前原さんの凄み...政局を考える

20170921-00010005-bfj-000-view.jpg

前原さんのことを語る前に、気になることがひとつ。
昨日、民進党は希望の党に対して、
民進党の候補者を丸呑みしてもらうべく名簿を提出しました。
受け取った希望の党は、選別するとかなんとかいったまま、
第一次候補者名簿すら発表出来ずにほぼ2日間経過してしまいました。
それこそ、若狭さんと玄葉さんが差しで話し合っているのに、
決着がまるでつかないのはどういうことなのでしょう。
ふつう、選別する側にハッキリとした基準があれば、
候補者の選別などわけないはずです。
それが出来ない理由は.....。
希望の党としては、リベラルやらなんやら混在している民進党の丸呑みなど、
さっさと却下すればいいだけの話なのに、
読売新聞によれば、話し合いが難航しているといいます。
これって、じつは追い込まれているのは、民進党ではなく、
むしろ、希望の党なのではという憶測が成り立ちそうです。
希望の党は、立ち上げたばかりの新党です。
新党立ち上げの時には、12名の国会議員しかいませんでした。
小池さんが政権選択選挙だとぶち上げている以上、
希望の党は、是か非でも過半数を取らなくてはなりません。
そのためには、小選挙区では最低でも180名以上の候補を立てなければなりません。
立ち上げに12名の国会議員しか集まらない新党に、
はたして180名以上の候補者が短期間に集めることが出来るでしょうか。
しかも12名の国会議員のうち、半数は離党してきた人々です。
選挙資金が余っているとはとても思えません。
どうやって、過半数取るための候補者の選挙資金を調達するのでしょう。
そう考えると、希望の党にとって、
民進党の候補者とそれに付随するはずの選挙資金は、
どんな手段を使っても手に入れなくてはいけないものであるはずです。

そんなこと、前原さんが百も承知だったらどうでしょう。
実際、前原さんは希望の党に対して民進党の候補者丸呑みを迫っています。
一方で、両院議員総会で、前原さんは代表を退任せず、
民進党の100億円とも150億円とも言われる資金管理を行うことになっています。
しかも、民進党は、参院議員ため解党はすぐにはしないことになっています。
これは私の推測というか憶測なんですが、w、
前原さんは小池さんに対して安倍政権打倒のため、
民進党を丸呑みしなさい、しないなら資金提供はゼロですよと、
脅しているような気がするんです。
だいたい、民進党は丸呑み出来ないと希望の党にいわれても、
ある意味、痛くも痒くもありません。
まだ、民進党は解党したわけではありませんから、
希望の党が分からず屋なので、あらためて民進党として選挙をしますと、ぶち上げればいいわけです。
この間、多少、希望の党に移る候補が出たとしても、
選挙資金持たずの候補ですから、希望の党のうま味は半減しますし、
民進党としては、不満分子を一掃することになります。

さて、小池さんです。
いよいよ身動きが出来ないところにきてしまった、というところではないでしょうか。
自らの退路を断って大勝負に出るには、あまりにも環境が整っていません。
私が小池さんの参謀だったら、藁、
もう自民党との対立構図が出来てしまった以上、
がむしゃらに反安倍に突き進むしかないでしょう、
そのためには、どんな手段を使っても過半数を取る必要がある、
だとしたら、若狭や細野なんぞの小者のメンツなど考えず、
無条件で民進党を飲み込むしかないと進言すると思います。
民進党からの候補者と資金を確保した上で、
選挙は安倍自民が何をほざこうが、
安倍さんの資質と問題点を徹底的にあぶり出し、
なおかつ、選挙公約は、脱原発と消費税凍結の2点のみを強調して戦うわけです。
外交なんてしょせん誰が言っても大して変わりませんし、
そもそも選挙の時は票にはなりません。
安倍攻撃と脱原発、それに消費税凍結を持ち前の押し出しの強さでがなりたてれば、
けっこういい勝負が出来ると思いますよ。

さて、前原さんです。
28日の両院議員総会の前原さん、
わたし的にはある強い信念と覚悟を感じました。
一皮むけた感を強く感じました。
仮に希望の党との関係が破綻しても、
少なくとも、反安倍の受け皿作りはそれなりに出来ると思います。
もちろん、この選挙で政権奪取は不可能でしょうが、
穏健な保守として、あるいは米国に物が言える保守として再生出来る可能性を秘めていることになるだろうし、
くだらない党内対立は格段に減ると思います。
そのためにも、共産党とはそれなりの意見交換をし続けられる間柄になる必要もあるでしょう。

