新疆(東トルキスタン)は大丈夫か ?

えいてぃーがる

7月28日の夜、新疆ウイグル自治区のカシュガル地区ヤルカンドで、
武装組織が公安などに襲撃したニュースは日本でもしっかりと報道されました。

【7月30日 AFP】中国西部・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)で28日未明、刃物で武装した暴徒に警察が発砲、数十人を射殺したと、国営メディアが29日報じた。住民の多くがイスラム教徒の少数民族ウイグル人である同自治区で、また暴力事件が発生したとみられる。

 国営新華社(Xinhua)通信が地元警察の話として伝えたところによると、ヤルカンド(漢語名:莎車 Shache)県で28日未明、「ナイフやおので武装した集団が派出所や地元政府庁舎を攻撃した」という。

 その後暴徒の一部は近くの町に移動し、「行く先々で住民を襲い、車を破壊した。ウイグル族や漢族の住民数十人が死傷した」としている。新華社は、初期捜査を行った地元警察がこの事件を「組織的で計画的なテロ攻撃」と断定したと報じている。
世界ウイグル会議(World Uighur Congress、WUC)の広報担当者、ディルシャット・ラシット(Dilxat Raxit)氏は地元情報筋の話として、武装した当局者によってウイグル族20人以上が死亡、10人が負傷したと発表。一方、中国当局側の死傷者は合わせて13人で、67人前後が逮捕されたとしている。

 新疆ウイグル自治区での暴力事件については、警察との衝突があった場合は特に、公式発表が遅れるのは珍しくない。中国当局は決まって、同自治区の分離独立派によるテロ攻撃だという見方を示している。類似事件は過去1年で規模が拡大しており、不安定化している同自治区の外にも広がっている。



このブログでも記事として載せていますが、
6月にもこの地域で襲撃事件がありました。
じつはこのあたりの地域は、新疆の中でもとりわけ反政府事件が多いところで、
しかも、住民の多数派はウイグルの人々ということで、
なかなか本当の意味での収束というのは難しい状況になりつつあります。
習主席がカシュガルまでやってきて、公安や武装警察にてこ入れしたというのに、
まったく効果が出ていない、というのが今の状況でしょう。


まずいことに..........


中国最大モスクの指導者、殺害される 新疆ウイグル
AFP=時事 8月1日(金)13時22分配信

【AFP=時事】政情不安が続く中国西部・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)のカシュガル(Kashgar)市で7月30日、同国最大のモスク(イスラム礼拝所)の指導者が殺害された。同自治区政府が31日、発表した。

新疆ウイグル自治区の政府系サイト「天山網(Tianshan)」によると、カシュガルにある創建600年のモスク、エイティガール寺院(Id Kah)で30日朝の礼拝後に、政府から任命された同寺院の指導者ジュメ・タヒール(Jume Tahir)師(74)が「宗教的な原理主義の影響を受けた暴漢3人」に殺害された。

 天山網によると、総動員で捜査に乗り出した警察は同日正午ごろ、「刃物とおの」で激しく抵抗する容疑者3人のうち2人を射殺し、残る1人を逮捕した。天山網は、タヒール師殺害は「計画的犯行」であり、容疑者らは「残虐非道な殺害」を計画し「『何か大きなことをすること』で自分たちの影響力を拡大しようとしていた」と報じている。

 米政府が出資するラジオ・フリー・アジア(Radio Free Asia、RFA)はこれに先がけウェブサイトで、タヒール師は礼拝所の外で血の海の中に倒れ死亡した状態で発見されたと報じた。

 イスラム教徒が大半を占める少数民族ウイグル人が住む新疆ウイグル自治区で激化している暴力は昨年、中国の他の地域へも飛び火した。

 中国では、イマムと呼ばれるイスラム教指導者や他の宗教の指導者は政府によって任命され、説教の中身は厳しく管理されている。31日の国営新華社(Xinhua)通信によると、タヒール師は「中国国内のイスラム教徒の間で非常に高名だった」という。

