旅と食べることをこよなく愛する和菓子屋2代目トルファンが、 あっちこっちに脱線しながら、言いたい放題食べたい放題のネタを皆さんにご提供したいと思います
t_v1lhzrn7vydkioasyghx.jpg

私、迂闊にも知らなかったのですが、
日本には朝鮮国連軍の基地があるんですね。
朝鮮国連軍の司令部は現在、ソウルにあるんですが、
かつては、そう、1954年までは東京にあったということも驚きなんですが、
なんと今でも後方司令部が横田基地にあると知ってさらにビックリ。
さらにいうと、横田基地の他、嘉手納基地、普天間基地、ホワイトビーチ地区、横須賀基地、キャンプ座間、佐世保基地と、
全部で7つ展開しているというからもう.....。
この基地を利用できる国は、国連軍地位協定を締結している、
オーストラリア、カナダ、フランス、イタリア、ニュージーランド、フィリピン、南アフリカ、タイ、トルコ、米国の11カ国。

驚きついでにここに記録しておきたいと思います。

詳しいことは、半田滋氏のこの記事をどうぞ。
        ↓
「実は日本に基地がある「朝鮮国連軍」が突如活発化の怪」
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

【2018/06/29 22:58】 | つぶやき
トラックバック(0) |


kireteru
中田氏ではなく、半出しゲル氏というのがなんとも、ね。半分出しても中に出してもうたら一緒やん。

日本はあれですな、そもそも本来は神道の国なのにインドの宗教を取り入れたり、シタンでもないのにクリト...もといスマスを祝い、今ではロウィンでバカ騒ぎをするという無節操な国なんですよ。

AVでは中出汁のお掃除がデフォルトですが、そのくせ出生率が過去最低とか、咥えて...もとい加えてアンロジカルでもあるわけで、なんでもアリなんですね、基本。

だから、朝鮮国連軍を駐留させつつ、ワルシャワ条約機構軍や人民解放軍も受け入れればフェアですし、ISISもクルド人政府も、ハマスやモサドの出張所なんかも受け入れればいいんですよ。

そしてそもそもトキオには皇居があるんですからね。こうなったら脳貧血どころではなく、それこそトキオが真の意味でメトロポリタン化して、世界で一番平和な都市になったはずです。夢の都市ですね。

隊長殿
トルファン
いやあー、こういうご意見になんと応対していいやら、藁。
同じCosmopolitan化するなら、
いまさら東京ではなくて、福岡あたりがいいんでないの、と言う気がします。
朝鮮半島はもとより中国もロシアも近いですから。
東京なんて人ばっかりで上がり目ないですから。

コメントを閉じる▲
慶福宮

6月というと、
私にとっては海外旅行の季節です。
気が付いてみたら、
2006年以来、09年をのぞいて、
毎年、海外に出向いています。
09年という年も11月に出国していますから、
今のところ、毎年、海外へ出向いているわけです。
6月の旅は、商店街の有志との旅なので、
4人から7人という団体旅行なのですが、
その初回が、韓国ソウル2泊3日でした。
まだ、羽田に国際線ターミナルが出来る前です。

DSCN8227.jpg

翌年、私としては久し振りの中国でした。
上海と近くの水郷古鎮西塘2泊3日でした。
まあ、ある意味、この有志の海外旅行、
このあたりから自信がついてしまいまして、
海外以外は選択肢に無し...という状況になりました。

rongmen

前年の西塘へは上海から直通バスがあったのですが、
この08年の上海と浙江省龍門古鎮の旅では、
上海から日帰り、しかもすべて自力で鉄道・近郊バスを乗り継いでの旅でした。

鼓楼あたり (3)

09年は、例のSARSの流行した年で、
11月に時期をずらしての旅でした。
10年、この年も相変わらずSARSの影が忍び寄っていましたが、
北の方なら平気だろうという安易な展開で、
北京へ行きました。
画像は北京の故宮の北側の胡同、すなわち路地裏です。
ハイスピードで消えていく胡同が生き残れるのか、
心配していた年でもあります。

明孝陵

翌11年は南京へ行きました、日帰りで。
高速鉄道の開通が可能にしました。
私のテリトリーとはいえ、
よくもまあ、毎年、中国へ行ったものです。

taiwan2012A (92)