最後に再び小池さん。
私は小池さんは都民として、はてしなく軽蔑しています。
都知事は辞めてもらいたい。
そのために都知事選の選挙費用50億円がかかってもいいと思っています。
である以上、苦笑、今回の総選挙、是非、出馬して、選挙を盛り上げて、
投票率を上げて欲しい、藁。
いくら小池さんが嫌いな私でも、
勘違い甚だしい暴言連発の副総理や、陰険陰湿な官房長官を従えている、
現総理よりはまだましだと思っていますので、
とりあえず、自民党内で総理降ろしが始まるくらい、頑張って欲しいと思っています。


追伸
もし、希望の党が第一党になって小池さんが総理になったら......。
たいしたブレーンがいないから、2年くらいつとめてもらって退場してもらいます。w


スポンサーサイト
テーマ: 衆議院解散・総選挙 - ジャンル: 政治・経済

景気なんてちっとも良くないじゃん

政府は盛んにゆるやかに景気は回復していると、
声高におっしゃっていますけど、
市井で店を張っている和菓子屋の親父としては、
その実感はまったくといっていいほど感じられません。
知り合いのそのまた知り合いの、w、デパートの社員が言っていたそうなんですが、
デパ地下も以前と比べて売り上げが下降しているそうです。
テレビで取り上げられても、
その神通力が続かないんだそうです。
一見、元気のありそうな商店街でも、
生鮮食料やパン屋といった地元密着の商店は、
順次消えていっていたりして、
かわりに入るのが小洒落た飲食店。
それも、長くは続かず、1年とか2年で別の店に変わったりしています。
居酒屋にいたってはもっとシビアだとか。



DKmpeyTUQAA9-Ko.jpg

そこでこの画像。
20年前と比べて世帯年収の中央値が122万円も下落しているんです。
早い話、中間層がごっそりと退場してしまっているわけです。
安倍政権や日銀がなりふり構わずお金を突っ込んでいますが、
内需がまったく伸びない原因がはっきりとこのグラフに現れています。

まあ、考えてみれば、
私もカツカレー以外にはお金使わないからなあ。
海外行くのにもLCCだし、藁。

やっぱり、こういうときは自炊しなきゃね、w。
以上。


テーマ: だめじゃん - ジャンル: 日記

晋三の、晋三による、晋三のための解散

imagesV9E7Z83A.jpg

いやあー、ほんとすごいなあとしかいいようがありません。
安倍総理、つい先日内閣改造したのに、
そして、内閣のメンバーのほとんどが衆議院議員なのに、
その身分を剥奪すべく、解散を決定してしまったようです。
いったい、なんのために改造内閣だったのでしょう。

まあ、安倍さんもそうですが、
多くの政治家は内閣総理大臣は解散権を持っているので、
そうである以上は解散は総理の専権事項であり、
好きなときにやってかまわないとと思っているみたいです。

まあ、そう言われればそうなんですが、
憲法には厳密にはそう書かれていません。
解散権は内閣にある、とあるんです。
ですから、いくら総理が解散したくても、
閣僚の中でひとりでも反対する人がいたら、
その状態では解散出来ません。
かつて、小泉内閣の時、
郵政解散なんてことがありましたが、
このとき、島村農水相がこの解散に反対して、
解散の署名を拒否したことがありました。
このとき小泉総理は、ただちに島村農水相を罷免し、
総理自身が農水相兼務として、郵政解散に打って出ました。

まあ、今の自民党の閣僚に、
そんな骨のある人がいるとは思いませんが、
やはり閣内で一定の合意がきちんとなされないといけないとは思います。
そこへ行くと今回の解散、
つい1ヶ月前に閣僚になったばかりで、
省内での仕事もろくにないまま、
国会でもなにもないしまま、
不本意に思っている人は沢山いると思います。
まあ、そもそも閣僚になりたくなかった江崎大臣は別ですが、汗。
結局、内閣としてなにもしないまま、
何について信を問うのか、まったく見えない状態で、
伝家の宝刀をやみくもに抜いてしまったわけです。

結局、衆議院り任期満了まで1年と3ヶ月、
この間に伝家の宝刀を抜いて五輪まで総理大臣として権力を行使しようと考えたとき、
今しかない......w、という判断なのでしょうが、
これ、あまりに自己中すぎやしませんか、というのが今日の話です。
現在の自民党は288議席です。
選挙を行いますと過半数は310。
公明党が35議席取るとして、275議席が3分の2のためのボーダーです。
もし、現在のままの野党相手に250議席取れなかったら、
安倍内閣敗北・不信任といえるでしょう。
野党は、政権選択選挙などとは考えず、
あくまで安倍内閣打倒のための選挙として戦えば、
自ずと視界が開けるのではと思います。
そのためには、民進党の前原さんがくだらない原則論にとらわれず、
共産党を含めた野党共闘を模索すべきだと思います。