 一方、AFPの電子メール取材に応じた亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議(World Uyghur Congress、WUC)」の広報担当ディルシャット・ラシット(Dilxat Raxit)氏は殺害事件を非難せずに、「この地域の中国政府の政策は、時に起こるべきことでないことを引き起こす。現地のウイグル人たちによれば、ジュメ・タヒール師は常に政府に協力し、宗教活動の監視を支援し、同モスクにおける自分の地位を利用し、ウイグル人には受け入れがたい中国政府の政策を促進していたという。地元のウイグル人たちは、同師が中国の公安省と特別な関係にあるのではないかと疑っていた」と語った。



ウイグルの人々の中にも、なんとか中共政府や漢族と折り合って生きていこうと考える人たちがいます。
先鋭化しているウイグルの人々の中には、そういう親中共派とも言うべき人々を、
排除すべきだという考えが蔓延していたとしてもある意味当然の話なのかもしれません。
結果、ウイグルの中での分裂、あげく今回のような疑心暗鬼の中での宗教指導者への攻撃という、
最悪の道を選択してしまったのは、新疆のウイグルの人々の複雑さを露呈してしまったともいえそうです。
それにしても、........
新疆ネタがいつまでもこういう悲しいネタばかりというのは、
彼の地へ行ったことのある身としては悲しい限りです。
スポンサーサイト
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

新疆・喀什地区葉城県(叶城)で....

喀什1

天山网讯(记者田山报道)6月21日晨,一伙暴徒驾驶车辆冲撞喀什地区叶城县公安局办公大楼,并引爆爆炸装置。民警果断处置,击毙13名暴徒,3名民警受轻伤,无群众伤亡。目前,案件正在抓紧侦办,当地社会秩序正常。

ざっと訳しますと、
6月21日の早朝、暴徒の乗った車がカシュガル地区のカルギリク県の公安局の建物に突っ込み、
爆弾を爆発させた。警察の果断なる処置で暴徒13名を倒したが、3名の警察官が軽傷を負った。
民衆にはけが人はなかった。現在、当局は鋭意捜査中であるが、当地は平静を保っている。



じつはこの中国語でいうところり葉城県、カルギリクというところなんですが、
過去にも何度も暴徒が事件を起こしています。
もちろん、中国政府側からの情報なので、
この場合の暴徒はウイグル人と断定しているわけですが、
カシュガルでの締め付けがかなり厳しい分、
カシュガルから少し離れたウイグル人が多く住む地域は、
不満が破裂しやすかったり、過激派が行動しやすかったりするわけです。
最近のウイグルの暴動は、
ほとんど自爆テロに近い暴発なわけですから、
ジハード...聖戦という意味合いが強くなっていると考えられます。
とにかく、年々、暴発の頻度が高くなっている新疆ですから、
中共との対立は先鋭化する一方です。
もう戻れないところに来てしまったのかもしれません。
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

新疆ウイグル自治区で夏休み、?!

1993 (12)

中国政府との全面戦争の匂いすらかんじられるウイグル人の独立派ですが、
となると、新疆がいったいどういうことになっているか、
3度も彼の地へ行っている私としてはとても気になるところです。

img031.jpg

img015.jpg

そんな中、やはりというか当然というか、
必死になってなんとかしようとしている現地の関係者の声が聞こえてきました。


テロ連続の新疆、旅行客が激減・・・観光局「ご安心ください。いらしていただければ、お1人様500元を差し上げます」
2014-05-28 11:45  サーチナ

新疆ウイグル自治区では、3月以来、テロが連続して発生したことで観光客数が落ち込んでいる。自治区政府・観光局のイナム・ナスレデン局長は、同自治区を訪れる旅行者に、1人あがり500元(約8130円)を提供することに決めたと述べた。安全保障問題では安心してほしいと呼びかけていくという。中国新聞社が報じた。