そして、12年、
ついに中国の呪縛から解放されまして、
台湾へ我が旅行団、初上陸です。
このときは、やはり高速鉄道を利用して、
台中まで足を伸ばしました、意味も無く、w。


以後、この旅行団、
中国大陸からしばし離れまして、
香港だ、ホーチミンだ、ハノイだ、太魯閣、嘉義だと、
毎年、海外逃亡しているわけですが、
さて、今年はどこへ行くんでしょう?
その時は刻々と迫っているとかいないとか。

FC2blog テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2018/06/13 22:50】 | つぶやき
トラックバック(0) |

もやもや
元ほねつぎ
行ける日程調整出来ない事にもやもやしている毎年でございます(泣)

No title
トルファン
来年は、6月3週目でダナンだ。

コメントを閉じる▲


1ヶ月前、
ちょっと家探ししてたら、
20代の頃、ブイブイ鳴らしていたアンプが、
なんの前ぶれもなく、
我が眼前に現れました。

それ以来、鳴らしてみたい願望が、
体内に沈殿してしまいまして。

そんなとき、
近所のリサイクル屋さんに
アンプと同じONKYOの優秀な小型スピーカーが、
何気に売られていました。
なんと3000円で。

あとは、
単品のCDプレーヤーをゲットするだけです。

かくして、
オークションでラッキーにも
メンテ済みの25年前のONKYOを
3000円で手に入れまして、
今夜、先ほどから鳴らしています。

それにしても、
こんなに見事に、
アート・ペッパーや渡辺貞夫さんの
アルトサックスを鳴らしてくれるとは。

FC2blog テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

【2018/02/28 22:57】 | つぶやき
トラックバック(0) |

No title
キレてます隊長
四半世紀前ってぇと、小生が彼の魔大陸に足を踏み入れた時代の話ですから、なんとなくその時代背景が分かるんですが、要はまだバルブの残り香がくすぶってた時代ですよね。

あの頃まで、ケンウッドだのJVCだのアイワだのという、今は亡きメーカーのお手頃なミニコンポがそこらじゅうにあったんですがね。今ではミニコンポなんてのも死語になってしまった感があります。

他方、ダイヤトーンだのオンキヨー、デノンのアンプやスピーカだのを単品でそろえて自分の好きな音を楽しむだとかが庶民に普及してきた時代でもありました。ラックスマンやタンノイ、KEFなんてメーカーが知れてきたのもあの時代あってこそじゃないですかね。

そうそう、オーディオアファンにとっては、マックと言えばコンピュータではなくアンプ屋さんだ、なんてねw

ま、そうと思ったらすぐに時代は真逆に振れてしまいまして、カメラやオーディオてのは、コンパクトメカにやられっぱなしな気がしますね。こと音関係に関して言えば、やはりレコードからCD、そしてCDからただのデータ、という変遷とともに、音楽を目で見て手で触れるという、五感で感じる機会がどんどん少なくなって、オーディオが遠くなってしまった感じがしますね。

他方、確かにレコードからCDへの移り変わりが結構な転換点だと思ったのですが、でもカセットとレコードって両立してましたよね。ウマいこと棲み分けができてた気がします。アレは何だったんですかね。あくまでカセットはレコードの下位互換でしかなかったような立ち位置だった気がしますね。

隊長殿
トルファン
ウォークマン...あの初代のカセットのウォークマンの出現が少しずつ音楽文化を変えていったように思います。
もともと音楽って、インドアのものだったわけでしょう。
レコードという存在がインドアを規定していたんだとわけです。
ですから、スピーカーも巨大ですし、
アンプも4チャンネルなんてあったりして。
ウォークマンの登場が音楽を気軽に外に持ち歩けるようになると、
インドアで音楽を聴くという機会が少しずつ減っていったんだと思います。
かくいう私も、当時36000円してた初代を買って、
ヘッドフォンして音楽を外に運び出した一人なんですが、w。

私は、ジャズを愛好していますので、
どうしても、音楽を聴きたいとなると、
スピーカーの前にすわるわけですが、
それでも、スピーカーの大きさはガンガン鳴らしていた1990年代と比べて、
4分の一以下になってます。
それでも、デノンのスピーカーですから、よく鳴っています。

正座して音楽を聴けとはいいませんけど、
いい音楽は、ヘッドフォンを通した音とでは所詮限界があります。
近年、あのミニコンポとかでジャズを聴いていたので、でかいことはいえないんですけど、
やっぱり全然違うんですよね、音が。
ミニコンポやiPadなんかで聴くと音が軽すぎて。
最近、先祖帰りして昔の音を聴いて実感しています。



