カツカレーの話、苦笑



一昨日の話なんですが、
家族に見捨てられて、
1人家に残っていた私は、
実は嬉々として近所に出来たお店へ出かけてみました。
あの松乃家がすぐ近くに開店したのです。
ただのトンカツ屋のチェーン店と侮ってはいけません。
本格的な揚げたてトンカツをあしらったカツカレーが、
630円で食すことが出来るのです。
具がないと侮ってしまいがちなカレーですが、
カツにマッチした欧風系のこのカレー、
否定する言葉が見つかりません。
安倍総理のようにカツカレーに易々と白旗を挙げる私ではないので、
あっさりと完食いたしました。
常連決定です、藁。
スポンサーサイト
テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

関越自動車道PAでカツカレー

最近は、めっきりカツカレーを食べる機会が減りましたが、
それでも、見ると食べたくなるという習性は、
変わることなく続いています。

というわけで、今回、三十三観音巡りの帰り、
関越の上り三芳PAでカレー専門店を見つけてしまいました。
堂島カレーといいまして、
名前の通り関西大阪系のカレーです。

堂島カレー2

真ん中にご飯の山がありまして、
その上からとろみが少ないルーがかかっています。
そして、しっかりとした厚みの温かいカツが乗っています。

堂島カレー1

聞くところによると、
大阪系のカレーの特徴は、甘い-辛いだそうです。
そういえば、渋谷で食べた上等カレーも甘い-辛いというパターンでした。

カツカレー愛好者としては、
カツにパンチがあるため、カツに負けないくらいの強い主張とこくのカレーでないと、
カツに負けてしまうのではと常々思っているわけですが、
この堂島カレー、ルーは美味しいのですが、
カツに負けているかんじがします。
ただでさえ負け気味なのに、
ルーがカツにかかっていないので品の良さだけが目立って、
本来カツカレーのあるべき姿というか、
がっつり感みたいなものが今ひとつ足りない気がします。
せめて、カツの上から惜しげも無くルーをかけて欲しかった。
カツとカレーを別々に楽しめ、ということでもないんだろうと思うんですがねえ。
これでサラダ・スープ付き900円なんですから、
ちと残念感が残りました。



テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

鮫洲の試験場でカツカレー

鮫洲の試験場1

先日、免許の更新に行ったついでに、
久し振りにカツカレーを食べてしまいました、w。
まあ、試験場のような施設で食べるカツカレーですから、
あまり期待してはいけないんですが、
それほどマズくはありませんでした。
揚げたてのカツだったら、
某カレーチェーンより好きです、私としては。
価格が810円というのは、ちと高い気がしますが。

鮫洲の試験場2

話は突然転換しますが、
都議選です。

都民ファーストの会が圧勝という結果ですが、
何気に公明党は公認全部当選みたいです。
投票率50%くらいだと、
公明党の強さは、まだまだ遺憾なく発揮されるんですね。
一方、民進の敗北は当然としても、
よく5議席獲得出来たなあとそっちにビックリです。
まったく反自民の受け皿になっていなかったわけですから。
共産党が結果を出したのは、
自民の自壊が理由だと思いますが、
だとしたら、もっと伸びても良かったかなとは思います。
都民は、結局、大きな変革は期待していなかった、ということなのでしょう。
言い方を変えれば、
都民ファーストなんて、保守の一形態ですから。

で、自民党ですが、
コメントのしようがないほどの惨敗。
うちの区なんて、自民党総崩れです。
まあ、うちの区の自民党都議なんて、
とてもほめられたもんじゃないほど、ずさんな都議でしたが、
さすがに3期つとめた都議が落選するとは思いませんでした。
過去の例から言うと、
都議選で敗北すると、自民党総裁はレイムダック化が進行すると言われていますが、
今回の都議選の敗北の理由は、
その多くが選挙直前の安倍総理本人とその取り巻きの失態ですから、
さすがに自民党内でいつまでも安倍一強なんて言っていられないと思います。
個人的には、安倍降ろしが始まることを期待します。