 イナム・ナスレデン局長によると、2013年も同自治区の旅行業関連業は急速かつ健全に発展し、観光総収入は前年比17%で、同自治区を訪れた旅行客は通年で初めて5000万人を超えた。

 14年になっても観光業は順調で、自治区にはスキーやスケートを楽しもうと、多くの人が訪れた。しかし、3月に雲南省昆明市で、さらに新疆ウイグル自治区内で状況は一転。最近では旅行客が前年同期比で40%程度も落ち込んだ。

 同局長によると、自治区では予算を組んで、訪れる同自治区を訪れる旅行者に、1人あたり500元を提供することに決めたという。

 局長は「雲が太陽をさえぎることはできない。テロリストの出現は、一地区の状況を代表しているわけではない。テロリストは、ひとつの民族を代表するわけでもない」、「新疆の各民族はみな、調和して安定しています。しかも過去十数年間、新疆では旅行者を傷つける事態は発生していません」と説明。

 「百聞は一見にしかずです。新疆に来てみてください。われわれの観光スポット、宿泊施設とも管理は万全です」と述べた。(編集担当:如月隼人)


若かりし頃の私でしたら、迷わず行っちゃいそうです、苦笑。

ウイグル人独立派の人々の気持ちはわからないでもないですけど、
結果的に新疆に住む人々がさらに困窮することになるということを
多少は理解してもいいのではないかなあ。
それでも政府に抵抗するというのなら.......
難しいなあ、心情的にはウイグル人応援なんですけどねえ。
テーマ: 中国旅行 - ジャンル: 旅行

烏魯木斉南駅のテロ

乌鲁木齐南站3

何度か烏魯木斉の駅前にやってきたことのある私ですが、
それもはるか昔。
なにしろ、1993年の夏のことでしたから。
最初に降り立ったのは1986年ですから、
そから思うともう30年もまえです。
当時の新疆ウイグル自治区は、今ほどささくれだってはいませんでした。

乌鲁木齐南站1

乌鲁木齐南站2

乌鲁木齐南站4


乌鲁木齐南站5


習近平総書記がこのテロが行われた数時間前まで、
この地に滞在していたことを思い合わせると、
こうもまあ易々と実行できたなと思わざるを得ませんが、
警備する側にしてみると、
習総書記滞在中はかなりの厳戒態勢で緊張を強いられていたわけですから、
ある意味、北京に戻った後のほっとしている時間を突かれた、ともいえそうです。

乌鲁木齐南站6

新疆ウイグル自治区は、その人口比でいうと、
漢人とウイグル人が40数%ずつで拮抗しています。
しかし、近年、自治区都である烏魯木斉には漢人の流入が急増しており、
明らかにウイグル人が圧迫されています。
不満がくすぶっている中では、テロリスト達はいかようにも潜伏可能でしょう。
当局が言うように実行犯がウイグル人だとすると、
先鋭化した中国当局とウイグル過激派との対立は、
完全に危険水域に入ったといっていいのかもしれません。






テーマ: 中国問題 - ジャンル: 政治・経済

トルファンは遠くにありて...

トルファンのとなり1

新彊ウイグル自治区のトルファン市の隣に鄯善県というところがあるんですが、
この地域、大きく区分するとトルファン地区の一部になります。
中国の史書にもこの地域を鄯善という名前で書かれていたりしますので、
古くから砂漠のオアシスとして栄えていた地域ではあります。
その鄯善県なんですが、ここ十年ばかり、さかんに中国のマスコミに登場します。
理由はひとつ、ウイグル人の事件が多発しているからです。

トルファンのとなり

ですから、私なんぞは、鄯善という名前が中国のマスコミに流れるたびに、
また、ウイグルの人々の事件か、とつい思ってしまいます。
今回のこの画像、1月18日に起きた大型トラックの爆発事故なんですけど、
こういうネタは、爆発の原因がどこにあろうと、
すべて、ウイグルの過激派の責任にされてしまいそうで、
ちょっと嫌なかんじがします。
私が初めてトルファンへ行ったのが1986年ですから、
それこそはるか昔の話です。