コメントを閉じる▲
IMG_20171231_180831.jpg

遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨年末は、怠慢を決め込んで、
ほとんど更新しませんでしたが、汗、
歳のせいか、スマホを含めたネット環境から遠のいて、
俗事と読書に集中してしまった1ヶ月でした。
完全にマイクル・コナリーの本にはまってしまい、
キーボードを叩くのが億劫になったというのが、
まあ、真相ではありますが。

というわけで、
我が和菓子屋も今日から営業開始だったわけですが、
昨年末あたりから、どうも消費が落ちてきているのではというのが、
正月早々になって思っていることです。
じつは、半年くらい前からそんな気がしていたのですが、
ここにきて如実になりつつあるのでは、そんなかんじです。
もちろん、暮れの売り上げが昨年より落ちたということもあるんですが、
それよりもむしろ、お客さんの買い方がとても細かくなってきているというかんじがするんです。
節約志向がよりいっそう進んでいるというか、
とにかく10円でも安くという雰囲気を強く感じます。

そんな中、一部商品の価格を上げざるを得ないというのは、
とても厳しい話なのですが、
じつは原材料や包装材料がジワジワ上がり始めています。
ガソリンが円安で少しずつ上がっているのはご存じかと思いますが、
それと同一線上でいろいろなものが上がり始めています。
政府が躍起になって賃金を上げろと企業に迫っていますが、
賃金が上がらないまま、ものが上がり始めているというのは、
あまりいい傾向ではではないと思いますね。
株価は上がっていると浮かれている政府関係者がテレビでしゃべっていますが、
お金がいまだに世間を環流していないということを、
もう少し考えた方がいいと思いますね。
たばこ増税とか酒税改正とか出国税とか、
相変わらず、税を増やすことばかり考えているようですが、
今のような徴税の仕方ばかりしていたら、
お金を使おうなんて気分にはなかなかならないでしょうね。

日本人は、お金を使うことより、
節約することが美徳みたいなところがいまだにあるような気がします。
エコなんて言葉が流行る前から、
もったいないという精神はしっかり根付いているような、w。
だとしたら、そういう方面で世界をリードする国になっていいのかなと、
新年早々、ちょっとしみったれたことを考えていたりします。

もったいないを輸出する民族、
だけど心豊かな国、
そんな国を目指してみるのも一興かと。

IMG_20180104_102628.jpg

ともあれ、新年です、
楽しいこと、考えましょ。
今年もよろしく。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2018/01/04 23:40】 | つぶやき
トラックバック(0) |

No title
ブチ切れ隊長
あけましてオメでとうございますw
ことしもよろしくね!
とか軽いノリで戌年をあけてみたわけですが、

消費がみみっちくなっているというのは同感ですね。
そもそも現在、京都で自炊中の小生自身がそうですもの。
とにかく、1円でも安かったらそっち行きますもんね。

まぁ本当に実際に行くかどうかはわかりませんけど、
なんか同じようなものを1円でも高く買ったら、
物凄く損した気分にはなりますよ。

いちばん顕著なのは豆芽ですね豆芽。
今一番安いのは19円くらいで買えますね一袋。
それが緑豆豆芽だの黒豆豆芽だのという名前をつけて
59円だの89円だので売ってますけど、あれ買う人いるのかなぁ、って感じです。
真っ先に19円とか29円の豆芽は売り切れますもんね。

そもそも、今はやっているの店って、成城石井を除いたら、
ウォルマートに買収された西友にしても、ドンキにしても、
小生が大好きな肉のハナマサや業務スーパーにしても、
みんな安売りがウリの店ばかりですよ。

でもなんとなく小生もその気持ちワカランでもないですよ。
だって、いったんあのデフレの安売り競争を経験したら、
もう高いの買うのバカらしくなりますもの。

それと、やはり高齢化の進行と給与の頭打ち感、
いうなれば社会全体の閉塞感のようなものに裏打ちされた消費マインドの低迷、
これが決定打なのは確かです。

ただ...株価に話は戻りますが、日経平均が2万円台を維持していて、
為替も110円台をキープして、人手不足でコンビニが24h営業が怪しくなるとか、
加えて五輪直前の建設ラッシュでこうですからね。
そういう経済状況がミンス時代のようにすべて逆に振れていたとしたら、
もうそれって第三、第四の敗戦というか、日本オワタの悪寒満載だったでしょう。