最後にひとこと。
都民ファーストの会の幹事長なんですが、
野田数とか言う人です。
この人、ちょっとやばくないかというのが、
私の個人的な感想です。
まさか国政に打って出ようと考えているのではないでしょうかね。
だとしたら、みんなで彼のこと、
もう少し、注目していいかと思います。

テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

お気に入りのレトルトカレー



とりあえず、お彼岸の中日も終わりまして
ホッと一息かと思いきや、
こくどらの注文が大量に入りまして:
休日返上で頑張っていますが、
寄る年波ということで腰が痛いです、w。
かようなわけで、久し振りの更新は、
最近お気に入りのレトルトカレーです。

本当に昨今のレトルトカレーは侮り難いのです。




IMG_20170322_132443.jpg
テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

またカツカレーを食べてしまいました

カツカレーが好きなんですと、
このブログで宣言してから、いったい幾年月....。
先日も某友人から、
「おまえ、ブログのネタのために無理してカツカレーを喰ってるんじゃないか。」
と、厳しいお言葉を頂戴いたしました。
...
...
まさか、そんな意見が出ようとは夢にも思っていなかったのですが、
確かに50歳を遙かにオーバーした男性、
しかも、和菓子屋のおやじが、
そげなハードな食べ物を愛好しているとなると、
かなり無理が入っている、そう思われても仕方ありません。
...
...
ここまでライフワーク化したように見えるカツカレー喰い、
確かに1週間に1回は無謀ですが、
月2回ならまだこなせそうに思える今日この頃、
大盛りとかカツ2枚とかそういうことは控えて、
これからも精進していきたいと思います。

上等カレー渋谷本店3

というわけで、今月のカツカレーです、w。
といっても食べたのは先月なんですが、
渋谷にちょいとジャズのCDなんぞを買いに行った帰り、
わざわざ遠回りして、上等カレーなるものを食べに行きました。
くわしいことはよく知らないのですが、
なんでも、関西から東上して、全国制覇を狙っていると言う噂で、藁、
どうもゴーゴーカレーを東京の地で凌駕するのか目標とか。⇇ うそ。

上等カレー渋谷本店1

さて、880円のカツカレーです。
東京では見られないような特徴が際立ったカツカレーですね。
真ん中にご飯、
それを覆い隠すように、
まさにオムライスのたまご的に揚げたてのカツが鎮座し、
その上から、カレーをかけるという、
個性的なスタイルです。
しかも、カレーの色は、ちょっと黄土色的で、
最近流行の黒っぽいカレーではありません。

上等カレー渋谷本店

もしかして、甘めフルーティーなカレーかなと思うわけですが、
よく見ると、黒胡椒の粒が何気に主張しています。

上等カレー渋谷本店2

一口食べたかんじは、
お子様カレーのちょっと大人版かなと思いましたが、
二口、三口と食べ進むにつれて、
辛さが急に際立ってきます。
これで辛さが蔓延してしまうと、
なんともカツカレーを楽しむということにはならないのですが、
そこはぐっとブレーキがかかっているようで、
適度な辛さで安定していきます。
もちろん、揚げたてのカツ、熱々のカレーですから、
口内の皮向けにはご用心なのですが、
ほいほいとスプーンが進む、
侮りがたいカツカレーでした。
そして、なにより侮りがたいのが、このスプーンです。
しっかりとした重みのある重厚なスプーンで、
照明を落とした店内といい、
ネームの入った分厚いお皿といい、
ガキなんぞは連れて行きたくないような、
大人のカレーレストランを演出していて、
山田君、座布団3枚、といいたくなったとか、ならなかったとか。






テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

松乃家でカツカレー...プラス3

松乃家1

本当は、先日の台湾弾丸1泊2日ツアーの話をしたいところなんですが、
この件に関しては、またおいおい、たぶん年明けになりそうですが、苦笑、。
年末はこいそがしいので、しばらくは小ネタで迫りたいと思います。

私の小ネタといえば、当然、カツカレーです、藁。
以前より気になっていたのですが、
牛丼の松屋がとんかつチェーンを始めており、
しかも、カツカレーもラインナップされているということのようで。
さらに言えば、大田区武蔵新田駅前に店があるということで、
とんかつと言うより、カツカレーを食べに、
ちょぃと出向いて見ました。
カツカレーが620円、さらに旬のカキフライまであったので、
注文してしまいました。