当時、トルファンの市内周辺では、ウイグル人と漢族との比率が限りなく8:2に近かったのですが、
1993年に行った時には、6:4くらいまでになっていました。
漢族の営業するレストランが急増したなあという印象でした。
今は、もっと漢族の比率が上がっているでしょうから、
ウイグルの人々にとっては、なんとなく、というより、
かなり不愉快な状況があるのかもしれません。

民族問題って、日本人が考えるほど生やさしいものではないですから、
コメントしずらいのですが、
単なる不注意の爆発事故で終わればいいなとつい思ってしまうわけです。
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

トルファンで暴動ー公安とウイグル族が衝突

トルファン暴動

トルファンで暴動が起きました。
私は、コテハンでトルファンと名乗っているくらいのトルファンが大好きな野郎なんですが、
年々、漢族とウイグル族の軋轢が高まっていたのを危惧しながら
かの地を思っていました。
何かささいなきっかけがあれば、いつでも暴発しかねないのが、
現在の新彊ウイグル自治区なのですが、
そもそもこの6月の終わりから7月までの時期は、
今まででもウイグル族の怒りが爆発しやすかった時期です。
ウイグル族の不満が溜まりに溜まっている、そんなふうに思います。

新疆で暴動 27人死亡

毎日新聞 6月26日(水)20時42分配信

【北京・工藤哲】中国国営新華社通信(英語版)は26日、新疆ウイグル自治区トルファン地区※善県で26日朝、暴動が発生し、27人が死亡したと伝えた。ナイフを持った暴徒が警察署や地元政府、建設現場を襲撃し、9人の警察官と8人の市民が死亡した。警察官によって暴徒10人が射殺された。
地元当局は暴徒3人を拘束し、逃走者の行方を追っている。襲撃で3人が負傷し、地元の病院で手当てを受けている。
香港の人権団体「中国人権民主化運動情報センター」は同日、ウイグル族が派出所に仲間の釈放を求めたところ、当局者が拳銃を撃ち衝突を引き起こしたとの見方を伝えた。
新疆ウイグル自治区では2009年7月にウイグル族による大規模暴動が発生し、来月5日で4周年となることから、各地で当局が警戒を強めている。
地元のホテル関係者によると、1週間前に当局関係者がホテル関係者を集め、不審者に注意するよう呼び掛けた。この関係者は毎日新聞に「現在は当局が警戒を強め、現場付近は市民が近づけない」と話した。
(※は善の右におおざと)


香港の人権団体によれば、ことの発端は公安との対立のようで、
これは、今の中国でいちばん暴動の起きやすいパターンです。
中国経済が下降線をたどり始めている今、
火種はそこかしこに落ちているというのが、今の中国かもしれません。
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

タクラマカン砂漠に空港を

タクラマカン地図

久しぶりにシルクロードネタを振り込みたいと思います。
なんと、タクラマカン砂漠に空港を作る、というプロジェクトがスタートしました。
タクラマカン砂漠といいますと、
私の場合、ガキの頃からの空想の場所でして、
荒涼とした砂漠とタリム河、そして、幻の桜蘭遺跡、
もちろん、井上靖や椎名誠といった作家達の顔も思い浮かびますし、
はたまた、日本の各種取材班によるドキュメンタリーを通して、
不毛の大地という確固たる観念がこびりついているわけです。
近年では、
例の核実験等で、放射能が飛び交っている地域としても名を馳せているわけですが、
そのタクラマカンで空港とは恐れ入谷の鬼子母神であります。

タクラマカン砂漠に空港を建設へ
今年は第12次五カ年計画(2011-2015年、「十二・五」)始動の年である。「新疆民航(中国民用航空新疆管理局)」が「十二・五」期間中に、中国最大の砂漠であるタクラマカン砂漠に空港を建設しようと計画していることがこのほど分かった。同空港の竣工後、タリム盆地における石油・ガス探査開発や砂漠における緊急救援などに重要な役割を果たすことになる。