18年の経済予想も良いと悪いの真逆が混在してますし、
こんな中では企業も内部に資金を留保せざるをえません。
中・印は6%以上成長するでしょうから、個人的にはますます日本は
取り残されていくんじゃないかなぁ、と思っています。

隊長殿
トルファン
給料が上らないとか、高齢化社会だとか、
消費が伸びない理由はあると思うんですが、
やはり年明けから増税の話ばかりな上に 消費税増税が来年にはぶら下がっています。
おまけに教育費の増大とスマホ等の通信費は、
間違いなく他の消費を圧迫してます。
単純に消費を拡大させたいなら、
消費税増税ではなく、
消費税減税だと思うんですがネ。


コメントを閉じる▲
20170921-00010005-bfj-000-view.jpg

前原さんのことを語る前に、気になることがひとつ。
昨日、民進党は希望の党に対して、
民進党の候補者を丸呑みしてもらうべく名簿を提出しました。
受け取った希望の党は、選別するとかなんとかいったまま、
第一次候補者名簿すら発表出来ずにほぼ2日間経過してしまいました。
それこそ、若狭さんと玄葉さんが差しで話し合っているのに、
決着がまるでつかないのはどういうことなのでしょう。
ふつう、選別する側にハッキリとした基準があれば、
候補者の選別などわけないはずです。
それが出来ない理由は.....。
希望の党としては、リベラルやらなんやら混在している民進党の丸呑みなど、
さっさと却下すればいいだけの話なのに、
読売新聞によれば、話し合いが難航しているといいます。
これって、じつは追い込まれているのは、民進党ではなく、
むしろ、希望の党なのではという憶測が成り立ちそうです。
希望の党は、立ち上げたばかりの新党です。
新党立ち上げの時には、12名の国会議員しかいませんでした。
小池さんが政権選択選挙だとぶち上げている以上、
希望の党は、是か非でも過半数を取らなくてはなりません。
そのためには、小選挙区では最低でも180名以上の候補を立てなければなりません。
立ち上げに12名の国会議員しか集まらない新党に、
はたして180名以上の候補者が短期間に集めることが出来るでしょうか。
しかも12名の国会議員のうち、半数は離党してきた人々です。
選挙資金が余っているとはとても思えません。
どうやって、過半数取るための候補者の選挙資金を調達するのでしょう。
そう考えると、希望の党にとって、
民進党の候補者とそれに付随するはずの選挙資金は、
どんな手段を使っても手に入れなくてはいけないものであるはずです。

そんなこと、前原さんが百も承知だったらどうでしょう。
実際、前原さんは希望の党に対して民進党の候補者丸呑みを迫っています。
一方で、両院議員総会で、前原さんは代表を退任せず、
民進党の100億円とも150億円とも言われる資金管理を行うことになっています。
しかも、民進党は、参院議員ため解党はすぐにはしないことになっています。
これは私の推測というか憶測なんですが、w、
前原さんは小池さんに対して安倍政権打倒のため、
民進党を丸呑みしなさい、しないなら資金提供はゼロですよと、
脅しているような気がするんです。
だいたい、民進党は丸呑み出来ないと希望の党にいわれても、
ある意味、痛くも痒くもありません。
まだ、民進党は解党したわけではありませんから、
希望の党が分からず屋なので、あらためて民進党として選挙をしますと、ぶち上げればいいわけです。
この間、多少、希望の党に移る候補が出たとしても、
選挙資金持たずの候補ですから、希望の党のうま味は半減しますし、
民進党としては、不満分子を一掃することになります。

さて、小池さんです。
いよいよ身動きが出来ないところにきてしまった、というところではないでしょうか。
自らの退路を断って大勝負に出るには、あまりにも環境が整っていません。
私が小池さんの参謀だったら、藁、
もう自民党との対立構図が出来てしまった以上、
がむしゃらに反安倍に突き進むしかないでしょう、
そのためには、どんな手段を使っても過半数を取る必要がある、
だとしたら、若狭や細野なんぞの小者のメンツなど考えず、
無条件で民進党を飲み込むしかないと進言すると思います。
民進党からの候補者と資金を確保した上で、
選挙は安倍自民が何をほざこうが、
安倍さんの資質と問題点を徹底的にあぶり出し、
なおかつ、選挙公約は、脱原発と消費税凍結の2点のみを強調して戦うわけです。
外交なんてしょせん誰が言っても大して変わりませんし、
そもそも選挙の時は票にはなりません。
安倍攻撃と脱原発、それに消費税凍結を持ち前の押し出しの強さでがなりたてれば、
けっこういい勝負が出来ると思いますよ。