松乃家2

600円そこそこのカツカレーですから期待しすぎは禁物と思っていましたが、
揚げたて熱々のしっかりしたとんかつの登場に、
否応なしに勝手に盛り上がってしまいました。
で、620円、これは見事なコストパフォーマンスです。
しかも、カツも本格派。
カレーも具はまったくないものの、
変にオシャレにならず、洋食屋の王道を歩みつつ、
家庭のテイストも混じっているような、
カレーだけでも十分に太刀打ち出来そうな、
多くの人に愛されそうな作品でした。

松乃家3

カキフライも1ヶ130円ということですが、
まず値段以上のパフォーマンスを見せており、
この手のチェーン店としては、
わたし的には最強のカツカレーであると断言します。
cocoなんぞよりは、格段どころか、
10段くらい違うとあえて申し上げておきます。
あくまで、個人的な見解ではありますが。
テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

やっぱりカレーですね



先日、といっても1週間以上まえですが、
なんとかカルビという焼肉チェーン店へ行きました。
ひとり3500円ほどのコース食べ放題だったのですが、
とりあえず、カレーもあったんです。
なんだか、とっても自信ありげな張り紙があったので、
ついつい食べてしまいました。
結論から言うと、残念でした、でした。
野菜のこくが不足しているのが原因かと。




というわけで、
さらにその数日後、
お昼ご飯におなじみ C&C のカレーを新宿で食べてしまいました。
いつものように、カツカレー・ルー大盛りです。
カツは揚げたてではなくて残念でしたが、
カレーはあいかわらずのおいしさです。
是非とも揚げたてカツのカツカレーをこの店で食べたい....と、
社長に主張したいわけです。
テーマ: カレー - ジャンル: グルメ

台東区清川にある食堂へ行く

清川あたり5

昨日の続きです。
雨の中、浅草詣でをしまして、
米久で牛鍋でも食おうかと考えていたのですが、
あまりにひとけが感じられず、w、
なんとなく入りずらかったので、
久し振りに日本堤にある天ぷら屋さんにでもと、
宗旨替えをしたのもつかの間、
途中、道を間違えてしまい、
かなり南千住に接近してしまいました。
いつの間にか、泪橋の交差点まできてしまったわけです。
ここで、また、宗旨替えをしまして、
カツカレーの店に行くべく、裏通りに入りますと、
旅館と書かれた看板が目に付くようになりました。
張り紙には、1泊2200円と書かれているところがほとんどでした。
ある旅館の張り紙には大浴場付きとか、
はたまた、各部屋にカラーテレビありますとか....。
とにかく、アパートのような旅館がけっこうありました。
これって、4畳半くらいの畳部屋が2200円なのでしょうかね。

清川あたり1

そういうわけで、たどり着いたのが、このお店。

清川あたり2

本当に庶民的下町的食堂なんですが、
店の名前が「日正カレー」といいます。
このお店、カレーとラーメンが売りというか、
ほぼ、それだけ、という店です。

清川あたり4

カレーとカツ丼、親子丼、
麺はラーメン、湯麺、とかで、メニューは15個くらいですかね。

当然、カレーと言えばカツカレーです、私の場合。
850円也です。
カレーのルーは、インド的でも欧州的でもなく、
家庭で食べるカレーと洋食屋さんのカレーの中間くらいの味わいです。
とはいえ、市販のハウスとかヱスビー的な味わいでもありません。
カレーライス好きにすれば、ほのぼのとしてしまうルーです。

清川あたり3

ちまたのカツカレーファンの伝説として、
カツカレーのカツは薄めがいいというのがあるんですが、
確かにそれは当たっているかなあと思うときがあります。
で、この店のカツカレーはというと、
とんかつ屋的な厚めのカツです。
しかも、カリカリに揚がっているという作品です。
こういう下町的食堂で、
想定を外すことなく、しかし、想定をいくらか裏切るような、
オリジナリティーのあるカツカレーに出会うのは、
カツカレー好きにはこたえられない瞬間なのです。
けっして、ココイチでは味わうことの出来ない時間なのです。
テーマ: カレー - ジャンル: グルメ