 「新疆民航」が「十二・五」期間中に、塔中(タ?ジョン)、莎車(ヤルカンド)、楼蘭(ローラン)、図木舒克(トムシュク)の4つの新空港建設、且末(チャルチャン)、富?(コクトカイ)の2つの空港移設、烏魯木斉(ウルムチ)、庫爾勒(コルラ)、和田(ホータン)の3つの空港の改修・拡張といった準備作業を行うことが取材で明らかとなった。

 タリム盆地には大量の石油・ガス資源が埋蔵されている。1989年のタリム石油会戦(石油開発強化政策)の実施で、探査員の安全、物資輸送、砂漠での緊急救援を保障するため、1986年12月9日、南疆石油探査公司が中国通用ならびに新疆通用空港会社と航空サービス契約を締結し、「Y-12」「Y-5」などの飛行機を借りて、砂漠での輸送を確保していた。1987年8月には、タクラマカン砂漠に一本目となる長さ600メートル、幅20メートルの滑走路が建設され、1988年11月17日に試験飛行を成功させた。


ヤルカンドなどは、もともと小さいとはいうオアシスですから、
まあ、建設も可能かと思うのですが、
桜蘭やトムシュクなどは、砂漠のまっただ中であるはずです。
それこそ、建設しても、すぐに砂に埋もれてしまうのではと心配するのは、
取り越し苦労なんでしょうかね、苦笑。
テーマ: 中国 - ジャンル: 海外情報

ウイグルの美女ーbahaguli巴哈古丽

昨日、羊を食べにウイグル料理の店に行きました。
今から10数年前、
東京周辺でウイグル料理の店というと、
1軒しかありませんでした。
羊を食べたいと思ったとき、
日本ではジンギスカンしか登場しませんが、
若かりしころ、西域や内モンゴルを旅した私にとって、
香辛料を振りかけた串焼きや、
ポロという名前の羊ピラフを食べるというのは、
まあ、ほとんど考えられませんでした。
まあ、一緒に羊を食べに行ってくれる友人もいなかったわけではありますが。

まう、簡単に私なんぞは、
ウイグル、ウイグルとのたまっていますが、
日本人にはちょっと遠い言葉かもしれません。
ウイグルという国が存在するわけではありませんしね。
現在のウイグル族の人々は、
その大多数が中国の新彊ウイグル自治区に住んでいますが、
彼らは中央アジアにおいて、非常に混血の進んだ民族と言えると思います。
基本はインド・アーリア系とトルコ系、あるいはペルシャ系も、
その血には含まれているでしょうし、
また、モンゴロイドの血も含まれています。
ですから、ウイグルの人々は、
たしかにエキゾチック白人系の人が多いのですが、
この人は、モンゴロイドの血が濃いなあ、と思わせる人もけっこう現地ではみかけます。

さて、そのウイグルの人々、
どんな美女がいるのかなあと思いましたら、
中国でウイグル系タレントを今から半年くらい前に発見しました。

巴哈古丽1

2009年でしたか、中国のオーディション番組「東方天使」に登場した、
habaguli(巴哈古丽)さんです。

巴哈古丽2

1988年生まれといいますから、
私が初めてウイグル人と出会った86年にはまだ生まれてなかったわけです。
関係ないか、w。

巴哈古丽3

彼女が中国の芸能界でどの程度受け入れられているか知りませんが、
かつての中国ではとても考えられなかったことです。
漢民族中心の芸能界で生き抜くのは大変なことだと思いますが、
少数民族好きの私としては、是非とも頑張ってほしい、
そのように思う次第であります。

それにしても、
こんな娘、トルファンの町にごろごろいたような気もしないこともない、w。
テーマ: 東アジア各地 - ジャンル: 地域情報