さて、前原さんです。
28日の両院議員総会の前原さん、
わたし的にはある強い信念と覚悟を感じました。
一皮むけた感を強く感じました。
仮に希望の党との関係が破綻しても、
少なくとも、反安倍の受け皿作りはそれなりに出来ると思います。
もちろん、この選挙で政権奪取は不可能でしょうが、
穏健な保守として、あるいは米国に物が言える保守として再生出来る可能性を秘めていることになるだろうし、
くだらない党内対立は格段に減ると思います。
そのためにも、共産党とはそれなりの意見交換をし続けられる間柄になる必要もあるでしょう。

最後に再び小池さん。
私は小池さんは都民として、はてしなく軽蔑しています。
都知事は辞めてもらいたい。
そのために都知事選の選挙費用50億円がかかってもいいと思っています。
である以上、苦笑、今回の総選挙、是非、出馬して、選挙を盛り上げて、
投票率を上げて欲しい、藁。
いくら小池さんが嫌いな私でも、
勘違い甚だしい暴言連発の副総理や、陰険陰湿な官房長官を従えている、
現総理よりはまだましだと思っていますので、
とりあえず、自民党内で総理降ろしが始まるくらい、頑張って欲しいと思っています。


追伸
もし、希望の党が第一党になって小池さんが総理になったら......。
たいしたブレーンがいないから、2年くらいつとめてもらって退場してもらいます。w



FC2blog テーマ:衆議院解散・総選挙 - ジャンル:政治・経済

【2017/09/30 21:41】 | つぶやき
トラックバック(0) |
政府は盛んにゆるやかに景気は回復していると、
声高におっしゃっていますけど、
市井で店を張っている和菓子屋の親父としては、
その実感はまったくといっていいほど感じられません。
知り合いのそのまた知り合いの、w、デパートの社員が言っていたそうなんですが、
デパ地下も以前と比べて売り上げが下降しているそうです。
テレビで取り上げられても、
その神通力が続かないんだそうです。
一見、元気のありそうな商店街でも、
生鮮食料やパン屋といった地元密着の商店は、
順次消えていっていたりして、
かわりに入るのが小洒落た飲食店。
それも、長くは続かず、1年とか2年で別の店に変わったりしています。
居酒屋にいたってはもっとシビアだとか。



DKmpeyTUQAA9-Ko.jpg

そこでこの画像。
20年前と比べて世帯年収の中央値が122万円も下落しているんです。
早い話、中間層がごっそりと退場してしまっているわけです。
安倍政権や日銀がなりふり構わずお金を突っ込んでいますが、
内需がまったく伸びない原因がはっきりとこのグラフに現れています。

まあ、考えてみれば、
私もカツカレー以外にはお金使わないからなあ。
海外行くのにもLCCだし、藁。

やっぱり、こういうときは自炊しなきゃね、w。
以上。



FC2blog テーマ:だめじゃん - ジャンル:日記

【2017/09/27 22:04】 | つぶやき
トラックバック(0) |

No title
隊長&隊長
逆に、好景気を反映しているかのような指標もありますね。
有効求人倍率、失業率、実質・名目GDPの増加、日経平均株価等など...。

それでも、なぜ庶民的にこの好景気を共有できないのかというと、小生は一にも二にも「高齢化」が原因だと思っています。明らかに、給与の高かった団塊世代が引退し、イッキに収入が減った、という人が激増しましたもの。そのツケは払わねばなりません。

また、そういう老齢世代が増えてますので、実需が増えにくいわけです。だから、いくら財政投資をかけてもレバレッジが効きにくくなってるわけです。

もうこの2つで相当説明がつくと思うんですが、あとはIT化という省力化と、グローバル化による産業の流出ですね。ただ、この省力化は労働人口の減少を補い、生産効率の向上で付加価値を上げてますから、なんとも評価しづらいですし、グローバル化による産業流出も、求人倍率向上の説明とは真逆の立ち位置になり、なかなか主流の原因にはなりづらいのではないでしょか。


