謀ですが、
月2回ならまだこなせそうに思える今日この頃、
大盛りとかカツ2枚とかそういうことは控えて、
これからも精進していきたいと思います。

上等カレー渋谷本店3

というわけで、今月のカツカレーです、w。
といっても食べたのは先月なんですが、
渋谷にちょいとジャズのCDなんぞを買いに行った帰り、
わざわざ遠回りして、上等カレーなるものを食べに行きました。
くわしいことはよく知らないのですが、
なんでも、関西から東上して、全国制覇を狙っていると言う噂で、藁、
どうもゴーゴーカレーを東京の地で凌駕するのか目標とか。⇇ うそ。

上等カレー渋谷本店1

さて、880円のカツカレーです。
東京では見られないような特徴が際立ったカツカレーですね。
真ん中にご飯、
それを覆い隠すように、
まさにオムライスのたまご的に揚げたてのカツが鎮座し、
その上から、カレーをかけるという、
個性的なスタイルです。
しかも、カレーの色は、ちょっと黄土色的で、
最近流行の黒っぽいカレーではありません。

上等カレー渋谷本店

もしかして、甘めフルーティーなカレーかなと思うわけですが、
よく見ると、黒胡椒の粒が何気に主張しています。

上等カレー渋谷本店2

一口食べたかんじは、
お子様カレーのちょっと大人版かなと思いましたが、
二口、三口と食べ進むにつれて、
辛さが急に際立ってきます。
これで辛さが蔓延してしまうと、
なんともカツカレーを楽しむということにはならないのですが、
そこはぐっとブレーキがかかっているようで、
適度な辛さで安定していきます。
もちろん、揚げたてのカツ、熱々のカレーですから、
口内の皮向けにはご用心なのですが、
ほいほいとスプーンが進む、
侮りがたいカツカレーでした。
そして、なにより侮りがたいのが、このスプーンです。
しっかりとした重みのある重厚なスプーンで、
照明を落とした店内といい、
ネームの入った分厚いお皿といい、
ガキなんぞは連れて行きたくないような、
大人のカレーレストランを演出していて、
山田君、座布団3枚、といいたくなったとか、ならなかったとか。







FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2017/03/05 22:21】 | カレー
トラックバック(0) |

No title
切れ込み君
小生も思いましたよ、このトンカツ日記w

齢50も過ぎたオッサンのすることちゃうやろ、とw
ブログを見ればトンカツ定食だのトンカツカレーだの、10人兄弟の長兄と末弟くらいの差はある小生ですら忌避したくなるメニュのオンパレードですからね、そら「これ無理してるんちゃうか?」と思うほうが自然ですw

というのは冗談で、カレーは飲み物、カツは主食という二代目のライフワークは小生、断じて支持させて頂きます。是非、おかわりをして、和菓子屋界のおかわりさんと言われるよう、精進して頂きたいと思いますね。

隊長殿
トルファン
カレーって、もしかして中毒性があるのではと、
つい思ってしまいます、w。
毎日とは言いませんけど、
ちょくちょく食べたくなるわけで。
で、食べるとなると、やっぱカツのせないとねえという、
強迫観念みたいなものがわたしの中にあるのかも知れません。
もしかするとと、幼少時のつらい体験がなせる技なのか、
あるいは、その時代に食べた、
カウンターだけの洋食屋さんのカツカレーの旨さを、
いまだ追い続けているのか、
まあ、たんに食い意地が汚いだけという説もあるんですけど、
いずれにせよ、
カレーの回数は減っても、
定期的にカツカレー、というのは当分収まらないと思うんです。

本当に最近は、徹底的に食べるものがB級化している、
そんなふうに思う今日この頃です、藁。

コメントを閉じる▲
松乃家1

本当は、先日の台湾弾丸1泊2日ツアーの話をしたいところなんですが、
この件に関しては、またおいおい、たぶん年明けになりそうですが、苦笑、。
年末はこいそがしいので、しばらくは小ネタで迫りたいと思います。

私の小ネタといえば、当然、カツカレーです、藁。
以前より気になっていたのですが、
牛丼の松屋がとんかつチェーンを始めており、
しかも、カツカレーもラインナップされているということのようで。
さらに言えば、大田区武蔵新田駅前に店があるということで、
とんかつと言うより、カツカレーを食べに、
ちょぃと出向いて見ました。
カツカレーが620円、さらに旬のカキフライまであったので、
注文してしまいました。

松乃家2

600円そこそこのカツカレーですから期待しすぎは禁物と思っていましたが、
揚げたて熱々のしっかりしたとんかつの登場に、
否応なしに勝手に盛り上がってしまいました。
で、620円、これは見事なコストパフォーマンスです。
しかも、カツも本格派。
カレーも具はまったくないものの、
変にオシャレにならず、洋食屋の王道を歩みつつ、
家庭のテイストも混じっているような、
カレーだけでも十分に太刀打ち出来そうな、
多くの人に愛されそうな作品でした。

松乃家3

カキフライも1ヶ130円ということですが、
まず値段以上のパフォーマンスを見せており、
この手のチェーン店としては、
わたし的には最強のカツカレーであると断言します。
cocoなんぞよりは、格段どころか、
10段くらい違うとあえて申し上げておきます。
あくまで、個人的な見解ではありますが。

FC2blog テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

【2016/12/19 23:12】 | カレー
トラックバック(0) |


アモイひろし
620円なんてエラい安いですね。見た目850円じゃないですか。キッチン南海へ行きたくなってきました。

アモさん
トルファン
ちゃんと調べたら、カツカレーは650円でした、汗。
おもいのほか、カツのレベルが高かったので、
850円でも納得です。
キッチン南海のカツカレーは、超ご無沙汰なんですが、
あのカツカレーこそ、唯一独尊ですので、
わざわざ食べに行きたいですねえ。

No title
kirekomi
XO醤、所謂オイスタソースとは、実は珠海が発祥の地と言われてまして、まぁ彼の地の牡蠣のデカいことデカいこと。しかし味は大味でも小味でもなく、極めて普通の牡蠣の味が致すわけです。だから...ではないですが、カキフライが一個130円、というのを聞きますと少々気が引けるというか、このカレーを650円で出せる算数嫌いの松屋の社長、なんでこのカキフライだけ算数が得意になるのか意味が分かりませんw

でもまあ、この量とカツで650円は、十分、万葉軒とタメ張れます。
算数赤点企業の仲間入り=庶民の味方と言っていいですね!

No title
トルファン
牡蠣というと、やはり岩牡蠣です。
夏の東北や新潟佐渡あたりで食べることの出来る牡蠣は、
まっこと美味しいです。
焼牡蠣もいいですが、やはり、個人的にはフライが好きですねえ。
そうなると、このお店のように、
揚げたてを1ヶ単位で食べることが出来るというのは、
やはりうれしいですよ。
今時、5ヶのカキフライの定食なんて800円以上ですから、
わたし的には1ヶ130円は高くはないです。
もちろん、カツカレー650円はおやすいわけで、
1000円でカツも牡蠣もカレーも楽しめるなんて、
やはり、この松乃家、侮り難しです。

コメントを閉じる▲