安倍さんの失敗は、
この6月に前原さんの掲げた増税と社会保障政策をまるまる飲み込んでしまったことです。
前原さんが現状では消費増税は無理だと宣言し、
加えて、20年以内の原発廃止を主張すれば、
いい戦いが出来ると思うのですがねえ。



テーマ: 日々のつれづれ - ジャンル: 日記

安倍晋三なんて、どぅわいきらいだあーという話。

しんぞうさん

正直言いまして、第2次安倍内閣を見るまで、
私にとって最低の総理は、
声ばかりでかくて、そのくせ官僚の操り人形のようで、
言葉が上滑りしていた野田とかいう千葉県選出の西郷さんみたいな人でした。
ちなみにその次に情けなかったのは、
これまた財務省のいいなりになって、
あのタイミングで消費税アップを突然公約したイラ菅とか言う人です。

でも、それは浅はかな見立てでした。
まさか、安倍さんが、こうも見事にお馬鹿になって総理を務めるとは、
想像だに出来ませんでした。
1年くらい前から、じつは安倍総理の国会答弁をチェックしてきました。
どこぞの奇特な方が安倍さんの答弁を文字で起こしていたを読んだりもしました。
そこで得た結論!
野田さんは上滑りでしたが、
安倍さんの答弁はほとんど空虚、汗。
是非、youtubeなんかで確かめてもらいたいのですが、
彼のしゃべっていることの半分は、意味が無い言葉ばかり。
同じフレーズを何度も繰り返してみたり、
やたらに、そういったことは、とか、このように考えると、とか、
そういう空疎な言葉の連続なんです。
しかも、総理という国会の質疑の中心にいる人が、
再三やじを飛ばしたりするのですが、
ヤジを飛ばされると烈火の如く怒り、
大声で非難して質疑を止めたりします。
私が彼の答弁で一番気に入らないのは、
すぐに自分のことを棚に上げて、
あなた達だってやっていたことでしょとか、言っていたことでしょと、
薄ら笑いを浮かべて鬼の首を取ったように語ることです。

ところで安倍さんの4年半の政権で、
何か大きな成果があったかなあと考えます。
経済でいえば、消費税をあのタイミングで上げちゃって、
なおかつ法人税だけはきっちり下げたおかげで、
まあ、経団連のいいなりだったわけですが、汗、
全然ふつうの国民は、実質賃金は横ばいどころか、
民主党時代よりも悪くなり、
物価はなんだかわかりませんがジリジリ上がっていくし、
企業は設備投資しないで内部留保を増やしまくるという、
まさにトリクルダウンはどうしたんだという話です。
確か浜田とかいう経済学者が安倍さんのブレーンになって、
盛んにトリクルダウンの話をしていましたが、
あの人、どこへ行ってしまったのでしょう。w
そもそもトリクルダウンって、かつて鄧小平が言った「先富論」と同じで、
先に富めることが可能な人から金持ちにになって、
貧しい者にもそのおこぼれが落ちてくる、という経済論なわけで、
ある意味、中国のマネをしたと言えなくもない、嗤。
あげく、昨年あたりからは、国会答弁で、トリクルダウンなんて知らん的に否定したりして.....。
あんなに仲良くしていた浜田さんはきっと官邸出入り禁止になったのかもしれませんね。

それにしても、3本の矢はどうなったのでしょう。
その総括はしないで、新3本の矢を発表したことに、
安倍政権の胡散臭い経済運営を垣間見ることが出来ます。

外交もどうなんでしょうね。
従軍慰安婦のあの日韓合意、
よくまとめたなあ安倍総理と、正直拍手物だったのですが、
なんのことはない、韓国に裏切られそうで。
そういえば、中国との関係も全然改善されない。
されないのに、中国の一路一帯経済構想に色気を出してみたり、
AIIBにも秋波を送ったりして.....。
プーチン大統領との関係だって、あんなにたくさん会っているのに、
北方領土は遠ざかるばかりで、
経済協力だけはしっかり約束させられたりして、
すっかり役者は向こうが3枚くらい上。

安倍政権で良くなったこと、
おっ、日経平均が2万円をキープ.....があるな。
でもねえ、日銀や政府がお金突っ込んでいるからなあ。
いつまで日銀は上場投資信託を買い続けるだろう。
もちろん、年金積立金管理運用独立行政法人すなわちGPIFも。

まあ、例のテロ等準備罪というか共謀罪の件といい、
執拗までに稲田大臣をかばう姿勢といい、
安倍君、いい加減にせいと声を大にして言うとともに、
自民党の良識ある人々に対して、
さっさと安倍君の首に鈴をつけろと心の底から訴えたいと思う次第です。











テーマ: 安倍政権 - ジャンル: 政治・経済

内閣府審議官は本当に大丈夫なのか?