No title
トルファン
有効求人倍率って、正社員だけでカウントしているわけではないんですよね。
期間工やパートまで含まれているそうです。
パートなんて人手不足もいいとこですから、
有効求人倍率が上がるのは当然かと。
一方で銀行なんかは採用数減らしてますよね。
結局、この有効求人倍率の統計の取り方、とてもいびつなんですよ。
同じことが失業率にもいえるわけで.....。
実質GDPだってこの5年間に限ると決していいわけではないですし、
株価に至っては、政府と日銀が大量に買い込んでいるいるでしょ。
おまけに法人税下げても、もうけは大量に内部留保したりして。

隊長の書かれていることは、まっこと正しいんですが、
好景気を反映している指標なんてほとんどないんじゃないかなあ。
IT化という省力化はもう避けがたいことですが、
一方で急激な少子化は、いかんともし難く、
低成長時代に突入している日本は、
世帯年収が上がるなんて、なかなか大変な話です。
とすれば、嗜好品を販売している和菓子屋の未来は暗い、汗。

コメントを閉じる▲
imagesV9E7Z83A.jpg

いやあー、ほんとすごいなあとしかいいようがありません。
安倍総理、つい先日内閣改造したのに、
そして、内閣のメンバーのほとんどが衆議院議員なのに、
その身分を剥奪すべく、解散を決定してしまったようです。
いったい、なんのために改造内閣だったのでしょう。

まあ、安倍さんもそうですが、
多くの政治家は内閣総理大臣は解散権を持っているので、
そうである以上は解散は総理の専権事項であり、
好きなときにやってかまわないとと思っているみたいです。

まあ、そう言われればそうなんですが、
憲法には厳密にはそう書かれていません。
解散権は内閣にある、とあるんです。
ですから、いくら総理が解散したくても、
閣僚の中でひとりでも反対する人がいたら、
その状態では解散出来ません。
かつて、小泉内閣の時、
郵政解散なんてことがありましたが、
このとき、島村農水相がこの解散に反対して、
解散の署名を拒否したことがありました。
このとき小泉総理は、ただちに島村農水相を罷免し、
総理自身が農水相兼務として、郵政解散に打って出ました。

まあ、今の自民党の閣僚に、
そんな骨のある人がいるとは思いませんが、
やはり閣内で一定の合意がきちんとなされないといけないとは思います。
そこへ行くと今回の解散、
つい1ヶ月前に閣僚になったばかりで、
省内での仕事もろくにないまま、
国会でもなにもないしまま、
不本意に思っている人は沢山いると思います。
まあ、そもそも閣僚になりたくなかった江崎大臣は別ですが、汗。
結局、内閣としてなにもしないまま、
何について信を問うのか、まったく見えない状態で、
伝家の宝刀をやみくもに抜いてしまったわけです。

結局、衆議院り任期満了まで1年と3ヶ月、
この間に伝家の宝刀を抜いて五輪まで総理大臣として権力を行使しようと考えたとき、
今しかない......w、という判断なのでしょうが、
これ、あまりに自己中すぎやしませんか、というのが今日の話です。
現在の自民党は288議席です。
選挙を行いますと過半数は310。
公明党が35議席取るとして、275議席が3分の2のためのボーダーです。
もし、現在のままの野党相手に250議席取れなかったら、
安倍内閣敗北・不信任といえるでしょう。
野党は、政権選択選挙などとは考えず、
あくまで安倍内閣打倒のための選挙として戦えば、
自ずと視界が開けるのではと思います。
そのためには、民進党の前原さんがくだらない原則論にとらわれず、
共産党を含めた野党共闘を模索すべきだと思います。

安倍さんの失敗は、
この6月に前原さんの掲げた増税と社会保障政策をまるまる飲み込んでしまったことです。
前原さんが現状では消費増税は無理だと宣言し、
加えて、20年以内の原発廃止を主張すれば、
いい戦いが出来ると思うのですがねえ。




FC2blog テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

【2017/09/19 23:38】 | つぶやき
トラックバック(0) |

No title
キレ隊長
なんの為の内閣改造だったのか。
それは解散ありきの改造だったんじゃないでしょうかね。
数週間でも数か月でも、閣僚経験者は経験者ですから。
そういう「箔」も「メッキ」も、欲しかった人もいるでしょう。
剥げちゃう人も居るでしょうけどねw
まぁこのへんは、多分イーヴンなんじゃないでしょうか。