森友パネル

内閣府審議官に藤原とかいう東大出の高級官僚がいらっしゃいます。
総理官邸には、たくさんの通産官僚がいらっしゃるようですが、
この藤原という方もそのひとりです。

そんな日本の官僚の中でもとってもえらくて頭がいいはずの藤原さんなんですが、
国会で答弁するとなると、突然意味不明になります、藁。

森ゆうこ議員
「藤原審議官、あなたが内閣府で今治市の職員と会ったんでしょ?会ったのか会わなかったのか、YESかNOでお答えください!」
藤原審議官
「私が会わなかったかどうかも含めて確認できません」



本当に大丈夫なのか、日本の中枢にいるみなさん、
たいていにしたほうがいいのでは。

というか、こんなアホな内閣を支えてどうすんの、と、
とことんいいたい。
とくに公明党のみなさん、あなた達のことだよ。

和菓子を作りながら.....

IMG_20170422_175804.jpg

ひとりで黙々と手仕事をしていると、
無心に作っているかといえば、
それはそうかもしれませんが、
いろんなことを思ったりします。

たとえば、新聞....。
うちは生まれたときから目の前に読売新聞がありまして、w、
それは取りも直さず、父親がジャイアンツファンだったわけでして、
もちろん、長島とか王とか広岡とかをこよなく愛していたわけでして、
間違っても渡辺恒雄さんが好きだったわけではありません。
一方で、我が家には気がついたときから赤旗日曜版が届けられていました。
親父が共産がかっていた、と言うわけでは無いとは思いますが、
中学生くらいの時は、
なんと同じ新聞なのに違いがあるもんだと、
それでも、いそいそと両紙を読んだりしていました。
今思えば、赤旗は機関誌ですから、
共産党の考えに沿ったことが書かれているわけで、
違いがあるのは当たり前.....なのです。

さて、あれから40年。
ネットではある程度、新聞各社の記事を読むことが出来ます。
そして、我が家といえば、親父が天に召されてすでに14年が経とうとしているのに、
相変わらず、読売新聞と赤旗日曜版です。
別に渡辺恒雄の義理立てしているわけでも、
不破哲三に心酔しているわけでもありません、笑。
それで思うのですが、
読売新聞って、いつからあんなに政権批判の出来ないメディアになったのでしょう。
まあ、現首相の国会答弁で、
詳細は読売新聞を読んでくれといわせるくらい、
現政権に食い込んでいるわけですから、愕くことはないのかもしれません。
しかし、この新聞の驚くべきことは、
朝日、毎日、日経、東京、そして、産経までもが記事として載せている、
現政権に好ましからぬ情報を、
まったくかけらも掲載しなかったりするという
とても不思議なメディアになっているのです。
確か自民党には自由なんとかという機関誌があったはずですが、
いつの間にか、自民党が読売新聞を買い取ってしまって、
機関誌にしてしまったのかもしれません。
現首相とこの新聞社の社長の渡辺某と言う方は、
よくお食事をしているという噂もあるようですし。

というわけで、
私はじつをいいますと、親の言いつけを守らず、
北海道日本ハムファイターズのファンなのであります。

でも、心の中ですこしだけ、高橋由伸を応援しています.......。




テーマ: つぶやき - ジャンル: ブログ

安倍晋三さんの話

しんぞうさん

余裕が出てきました。
ちょっとばっかり。
そんでもって、
つい、くだらないネタ、見つけてしまいました。

安倍総理のネタです。
ネット上では、
安倍さんのこと、
でんでん総理とか、でんでん首相とかいうそうです。
なんだそりゃあ....。

ということで調べてみたら、
あっという間にわかりました、w。

なんと、国会答弁の中で、
文章を読んでいたそうです。
その中に、「云々」という言葉があったそうで。
それを間違えてしまって、
「でんでん」と読んでしまったとか。
まさか、云々を伝々と間違えたのか.....。