なんでこの時に?って自民党の議員が反発しないのか?
といういう点ですが、やはり今、
反自民の受け皿になる政党がいませんもの。
勝てる計算を立て易いじゃないですか。
豊田議員はわかんないですけどね...w

自民にとって一番怖いのは小池新党ですよ。
でもまだ国政政党ではないですから、
準備のできていない今のうちにやっておこう、
と誰でもそう考えますよ。

あとこの解散でよく「大義」だの「党利党略」がどうの
と言われてますけど、
それ気で言ってるとしたら、アタマお花畑もいいとこですね。
世間知らずもいいとこじゃないでしょうか。

どこの業界の誰だって、
自分や自分の組織の利益を優先してしかるべきです。
いつ、どこの政治に、自分に不利な状況を敢えて作るバ○
がいますかね。

このやり方がNGならば、ルールでそのようになってないと。

ところで、安倍チャンの最終目標は何でしょうか?
選挙に勝ってどうするというのか。
多分、それは憲法改正だと思うのですが、
その為の数的・質的地盤固めを進める「最終段階」
のとっかかりに差し掛かっているのではないでしょうかね。

本当は、北鮮に手を出してほしいと持ってるでしょう。
宗主国の総統閣下と、偉大な首領サマのカリアゲ息子が
史上最高な超強硬級口喧嘩を「慎重に」しているなんて、
もどかしいったらありゃしないでしょうなぁ。

No title
トルファン
安倍さんのせこさは、勝敗ラインを233にしているところです。
今、公明党を加えれば、320あるというのに。
これ、なんのための解散なのか....。
考えられるのは、オリンピックまで首相を務めるには、
今解散して、過半数を得れば、
4年は間違い無く首相でいられるということ。
あるいは、すでに小池さん密約が出来ていて、
4年後までに希望の党を吸収して、
小池さんを後継総裁とするとか。

まあ、小池さんという方、
かつては、核武装容認なんて言っていたのに、
今回の選挙公約、2030年までに原発廃止を打ち出したりしています。
都知事選の時もそうでしたが、
過去にどんなことを言っていたとしても、
簡単にリセットして違うことを言い出したりしますから、
今、何を言おうと、あるいは選挙後何を言おうとわかったもんじゃありません。
ただ、都議選の時といい、あるいは、
都知事としての公約を曖昧にしたことといい、
いずれこういう大衆迎合型の政治家は、しっぺ返しを喰らうでしょうから、
まあ、元気なうちに原発廃止に向けて、
使い倒してやるのも一考かなとも思っています。
それにしても、過去を見事にリセットしてでかい顔する女だなあと、
つくづく思ってしまいます。

いずれにせよ、
割を食うのは、自民党のみなさんでしょう。
安倍さんが手前勝手したおかげで、
ただの人になってしまう人、続出でしょうから、苦笑。


No title
隊長&隊長
タダの人になる人が続出、ということは自民が大敗するんでしょうか。
でも自民の党としての分析は逆で、今、勝てるからこそ解散総選挙をやろう
としているのではないでしょうかね。
当然、区によっては接戦だったり楽勝だったりという差はあろうし、
突然逆風が吹くというリスクも有りますけど、基本、今はミンスがダメダメだということと、
ユリが新党を国政に持ち込む直前に選挙してしまおう、ということじゃあないですかね。

そういう計算が自民で浸透しているからこその総選挙フィーバーだ
と小生は思ってるんですが。

No title
トルファン
自民党が大敗するとは思っていません。
というか、そもそも安倍さんが勝敗ラインを極端に下げたため、
大敗とはなんぞや、という定義がいきなり曖昧になってしまった。
昔の自民党なら、288から30以上落としたら責任問題になるはずなのに、
今の自民党は、根性無しの集まりだから、
たぶん文句の一つもいえないと思います。

ただ思うんですけど、
安倍さん、本音としては、無能な議員は、
これを機会に整理したいと思っているのかもしれません、藁。
とにかく、新人議員や2回生議員の質が悪すぎて、
安倍内閣の足を引っ張りかねません。
解散をてこに整理整頓を狙っているのではと邪推しています。

コメントを閉じる▲
しんぞうさん

正直言いまして、第2次安倍内閣を見るまで、
私にとって最低の総理は、
声ばかりでかくて、そのくせ官僚の操り人形のようで、
言葉が上滑りしていた野田とかいう千葉県選出の西郷さんみたいな人でした。
ちなみにその次に情けなかったのは、
これまた財務省のいいなりになって、
あのタイミングで消費税アップを突然公約したイラ菅とか言う人です。

でも、それは浅はかな見立てでした。
まさか、安倍さんが、こうも見事にお馬鹿になって総理を務めるとは、
想像だに出来ませんでした。
1年くらい前から、じつは安倍総理の国会答弁をチェックしてきました。
どこぞの奇特な方が安倍さんの答弁を文字で起こしていたを読んだりもしました。
そこで得た結論!
野田さんは上滑りでしたが、
安倍さんの答弁はほとんど空虚、汗。
是非、youtubeなんかで確かめてもらいたいのですが、
彼のしゃべっていることの半分は、意味が無い言葉ばかり。
同じフレーズを何度も繰り返してみたり、
やたらに、そういったことは、とか、このように考えると、とか、
そういう空疎な言葉の連続なんです。
しかも、総理という国会の質疑の中心にいる人が、
再三やじを飛ばしたりするのですが、
ヤジを飛ばされると烈火の如く怒り、
大声で非難して質疑を止めたりします。
私が彼の答弁で一番気に入らないのは、
すぐに自分のことを棚に上げて、
あなた達だってやっていたことでしょとか、言っていたことでしょと、
薄ら笑いを浮かべて鬼の首を取ったように語ることです。

ところで安倍さんの4年半の政権で、
何か大きな成果があったかなあと考えます。
経済でいえば、消費税をあのタイミングで上げちゃって、
なおかつ法人税だけはきっちり下げたおかげで、
まあ、経団連のいいなりだったわけですが、汗、
全然ふつうの国民は、実質賃金は横ばいどころか、
民主党時代よりも悪くなり、
物価はなんだかわかりませんがジリジリ上がっていくし、
企業は設備投資しないで内部留保を増やしまくるという、
まさにトリクルダウンはどうしたんだという話です。
確か浜田とかいう経済学者が安倍さんのブレーンになって、
盛んにトリクルダウンの話をしていましたが、
あの人、どこへ行ってしまったのでしょう。w
そもそもトリクルダウンって、かつて鄧小平が言った「先富論」と同じで、
先に富めることが可能な人から金持ちにになって、
貧しい者にもそのおこぼれが落ちてくる、という経済論なわけで、
ある意味、中国のマネをしたと言えなくもない、嗤。
あげく、昨年あたりからは、国会答弁で、トリクルダウンなんて知らん的に否定したりして.....。
あんなに仲良くしていた浜田さんはきっと官邸出入り禁止になったのかもしれませんね。

それにしても、3本の矢はどうなったのでしょう。
その総括はしないで、新3本の矢を発表したことに、
安倍政権の胡散臭い経済運営を垣間見ることが出来ます。

外交もどうなんでしょうね。
従軍慰安婦のあの日韓合意、
よくまとめたなあ安倍総理と、正直拍手物だったのですが、
なんのことはない、韓国に裏切られそうで。
そういえば、中国との関係も全然改善されない。
されないのに、中国の一路一帯経済構想に色気を出してみたり、
AIIBにも秋波を送ったりして.....。
プーチン大統領との関係だって、あんなにたくさん会っているのに、
北方領土は遠ざかるばかりで、
経済協力だけはしっかり約束させられたりして、
すっかり役者は向こうが3枚くらい上。

安倍政権で良くなったこと、
おっ、日経平均が2万円をキープ.....があるな。
でもねえ、日銀や政府がお金突っ込んでいるからなあ。
いつまで日銀は上場投資信託を買い続けるだろう。
もちろん、年金積立金管理運用独立行政法人すなわちGPIFも。

まあ、例のテロ等準備罪というか共謀罪の件といい、
執拗までに稲田大臣をかばう姿勢といい、
安倍君、いい加減にせいと声を大にして言うとともに、
自民党の良識ある人々に対して、
さっさと安倍君の首に鈴をつけろと心の底から訴えたいと思う次第です。












FC2blog テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

【2017/06/30 23:54】 | つぶやき
トラックバック(0) |