というか、文章の意味がわかっていれば、
伝々と読むわけがない.....。
というより、伝々と言う言葉があるのでしょうか。

安倍さんの辞書にはあるみたいですが。

安倍さんの辞書といえば、
「そもそも」の話.....。

これまた、国会の答弁の話。
それもつい先日の話。

国会ではよく安倍総理は、そもそも、という言葉を使います。
それで、テロ等準備罪というか、
いわゆる「共謀罪」の国会審議で、
安倍晋三首相が、「そもそも」の意味を辞書で調べたら「基本的に」という意味もある、山尾議員も知ってもらいたい、
と、堂々と言ってのけたのです。

その答弁を聴いたとある方が、
そもそもに、基本的な、という意味があるだろうか、と、
徹底的に辞書にあたったそうです。

『大辞泉』『新潮国語辞典』『角川国語辞典』『旺文社国語辞典』『三省堂国語辞典』『岩波国語辞典』『講談社国語辞典』『新明解国語辞典』『角川新国語辞典』『新解国語辞典』『現代国語例解辞典』『新潮現代国語辞典』『三省堂現代新国語辞典』『福武国語辞典』『集英社国語辞典』『学研現代新国語辞典』『精選国語辞典』『角川必携国語辞典』『明鏡国語辞典』『類語大辞典』『小学館日本語新辞典』『ベネッセ表現・読解国語辞典』

これだけ調べました。
結果.......言わずもがなでした。
知ったかぶり.....ということでいいでしょうか。

なんだかなあーーーーー。
テーマ: 日常雑感 - ジャンル: ブログ

今年を勝手に占ってみる....その3

f4d824b6ad2ef2894e6daaae26077305496cc8c0_p.jpg

今年に入ってから、東証の株価がかんばしくありません。
もちろん、トランプ当選以後、短期間で大幅に株価を上げてきましたので、
20日のトランプの就任式までは、様子見の投資家も多いとは思いますが、
この1週間だけ見ても、一方的に下げに転じているのはなんとも不気味です。
そもそも、トランプの当選以後の株価は、
円高株安になると吹いて回っていた経済アナリスト達は、
この年末までの株価や為替について、どう申し開きするつもりなんでしょうね、w。
わたしなんぞは、素人目に見ても、円が119円とか118円というのは、
あまりに実情から遠いのではと思っていましたから、
いまさら、113円台になっていることになんの不自然も感じません。
むしろトランプ的には、国内産業を保護するという理由ならば、
100円そこそこくらいがちょうどいいのではとも思ってしまいます。

さて、そのトランプ次期大統領ですが.....、
なんというか、今のところ政治家臭さをみじんも感じませんね。
徹底的に実業家、というかんじがします。
ツイッターで一方的にいいたいことを言い放って、
世界中の自動車メーカーをビビらせているわけですから、
まあ上手に米国大統領という権力をえげつなく行使しています。
トヨタを含めた各社は、まるで媚びているようにも見えてしまいますよね。
誰かツイッターでトランプにたてつく経営者はいないもんですかねえ。

昨年の秋頃までは、米国の連邦準備制度理事会のイエレンさんの顔色ばかりうかがっていた金融界や経済界なんですが、
ほとんどイエレンさんが霞んでしまっていますね。
そもそも、トランプは、イエレンさんとは馬が合わないようで、
大統領選挙期間中は、何度もイエレン更迭をほのめかしていました。
こんな無力そうな連邦準備制度理事会の総裁を見たことがないですね、近年は。
FRBの独立性もトランプに奪われてしまうかもしれません。
ツイッターでオレの言うとおりにしろと吠えるかも、苦笑。

大統領に就任しても、相変わらずツイッターでいいたいことを吠えつづけたりしたら、
ただでさえ敵の多いトランプのこと、
狂信的な人々の標的になったりするんではないかと、
つい邪推というか、性悪な予想をしてしまいそうです。
かつて、レーガン大統領も何度も狙われましたからねえ。
というわけで、可能性0.5%程度の予想なのですが、
2年以内にトランプ大統領は暴漢に襲われる、というのを掲げてみたいと思います。
ちなみに今年の経済予想ですが、すでに中国のブレーキが明確になっていますし、
米国の対日赤字というキーワードからすると、
100円くらいのドル円相場が当たり前になり、
なにか不測の事態が起きて、90円台前半まで円高になるのではという、
安倍政権にとっては最悪なシナリオもちょっと予想してみたりしています。
その不測の事態というのは、欧州のほうからやってきそうな.....。

というわけで、あまり説得力のない、根拠に乏しい予想でした、w。


テーマ: 日々のつれづれ - ジャンル: 日記